« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

尾瀬マイタケ弁当

尾瀬マイタケ弁当
尾瀬マイタケ弁当
美味しかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山の鼻到着

山の鼻到着
山の鼻到着
山の鼻到着
6時30分、山の鼻到着。朝食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳩待峠出発

鳩待峠出発
鳩待峠出発
5時20分に鳩待峠出発。温度は20°快適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月29日 (水)

鳩待峠到着

鳩待峠到着
鳩待峠到着
小さなバスに乗り換えて、5時に鳩待峠に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日 (火)

サンサン会無事出発

サンサン会無事出発
サンサン会無事出発
サンサン会無事出発
無事に全員合流して、尾瀬1号に乗りました。貸し切り状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

山中明神太鼓

夕食後、再び湖を散策しているとどこからか太鼓の音が。近くの山中湖神社の境内で、「山中明神太鼓」の公開練習が行われていました。最初に「子供組」、次に「大人組」の迫力のある、腹にズシリと響いてくる音に感動しました。

8/10の夕方にこちらに来て、8/11は山歩きとウオーキング、午後からは温泉でゆっくりとして、夜は和太鼓を楽しみ、水分補給をたっぷりと行い、8/12の早朝に東名高速の規制・ユータンラッシュを避けて戻りました。涼しくゆったりとした時間でした。

34

35

36

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕暮れの富士

温泉で汗を流し、水分を補給してのんびりと戻りました。涼しい風は更に涼しく、いつしか陽も落ちつつありました。うっすらと山々が紅をさしたようで、とても心地よい一時でした。

31

32

33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅富士の湯

湖畔を涼しい風に吹かれて20分ほど歩くと「紅富士の湯」に到着します。テニス合宿や様々な合宿生活の若い人やファミリーで賑わっていました。どういうわけかワンちゃんもいました。

料金は、一般・学生が500円、私は住民税を払っていますので村民扱いで300円です。

山歩きとウオーキングの汗を流して、早速水分補給をしました。

27

28

29_2

30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山中湖からの富士山

パノラマ展望台~東海自然道~本栖湖~精進湖では、富士山には霞と雲がかかっていましたが、午後になると霞も雲も消え、山中湖からはくっきりと富士山が見えました。湖畔をブラブラしながら、露天風呂から富士山が見える温泉「紅富士の湯」に向かいました。

この日、東京・横浜は35℃とのことですが、ここでは10℃くらい気温は低く、過ごしやすいです。

24

25

26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

精進湖到着

パノラマ台入口を7:44に出発してほぼ4時間で、県営駐車場に戻りました。のんびりとした山歩きと林間散策でした。

精進湖は、カヌー競技の学生さん達や音楽部の女学生達が合宿をしたりしていて、いかにも高原の夏休み風景でした。自分も学生時代に白樺湖畔でゼミ合宿をしたことなどを思い出しました。

22

22_2

23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海自然道~精進湖へ

本栖湖から、東海自然道を辿り、精進湖を目指しました。至る所に標識があり、樹々の中をのんびりと歩けます。国道139号線(身延への道)をくぐると、林道の様相が異なってきました。溶岩にコケ類が貼り付き様々な形があきません。この道は青木ヶ原にも続いており、テレビなどで見る青木ヶ原の景色にも似ているようです。精進湖まで約2時間くらいの行程です。

14

15

16

17

18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本栖湖へ

パノラマ台からは、少しずつ下りながら、烏帽子岳(1257m)を経由して、本栖湖方向に下りました。本栖湖は富士五湖の中では静かな神秘的な湖ですが、夏シーズン本番で、湖畔はファミリーが高原ライフを満喫していました。こちらは楽しそうな光景を横目にテクテクと湖畔を歩きました。

12

19

20

21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精進湖パノラマ台

8/11(土)は、朝6時に起床し、朝食後7時過ぎに山中湖畔を出発し、精進湖県営駐車場に7:30到着。7:44、パノラマ台入口から山歩き開始です。8:45にパノラマ台(1328m)に到着しました。ほぼ1時間の登りでしたが、道は歩きやすく、また登りも緩やかでした。途中の景観は樹々に遮られて、あまり見所はありません。パノラマ台に到着してようやく360度の視界が開けました。富士山は、風がないために霞と雲がかかってうっすらと見えました。

04

05

06

08

09

10

11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士五湖散策

富士五湖のうち、あまり知られていない精進湖と本栖湖周辺を歩いてみることにしました。

8/10(金)、東名高速の帰省ラッシュの混雑を避けるために午後出発し、夕方早めに山中湖に到着。早速明日からの山歩きとウオーキングに備えて、エネルギー補給です。

メニューは、最近定番となってきた手巻き鮨です。具は、オオバ、カイワレ大根、ニンジン、長いも、キュウリ、ミョウガ、シラスです。お酒のつまみは、イカを捌き、スモークサーモン、おでん、自家製漬け物等です。

01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

鷲ヶ峰

8/1は、霧ヶ峰・八島ヶ原湿原散策の途中、鷲ヶ峰(1797.9m)に登りました。登り1時間、下り40分の小高い山ですが、眺望は素晴らしく、北アルプスや八ヶ岳を眺むことができました。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_6

Photo_7

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

ヒュッテジャバル

宿泊はヒュッテジャバルという霧ヶ峰で最も古いヒュッテに泊まりました。40数年ぶりの山小屋体験でした。

Photo_19

Photo_20

Photo_21

Photo_22 オーナーの高橋さん

Photo_23

オーナーのお嬢さんもお手伝い

Photo_25

Photo_26 オリジナルの白ワインと赤ワインをいただきました

Photo_27

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原の花

さまざまな花に出会いました。

1 アカバナシモツケ

Photo_10

1_2

カラマツソウ

1_3 キンバイソウ

Photo_11 コオニユリ

Photo_12 シシウド

5 ニッコウキスゲ

1_5

2

Photo_13 ノアザミ

Photo_16 ハクサンフウロ

Photo_17

Photo_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原の雲

梅雨は明けましたが、台風が接近しているせいでしょうか、雲の動きが印象的でした。

P8010135

P8010141

P8010147

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧ヶ峰

8/1は、山中湖から霧ヶ峰高原に移動し、ヒュッテジャバルという霧ヶ峰で最も古い山小屋を拠点に、八島湿原~鷲ヶ峰(1797m)~車山湿原~車山肩をゆっくり散策しました。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

清流で、桃を冷やしていただきました。美味かった。

Photo_9

翌朝、朝6時に、同じ場所を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花火

湖上祭(8/1)の前夜祭で、さまざまなイベントが行われていました。最後に花火大会がありました。

15

15_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の都公園~忍野八海

12

12_2

13

14

10

11

09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石割山から花の都公園へ

石割神社に9:30に到着

07_2

07_3

石割山山頂からの富士山

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖畔散策

早朝の湖を鴨が気持ちよさそうに泳いでいました。

01

02

04_7 湖畔に修道院があることが歩いて初めてわかりました 

 

03_2

06

05_2

07

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み

7/30~8/2の期間、3泊4日の夏休みをとりました。山中湖で2泊、霧ヶ峰で1泊しました。

7/31は、朝6:20に出発して、山中湖畔を2時間歩き、8:40に、石割山登山口に到着し、登山を開始しました。天気は梅雨明けが延びており曇りでした。

石割山(1413m)~平尾山(1318m)~大平山(1295m)~長池山(1178m)~花の都公園~忍野八海と10時間のウオーキングと山歩きでした。最後に紅富士の湯という温泉に入って汗を流しました。同行したカミさんは、久しぶりの山歩きだったため、次の日、ふくらはぎが悲鳴をあげていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »