« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

平家落人伝説の熊本・五家荘

大学時代のゼミ仲間の小田君が10/20~21の二日間、平家落人伝説の熊本・五家荘(ごかのしょう)をトレッキングをしたそうです。小田君自身は2回目だそうです。

たまたま、10/17の日経新聞の夕刊に紹介記事がありました。

小田君から、写真が送られてきましたので、ここにご紹介します。小田君とは今年、阿蘇周辺を案内して貰いましたが、次回は私もこのコースのトレッキングに参加させて貰いたいと思っています。

小田君は南アルプスの塩見岳に登ってみたいと言っていますので、仲間を誘って行けたらいいなと思っています。

Photo

Pa200019

Pa210028

Pa210032

Pa210036

Pa210049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

安村さんへ

安村さん投稿ありがとうございました。足や脚にトラブルもなく、天候にも恵まれ、88箇所のちょうど3/4の霊場を巡ることができました。愛媛は山の国であることを実感しました。

ところで東海道を歩き始めて三島まで到達したとのことですが、次は三島神社からですね。同じ大学ゼミ仲間の熊本にいる小田君もトレッキングに目覚め、10/20~21と、熊本・五家荘(10/17の日経新聞夕刊に平家落人伝説・深山幽谷と紹介されています)を歩いたはずです。いつかゼミ仲間と山歩きしたいねと言っています。12/1の加藤先生を囲む会には上京しますので、情報交換が楽しみです。

東海道といえば、高校時代のクラスメート(2人)も歩き始めて静岡あたりまで到達しているようです。共通体験を語り合える仲間が増えることは楽しいですね。

是非熊野古道にお供させてもらいたいと思っていますが、今回は宿泊予約ができなかったようですね。もしかすると団体客優先なのかもしれませんね。

今日から、少し溜まった仕事を片づけ、休養をとって、11/1(木)からの香川~高野山に備えたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

戻りました

戻りました
戻りました
戻りました
高松駅からバスで高松空港に向かい、17時発の飛行機に乗りました。
横浜駅に19時に元気に到着しました。
慌ただしい一日でしたが、水分補給とエネルギー補給をしっかりとして、明日に備えました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

帰路へ

帰路へ
帰路へ
帰路へ
夕方の飛行機に乗るためにゆっくりする間もなく、ロープウェイで麓に降りました。幸い、天気に恵まれました。
JR観音寺迄タクシーで行きました。観音寺から高松駅に着いて、遅め昼飯にうどんを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最も高い霊場

最も高い霊場
最も高い霊場
最も高い霊場
最も高い霊場
最も高い霊場
雲辺寺は、88ヶ所の霊場のうち、最も高い場所にあります。
境内は変わっていて、香川県と徳島県とに跨がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のウォーキング

最後のウォーキング
最後のウォーキング
最後のウォーキング
最後のウォーキング
最後のウォーキング
雲辺寺は、標高千メートルの山頂にあり、標高差700メートルを一気に登りました。最後のウォーキングを楽しむつもりでしたが、苦しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山道への入口

山道への入口
山道への入口
山道への入口
国道をそれて、山里の道を暫く歩くと、山道の入口が見えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後の難所雲辺寺へ

最後の難所雲辺寺へ
最後の難所雲辺寺へ
最後の難所雲辺寺へ
最後の難所雲辺寺へ
最後の難所雲辺寺へ
最後の難所雲辺寺へ
66番霊場雲辺寺へは、約束20キロの道のりですが、峠、トンネル、山越の三つの難所があります。
先ず国道を歩いて峠を目指しました。ちょっと天気が心配です。
峠の頂上がトンネルです。傍をダンプが物凄い音とスピードで走っていて恐怖です。
トンネルを抜けて振り返ると885メートルと表示がありホッとしました。
徳島県に入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛最終日

愛媛最終日
愛媛最終日
愛媛最終日
今日中に戻るため、宿でお弁当を作って貰い、早朝に出発し、番外霊場椿堂で朝食をとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

エネルギー補給

今日の行程は、30キロで、ちょうど小田原から箱根峠を越えて三島迄行ったような感じです。
夜は、赤提灯で、たっぷりの水分とエネルギー補給をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

65番霊場三角寺

65番霊場三角寺
65番霊場三角寺
65番霊場三角寺
65番霊場三角寺
65番霊場三角寺
ここの仁王門は、珍しく鐘と一体になっていました。境内にはこれも珍しいしき桜という桜が咲いていました。
帰りは、同じ道を下るのは、蛇が怖く、日も暮れかかっていますので、タクシーを呼びました。
俄か金剛杖はかなり気に入ったのですが、持って帰るわけにはいきませんので、手放しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

65番霊場三角寺へ

65番霊場三角寺へ
65番霊場三角寺へ
65番霊場三角寺へ
65番霊場三角寺へ
65番霊場三角寺へ
JRで、伊予小松から伊予三島に移動し、ホテルに荷物を預け、軽装で、10キロ先の山頂の三角寺を目指しました。
蜜柑畑を横目に、市街眼下に、また山道に分け入りました。

ところが、今日二匹目の1メートルくらいの蛇に出会い、跳び上がりました。カメラどころではありません。
ふと気がつくと、護身用の金剛杖を持っていませんでしたので、道端の手頃な枯れ枝を杖代わりにしました。
すると三匹目の蛇がまた出ました。
逃げるようにして、汗びっしょりになって、ようやく三角寺に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一匹目の蛇

一匹目の蛇
一匹目の蛇
一匹目の蛇
一匹目の蛇
一匹目の蛇
一匹目の蛇
一時間に一本の電車で移動し、片道10キロの山寺に向かうために、登って来た道を大急ぎで下山です。
途中、側溝に蛇がいました。
結局往復7時間の行程を5時間で歩くことができました。
昼飯をとる時間がありませんでしたので、天保元年創業という老舗のオハギを食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石鎚山をのぞんで

石鎚山をのぞんで
石鎚山をのぞんで
石鎚山をのぞんで
石鎚山をのぞんで
石鎚山をのぞんで
標識を頼りに、四国で一番高い石鎚山を臨みながらようやく横峰寺に到着しました。
2時間45分かかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝のお勤め

朝のお勤め
朝のお勤め
朝のお勤め
朝のお勤め
4時半に起きて、5時半からの朝のお勤めに参加しました。
700人が参加できる本堂には、大日如来と大変珍しい子供抱いた弘法大師がいらっしゃいます。御住職の許可を得て撮影しました。

お勤めの後、すぐに朝食をいただいて、7時に愛媛で一番の60番霊場横峰寺を目指しました。

横峰寺は往復20キロ、7時間のコースで、結局山形市からきた女性と二人きりで同行することになりました。
暫く一緒に登り始めたのですが、高度がどんどん上がりましたので、先に行くことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

安産の宿房

安産の宿房
安産の宿房
安産の宿房
とても宿房と思えませんが、安産、子育てを祈願して定められた霊場だそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

61番霊場香園寺

61番霊場香園寺
61番霊場香園寺
61番霊場香園寺
今日の最終目的地、香園寺に着きました。三階建ての本堂にびっくりしました。
先ずは、鐘を打ちました。鐘は打てるところと打てないところがあります。またお参りの前に打つというルールがあります。

今晩は、ここの宿房に泊まりますが、国民宿舎のようでまたびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今治市から西条市

今治市から西条市
今治市から西条市
今治市から西条市
今治市から西条市
今治市から西条市に入り、62番霊場宝寿寺、63番吉祥寺、64番前神寺と廻りました。
少し疲れが溜まっているせいか、ぼんやりと歩いている自分にハット気がつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

59番霊場国分寺へ

59番霊場国分寺へ
59番霊場国分寺へ
59番霊場国分寺へ
59番霊場国分寺へ
宿房の精進料理、朝粥を食べて、東京から来た松本さんご夫妻と国分寺まで一緒しました。
NHKの趣味悠々を見て、娘さんの供養に来ているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

精進料理

精進料理
精進料理
精進料理
精進料理
精進料理
精進料理
宿房の部屋は六畳で、何もなくとてもシンプルで広く感じます。
窓からは今治市が一望のもとです。
食事は完全な精進料理で美味しくいただきました。嬉しいことに、お酒も飲めました。
今日も20キロ近く歩きましたが、アスファルト道が多く、やはり足にこたえます。
明日は、朝のお勤めが6時にありますので、5時に起きて、お勤めの後早朝出発となりますので9時に就寝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿房に着きました

宿房に着きました
宿房に着きました
宿房に着きました
宿房に着きました
ようやく宿泊先の宿房に着きました。まるでペンションみたいでびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

58番霊場仙遊寺

58番霊場仙遊寺
58番霊場仙遊寺
58番霊場仙遊寺
58番霊場仙遊寺
58番霊場仙遊寺
58番霊場仙遊寺
遍路道を少しずつ高度を上げながら、山頂の仙遊寺を目指しました。
今晩は、ここの宿房に泊まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

57番霊場栄福寺へ

57番霊場栄福寺へ
57番霊場栄福寺へ
57番霊場栄福寺へ
57番霊場栄福寺へ
57番霊場栄福寺へ
57番霊場栄福寺へ
元気なおばちゃんに呼び止められて栄養補給をしました。
久しぶりの緑のある遍路道にホッとして、栄福寺に着きました。
ここは足腰を守ってくれるお寺さんだそうで、お守りも買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松山から今治へ

松山から今治へ
松山から今治へ
松山から今治へ
松山から今治へ
松山から今治へ
午後は、今治市の街中を54番から56番霊場まで廻りました。
56番泰山寺から5分くらいのところに奥の院があり、非常に珍しい技法による十一面観音絵があるというので見に行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛四日目

愛媛四日目
愛媛四日目
愛媛四日目
愛媛四日目は、午前中52番霊場太山寺から53番円明寺を参拝しました。
アメリカの青年と一緒になりましたが、お経は日本語なのか英語なのかわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

50番、51 番、道後温泉を横目

50番、51<br />
 番、道後温泉を横目
50番、51<br />
 番、道後温泉を横目
50番、51<br />
 番、道後温泉を横目
50番、51<br />
 番、道後温泉を横目
50番、51<br />
 番、道後温泉を横目
50番、51<br />
 番、道後温泉を横目
50番繁多寺をお参りし、今日最後の51番霊場石手寺に着きました。
石手寺は道後温泉に近いせいか賑やかで、浅草の仲見世通りのような門前通りもありました。
境内にはいろいろな仏像がありました。
参拝を終え、明日からからの行程を考えて、道後温泉を横目に見て、松山市内に向かいました。
行程20キロの慌ただしい一日でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

48番西林寺から49 番浄土寺へ

48番西林寺から49<br />
 番浄土寺へ
48番西林寺から49<br />
 番浄土寺へ
48番西林寺から49<br />
 番浄土寺へ
48番西林寺から49<br />
 番浄土寺へ
48番西林寺から49<br />
 番浄土寺へ
48番西林寺から49<br />
 番浄土寺へ
街中を歩き、西林寺へ、ようやく昼飯を食べ、駆け足で浄土寺に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47番霊場八坂寺の極楽絵

47番霊場八坂寺の極楽絵
47番霊場八坂寺の極楽絵
47番霊場八坂寺の極楽絵
47番霊場八坂寺の極楽絵
47番霊場八坂寺の極楽絵
八坂寺で池知さんに会い、閻魔堂の極楽絵と地獄絵があることを教えてもらいました。地獄絵は自分には関係なく、いずれ行くことになる極楽絵だけを写真に撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

46番霊場浄瑠璃寺

46番霊場浄瑠璃寺
46番霊場浄瑠璃寺
46番霊場浄瑠璃寺
46番霊場浄瑠璃寺
浄瑠璃寺にはいろいろな御利益があり、道連れになった遍路のベテランに教えていただきました。
高知の方で、高知新聞社から池知隆のきりえお四国という本を出版しているそうです。
池知さんとはその後、お寺で何回か一緒になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛媛三日目

愛媛三日目
愛媛三日目
愛媛三日目
愛媛三日目
愛媛三日目
今日は、46番から51番霊場を巡る慌ただしい日程ですが。峠を下り、松山市内を目指す、比較的楽なコースです。
天気も良く、風も爽やかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

宿に到着

宿に到着
宿に到着
宿に到着
宿に到着
いきなりトンネルがあったり、いろいろな景観が楽しめましたが、疲れました。
中身の濃い距離20キロでした。早速温泉に入りましたが、かなり足にきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山門を下る

山門を下る
山門を下る
山門を下る
山門を下る
山門を下る
山門を下って、今日の宿に向かいました。川に沿った気持ちいい道ですが、やはり途中で道がわからなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩屋寺

岩屋寺
岩屋寺
岩屋寺
岩屋寺
予定より1時間も遅れて到着しましたので、鎖の行場には入れませんでしたが、岩屋寺と周りが全て修行の場のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八丁坂

八丁坂
八丁坂
八丁坂
八丁坂
八丁坂
かなりの難所ときいていたのですが、かなりの悪路でした。登りのきつさばかりではなく、道がわからず、何度も迷いそうになり、ようやく仁王様の出迎えを受けた時には正直ホッとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

45番霊場岩屋寺へ

45番霊場岩屋寺へ
45番霊場岩屋寺へ
45番霊場岩屋寺へ
45番霊場岩屋寺へ
岩屋寺へは林を抜け、山里に出ました。コスモスやわずかに色づいた紅葉などを愛でながらのんびり歩いて、ここまではよかったのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

44番大宝寺へ

44番大宝寺へ
44番大宝寺へ
44番大宝寺へ
44番大宝寺へ
山の中の自動車道をのんびり出発しました。
途中、清流で喉を潤したりして、順調に44番霊場に着きました。
ちょうど半分の霊場を廻ったことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

内子の街

内子の街
内子の街
内子の街
内子の街
内子の街
ヘロヘロになって、今日の宿泊先龍王温泉の龍王荘に辿り着きました。とにかく温泉に飛び込みました。ここは、内子市内から車で10分くらいの山の中ですが、内子といえば、古い町並みと内子座が有名ですので、疲れた身体に鞭打ってタクシーを飛ばしました。
落ち着いたいい町並みでした。
たまたま全日空で松山に来る時に見た機内誌で内子の林助・魚林という居酒屋料亭もありました。
今日もとりあえず、エネルギー補給はしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

43番霊場到着

43番霊場到着
43番霊場到着
43番霊場到着
43番霊場到着
43番霊場到着
43番霊場到着
43番霊場到着
ようやく43番霊場明石寺にたどりつきました。歩行距離20キロですが、ほとんど山の中の遍路道で、歯長峠やいくつかの峠があり、ひたすら山の中をさ迷ったような感じです。
いつか歩きたいと思っている熊野古道はこういう道でしょうか。
おまけに晴れたり、曇ったり、いきなりの土砂降りで、昇りあり下りあり人生の縮図のような洗礼を受け手しまいました。
涅槃の道場、愛媛恐るべしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涅槃の道場愛媛

涅槃の道場愛媛
涅槃の道場愛媛
涅槃の道場愛媛
第一日目は、41番霊場龍光寺からスタートです。いきなりの山道で汗をかいて、42番仏木寺到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

松山でエネルギー補給

松山でエネルギー補給
松山でエネルギー補給
松山でエネルギー補給
松山でエネルギー補給
松山でエネルギー補給
松山でエネルギー補給
四国遍路の後半に出発しました。今日はとりあえず松山に到着で、明日からの歩きに備えています。
松山といえば夏目漱石の坊ちゃんと正岡子規で有名ですが、路面電車の中にも俳句投書箱もありました。

毛虫這う般若新経終わるまで
という句もありました。

明日からの歩行に備えてエネルギー補給もしっかりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

生ワイン

生ワイン
生ワイン
生ワイン
河口湖畔の散策では、秋の気配が感じられました。
途中、生ワインの量り売りのお店を見つけました。
好みのボトルに入れてくれます。
加熱処理をしてなく、酸化防止剤を入れていない文字通りの生です。味は最高でした。あっという間に飲んでしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

石割山

石割山
石割山
石割山
石割山
石割山
今日13日は、石割山に登りました。期待した富士山の初冠雪は、頂上付近に雲がかかっていて見えませんでした。大平山方向の富士山ビュー尾根歩きを諦めて、今まで歩いたことない河口湖畔をウォーキングすることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エネルギー補給

エネルギー補給
エネルギー補給
下山してちょうど昼時でしたので、名物の豆腐懐石1700円をいただきました。あまりにも空腹だったので、豆腐懐石の写真を撮るのも忘れてあっという間に食べてしまいました。
昼食後、山中湖に向かい、温泉で汗を流して、夕食は生春巻でエネルギー補給しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山山頂目指して

大山山頂目指して
大山山頂目指して
大山山頂目指して
大山山頂目指して
大山山頂目指して
大山山頂目指して
大山山頂目指して
8時50分に山頂目指して出発です。
大山といえば、豆腐料理で有名でポピュラーな山ですので、簡単に登れるて思っていたのですが、ひたすらの急峻の登りが続き、厳しい山でした。
10時5分に山頂に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山登山

大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
大山登山
10月12日、天気が良さそうなので、大山に登ることにしました。7時半に駐車場に到着しました。さっぱり早速登山開始です。
こま参道ではお土産物屋や豆腐料理屋が軒を連ねています。
大山寺への山道は、早朝のため人影はなく、霊山に相応しく森閑としています。
大山寺の表参道は修復工事中でした。
阿夫利神社下社に8時45分に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

北鎌倉~鎌倉

戸塚から大船までは自動車道の傍らを歩きますが、大船駅の松竹通り周辺は、おしゃれな雰囲気です。資生堂大船工場、三越、鎌倉女子大学、鎌倉芸術館などがあります。そこを過ぎますともう北鎌倉です。境内をJRが通過ている珍しい円覚寺や駆け込み寺といわれる東慶寺の先を右に折れ、化粧坂などの切り通しを抜けると源氏山に出ます。源氏山には源頼朝が鎮座していました。

ほぼ20km、万歩計で28,500歩の、いろいろ楽しめるウオーキングコースです。

04

05

06

07

08

09

10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸塚~大船~鎌倉周遊コース

久しぶりに、陽が出ていましたので、仕事は後回しにして、

自宅→2時間→戸塚→1時間→大船→1時間→北鎌倉→1時間→鎌倉まで、約20キロ、5時間のウオーキングコースに出かけました。

戸塚(不動坂)までは、阿久和川の遊歩道を歩きました。

01_4 

02

03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »