« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月23日 (日)

奥の細道08 エネルギー補給

奥の細道の第一日目(12/19)は、10:30から歩き始めて芭蕉庵から南千住に14:00に到着しました。もっと歩きたかったのですが、この後、新橋で仕事の打合せがありましたので、地下鉄で戻りました。

打合せの後、17:00に友達と総武線平井駅で待ち合わせ、駅前の豊田屋さんで名物の鍋をつついてエネルギー補給をしました。お腹が空いていたので、オーダーした白子鍋を写真を撮る前に食べてしまいましたので、他の人の食事風景を撮らせて貰いました。

白子鍋(900円)の後、迷ったあげくに土壌鍋(600円)をオーダーしたのですが、アンコウ鍋かアンキモ鍋にすればよかったと後悔しました。駅に近く、安くて美味しいのでいつも満席状態です。下町ムードあふれるお店でした。

23

22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の細道07 浅草雷門

浅草の雷門前はいつもながらの混雑でした。

18

19

20

仲見世通り

21

羽子板市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の細道06 浅草寺

深川から駒形橋を渡ると浅草です。先ず、金龍山浅草寺にお参りしました。

13

17

15

許可をいただいて撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の細道05 両国界隈

深川は両国に近いせいか相撲部屋がありました。ブラブラ歩いて行くとやがて両国界隈となり、国技館があります。

04

大鵬部屋

05

北の湖部屋には、ベランダにフンドシが干してありました。

11

国技館通り。後ろには霧島親方のちゃんこ料理店がありました。

12

国技館の入り口のシャッター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

奥の細道04 深川界隈

芭蕉庵周辺の深川界隈は、下町情緒たっぷりです。

03

深川飯屋さんのド派手なお出迎え。他にも面白い風景がたくさんありました。あるいは、松平定信公のお墓などもありました。

02

公衆トイレ、営業中となっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の細道03 芭蕉さんとご対面

門前仲町駅から深川方面に向かって歩くと間もなく、海辺橋のたもとに松尾芭蕉さんが座っていました。初めてのご対面です。

更に隅田川方向に歩いたら、川沿いに芭蕉庵、芭蕉稲荷などがありました。

01

奥の細道の旅立ちを前に、何を考えているのでしょうか。

06

08

芭蕉稲荷。随分派手ですが見つけるに苦労しました。

07

隅田川沿いには、近代的なビル群がそびえています。

10

芭蕉さんはどこを見つめて、何を考えているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の細道02 とりあえず歩く

何はともあれ歩いてみました。12/19(水)に、地下鉄東西線門前仲町から深川~両国~浅草~南千住まで歩いてみました。江東区、墨田区、台東区、荒川区をAM10:00からPM2:00迄の4時間のテクテクでした。

Photo_15

門前仲町を12/19(水)10:00に出発

Photo_16

南千住駅に14:00到着

Photo_17

深川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥の細道01 ガイドブック

「奥の細道」について知りたいと思って本屋に行っても、東海道五十三次や四国八十八箇所巡りのようなガイドブックがあまりありません。

かろうじて入手した「奥の細道の旅・ガイドブック」は古く、「奥の細道温泉紀行」は、あまり詳細ではありません。

Photo_13

Photo_14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄養補給

朝5時に家を出て、朝食も昼食もタイミングが悪くとれませんでしたし、生ワインもありますので、途中松原商店街の魚幸水産で食材を買い求めました。生きたヒラメを締めて貰って、金目鯛も手頃な大きさのものがありました。

Photo_10

生きていたヒラメ2500円、金目鯛1800円

Photo_11

Photo_12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生ワイン~河口湖ワイン館

河口湖ではワイン館に寄って生ワインを買いました。今日は、白ワイン2本と赤ワイン1本を買いました。他に生酒もあるのですが、現在仕込み中で来年1月中旬にはできあがるそうです。

Photo_7

先ず、すきな大きさや色のワインボトルを選びます。今回は、白ワイン用に透明ボトル1本と、ブルーのボトル1本の計2本を選びました。赤ワイン用にはブルーのボトルを1本選びました。

Photo_8

赤ワイン

Photo_9

白ワイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの富士山

雄滝弁天堂から身延山に行き、参道にある珠数屋で頼まれた、カミさんと娘婿の数珠を買い求め、再び本栖道を戻りました。

朝、6:30頃に本栖湖畔を通りかかった時に、久しぶりに富士山を見ることができました。帰りは、この富士山をみながら河口湖や山中湖をドライブしました。

Photo_6

本栖湖からの富士山(AM6:30)

Photo_5

山中湖からの富士山(AM11:00)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雄滝弁天堂

12/21に久しぶりに「弁財天」さんに会いに、雄滝弁天堂に行きました。場所は、身延山から30分くらいの七面山の登山道入口の近くです。途中まで車で行きますが、対向車が来るとすれ違えないような狭い山道です。

朝4時に起床し、御殿場~河口湖~本栖湖~下部温泉を経由して、現地には7:30に到着しました。気温は-3度と冷え込みましたので、気分はきりりと引き締まりました。

ここの弁財天さんはほぼ等身大の穏やかな顔をしている美人です。数年前にお目にかかって気に入ってしまいました。普段はお顔を見ることができませんが、いつもお願いしてご開帳して貰います。年に何回かは会いに行きますが、今回は半年ぶりとご無沙汰してしまいました。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

駅伝気分

駅伝気分
今日12/16は、天気がよく絶好のウオーキング日和でしたので、朝の5:30に起床し、7:30には小田原駅から箱根芦ノ湖を目指して歩き始めました。

あと半月で新しい年が明けると箱根駅伝となりますので、一足早く、ウオーキングで駅伝気分を味わいたいと思いました。

テーマは、小田原~箱根の関所~駅伝ミュージアム~小田原の往復をノンストップで、どのくらいのタイムで歩けるかという事でした。また脚が壊れないかという試みでもありました。

朝食は電車の中で済ませ、昼食はコンビニで買ったパンを歩きながら食べました。途中何回のトイレタイム以外は歩き通しでした。

結果、小田原から箱根の関所までほぼ4時間半、27543歩。箱根の関所から駅伝ミュージアムの往復が30分、復路は、3時間半、総時間8時間半、52442歩でした。推定歩行距離は34kmくらいでしょうか。

多少足低部からアキレス腱にかけて違和感がありましたが、膝や股関節などには問題もなく歩ききることができました。樹林の中を歩いたせいでしょうか、疲労感もあまりなく、気分爽快です。

夕方18:00には、我が家に戻ることができ、自宅で水分補給と栄養補給もできました。

高校時代の友人から紹介された「風の王国」~風のように疾駆~の気分です。天気がいい時には、箱根の日帰り往復ウオーキングが可能なこともわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エネルギー補給

エネルギー補給
朝食も昼食もコンビニのパンやお握りを歩きながら食べたので、お腹は空いていたのですが、16:00頃には小田原駅に着きそうで、駅前の居酒屋は未だ開いていないと思われました。

カミさんに、松原商店街の魚幸で、生きのいい魚を仕入れてくれるように電話した結果、カニが3バイ(1パイ1,250円)、ホウボウ(1匹600円)、アジ(別の魚屋で1匹120円)が待っていました。

カニは茹でて、ホウボウは薄造り、アジは酢でしめました。特にアジ酢はうまくできました。ということでたっぷりの栄養補給をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復路の風景

復路の風景
復路の風景
復路の風景
復路の風景
復路の風景
小田原迄の復路は、ひたすらの下りです。来る時と同じ道ですが、帰りの風景は全く違って見えます。
16時ちょうどに小田原駅に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12時10分、箱根の関所到着

12時10分、箱根の関所到着
12時10分、箱根の関所到着
12時10分、箱根の関所到着
12時少し前に、芦ノ湖畔に到着しました。
関所から更に脚を延ばして、箱根駅伝ミュージアムを覗いて、ここからUターンして小田原迄戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑宿経由で芦ノ湖へ

畑宿経由で芦ノ湖へ
畑宿経由で芦ノ湖へ
畑宿経由で芦ノ湖へ
畑宿経由で芦ノ湖へ
畑宿を10時20分に通過し、石畳の道を歩きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8時50分三枚橋到着

8時50分三枚橋到着
8時50分三枚橋到着
ここを左折し、三枚橋を渡って旧道に入り、畠宿を目指します。
駅伝の選手は、直進して芦ノ湖を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根往復

箱根往復
間もなく年が明けると箱根駅伝です。東海道を歩くきっかけとなった箱根を歩きます。
予定では、小田原・箱根間を往復しょうと思います。小田原を7時30分にスタートしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

友人のインド紀行

高校時代の同級生の石渡君、いえ石渡先生~岐阜県の病院で産婦人科部長をしています~が、病院の旅行でインドに行ったそうです。写真を送ってもらいました。

30年ぶりで、お腹をやられたそうです。完(過)熟のマンゴージュースと発酵が進んだヨーグルトそれにインドビールを2本飲んで腸内でさらに発酵しすぎたとのことです。これは、医者の不養生でしょうか???

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

大船駅到着

大船駅到着
大船駅到着
大船駅到着
大船駅前の安売り商店街で、エネルギー補給の小宴会用食材をゲットして14時45分に、大船駅到着。
6時間のウォーキングでした。ここから電車で戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源氏山逆コース

源氏山逆コース
源氏山逆コース
源氏山逆コース
大船迄、源氏山ハイキングコースを戻りました。
なんとこのコースを自動車で踏破しょうという外人の二人組に出会いました。恐るべき体力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源氏山

源氏山
源氏山
源氏山
源氏山
北鎌倉から源氏山ハイキングコースを歩いて40分で宇賀福神社、通称銭洗い弁天に着きました。
いつもここの茶店で、お茶します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大船から北鎌倉へ

大船から北鎌倉へ
大船から北鎌倉へ
大船から北鎌倉へ
大船から北鎌倉へ
大船から北鎌倉迄40分くらいです。円覚寺辺りになると急に人が増えます。
浄智寺の脇から鎌倉山に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戸塚から大船へ

戸塚から大船へ
戸塚から大船へ
戸塚から大船へ
戸塚から大船へ
戸塚駅に10時到着しました。自宅から2時間です。ここで物好きな同行者と合流し、大船を目指しました。大船への1時間の道のりは、自動車が傍を走っていますので楽しい道ではありません。
資生堂工場近く迄来ると大船駅に近く、鎌倉美術館や鎌倉女子大などがあり、松竹通りも賑やかです。
早めの昼食にアサリラーメンで腹ごしらえして、北鎌倉に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ北鎌倉へ

いざ北鎌倉へ
いざ北鎌倉へ
いざ北鎌倉へ
今日も天気がいいので北鎌倉コースを6時間くらい歩くことにしました。
8時に出発して、先ず30分くらいの鎌倉23番札所観音禅寺にお参りして、川沿いに1時間歩くと渋滞で有名な不動坂に出ます。ここは新年になると、箱根駅伝のランナーが駆け抜けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

銀座の夜景

水分を補給しすぎた勢いで、神田から銀座までフラフラと歩いて、二次会。銀座から新橋まで歩いて更にカラオケで三次会。何とか終電には間に合いましたが、とんだテクテクでしたが、楽しかったです。

071205_185702

071205_185928

071205_185940

071205_191500_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

神奈川宿まで

結局、あまりのんびりしすぎて川崎どころか神奈川宿で時間切れとなり、最寄り駅から電車に乗り、いきなり神田で水分とエネルギー補給となりました。4時間半しか歩いていないのに水分を補給しすぎてカロリーオーバーかも。

071205_131041

071205_133235

071205_165133

071205_165028

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

旧東海道

旧東海道
旧東海道
旧東海道
旧東海道
旧東海道のにある松原商店街を12時30分に通過しましたから、川崎迄も無理かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何処まで行けるかな

何処まで行けるかな
何処まで行けるかな
何処まで行けるかな
何処まで行けるかな
今日は、東京神田で3時に打ち合わせ、飲み会です。天気がいいので、歩くことにしました。途中のお稲荷さんにお参りです。
出発が遅く、寄り道しましたので多摩川は越えられそうもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »