« 第一日目奈良~薬師寺・唐招提寺 | トップページ | 第二日目吉野~天川村 »

2009年3月 3日 (火)

第一日目奈良~東大寺・興福寺

薬師寺・唐招提寺を見た後、午後からは宿泊先の奈良駅前のホテルに車を預け、夕方まで東大寺、興福寺、春日大社、奈良公園、市内を散策することにしました。

06

奈良のシンボルは鹿ですが、奈良公園、春日大社のような広大な敷地のどこにでもいます。東大寺の山門では修学旅行の生徒が面白がって鹿煎餅をちらつかせるとわっーっと鹿が集まってきて生徒のお尻に噛みついたりしていましたが、中には要領がいいというか、群れるのが嫌いな鹿もいるようで、売店を覗き込んでいる鹿もいました。角はカットされていました。

07

東大寺の大仏殿(金堂)。流石にスケールが大きく、木造でよくぞまあこれだけのものを造ったものです。2回の兵火でほとんどが消失し、江戸時代に2/3に縮小されて再建されたそうです。

08

奈良の大仏(廬舎那仏)を見たいと思ったのは、奈良観光の目玉ということもありましたが、だいぶ以前に、大仏造りに関わった人足について書かれた帚木蓬生の「国銅」という本を読んだことがあり、どのようにして造られたかを知ったことと、読後感は非常に感動した記憶がありましたので、是非見たいと思いました。

Photo

インターネットで、「国銅」の読後感が紹介されていました。ほとんどが私と同じような感想でしたので、ここに紹介します・・・。

感想1:教科書から嫌々、歴史を学んでいた学生時代に、出会えていたら、どんなに良かったろう。 銅を掘りだす。穴の中に入り、岩盤を砕く。奈良登りと言われるその場所。東大寺の大仏建立のため、銅は運ばれる。人も駆けつける。現在の山口県から奈良県まで。それは743年の物語。 主人公の国人は、いろいろな立場の人間から多くを学び、彼らを魅了する。なかでも、僧の景信が投げかける言葉には国人ならずとも、立ち止まり、考える。「水鳥が池を捨てるが如く、家を捨てよ。お前がお前の燈火だ。その燈火で足元を照らせ」読み終わっても、心から出て行かない。銅山跡でいいから見に行きたい。奈良の大仏も。

感想2:奈良・東大寺の大仏が、どのようにしてできたか、初めて知った。材料の棹銅の一本一本からして「死んだ人足、今も課役についている人足の生まれ代わりのようなもの」。予想をはるかに越えた、壮大な物語であった。主人公の長門周防の銅山人足・国人は、自ら文字を学ぶなど向学心旺盛で仕事熱心、しかも同僚思いで謙虚な22歳。奈良の都に大仏建立人足として引っ張られ、いつ帰郷できるかもわからぬまま、土砂運び、鋳込み、鍍金に働き続ける。人間の良心とはこういうもの、というような誠実な国人の生き方が、とても清々しく感じられる。また、下巻では、美しい詩が随所に織り込まれているのもいい。ふたりの衛士に触発され、詩の世界に足を踏み入れた国人の地道な学びが、最後にみごとな百字の句に結実するさまは感動的である。大仏は「天から降った物でも、地から湧いた物でもなく、人足が何千人と集まって作り上げた物」。かつてそこにいた人々の姿と思いが見えてくると、今までなんの興味もそそられなかったものが、俄然身近な存在に思えてくる。「ただの大仏」から、「あの『国銅』の大仏」へ。さぁ、東大寺に行こう。

Photo_2

東大寺で大仏とご対面した後は、興福寺の国宝館にいる阿修羅像を見に行きました。興福寺は、東大寺からゆっくり歩いても数十分の距離です。阿修羅像は興福寺創建1300年記念で、3/31から東京国立博物館で展示されるそうです。国宝館には他にも立派な仏像がありましたが、阿修羅像の顔立ちは神々しく、厳しく、優しく何ともいえないものでした。比較するのがおかしいかもしれませんが、ルーブル博物館のモナリザやミロのビーナスより遙かに見応えがありました。きっと国立博物館には多くの人が見に行くのではないでしょうか。

東大寺、興福寺、春日大社、奈良公園、市内をブラブラ歩いているうちに夕方になりました。カミさんが持っていた歩数計は20,000歩でしたので、かなり歩いたことになります。お腹も空きましたので、地元のスーパーや土産物屋さんで柿の葉寿司や地元の食材、地酒を買い込んで、ホテルで宴会を行い、第1日目からしたたかに飲んでしまいました。

|

« 第一日目奈良~薬師寺・唐招提寺 | トップページ | 第二日目吉野~天川村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137773/44232044

この記事へのトラックバック一覧です: 第一日目奈良~東大寺・興福寺:

« 第一日目奈良~薬師寺・唐招提寺 | トップページ | 第二日目吉野~天川村 »