« 第一日目奈良~東大寺・興福寺 | トップページ | 第二日目吉野~蔵王大権現堂 »

2009年3月 4日 (水)

第二日目吉野~天川村

2日目は、奈良のホテルを早朝に出発し、吉野郡天川村を目指しました。ルートはナビゲーター任せで、吉野山中の細い道や長く狭いトンネルなどを抜けて2時間半で天川村に到着しました。車を温泉センターにある村営駐車場に置いて村を散策しました。天気は昨日の雨模様が嘘のように晴れわたり、空気も美味しく感じられました。

09

天川村は、吉野山信仰と大峯奥駆道のシンボルである大峯山(山上が岳)の登山口であり、修験者の聖地とされている村です。村の中心地は、行者の宿とか行者の湯など修験者が宿泊する旅館が軒を連ねていました。

10

旅館街を抜けると、所々に修行場がありました。私はこういう雰囲気は好きなのですが、カミさんや青木さんなどの女性はあまり面白そうではありませんでした。

11_2

駐車場から30分ほどで大峯山登山口に着きました。ここから大峯山(山上ヶ岳)までは、登山地図によると登り4時間、下り3時間くらいの行程です。途中、鐘掛岩という岩場や西ノ覗岩という修験者が身体にロープを巻き付けて断崖絶壁から身を乗り出す修行場などがあります。山上ヶ岳には大峯神社があり、亮潤さんが千日回峰行で蔵王大権現堂からそこまで往復48km歩いた折り返し点でもあります。標高1,719mでそれ程高い山ではなく、一度はチャレンジしてみたいと思っていますが、身のすくみ思いもします。

12

午前中は天川村で過ごし、吉野山に向かう途中、同じ天川村にある天河大弁財天社に寄りました。この神社は広島県宮島大願寺、滋賀県竹生島(琵琶湖)宝厳寺などと共に日本三大弁財天の一つです。他に江ノ島の弁財天も加えるという説もあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/f86fsabrejp/10704661.html

本殿には、三種の神器である鏡が祀られていて、菊の御紋があり、皇太子殿下も訪れたことがあるという碑もありました。皇室とゆかりがあるのでしょうか、とても立派な社でした。

天川村は神秘性や霊気が感じられ、期待通りの独特の雰囲気を持った別世界でした。

|

« 第一日目奈良~東大寺・興福寺 | トップページ | 第二日目吉野~蔵王大権現堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137773/44239696

この記事へのトラックバック一覧です: 第二日目吉野~天川村:

« 第一日目奈良~東大寺・興福寺 | トップページ | 第二日目吉野~蔵王大権現堂 »