« 第二日目吉野~夕食 | トップページ | 第三日目吉野~西行庵 »

2009年3月 7日 (土)

第三日目吉野~熊野古道

第3日目(3/1)は、いよいよ熊野古道・大峯奥駈道のほんの一部を歩きます。予定では、亮潤さんが千日回峰行でスタートした蔵王堂から修行の道を辿る予定でしたが、歌藤さんのご主人のアドバイスで奥千本口まではケーブルバスで行くことにしました。蔵王堂から奥の千本口まではケーブルバスで20分くらいでした。帰りはこの道を歩いてみますと、急な下りが続いていて、脚のふくらはぎが張ったり膝が笑いましたので、上りは大変だということがわかりました。

27

蔵王堂の朝のお勤めに参加し、朝食を済ませていよいよウオーキングスタートです。昨晩の大雨があがり、天気が回復する兆候でしょうか、吉野の山々に雲海が湧いていました。

28

ケーブルバスで、中千本、上千本を過ぎて、奥千本口で下車しました。金峯(きんぷ)神社までは蔵王堂から歩けば急な上り4kmの距離ですが、私たちはバスを降りて10分くらいで到着しました。亮潤さんもこの神社を含めて118カ所の神社や祠で般若心経を唱えたとのことです。

29

金峯神社の脇を少し下ったところに「義経の隠塔」がありました。ここは役行者の修行場でもありました。義経ゆかりの場所や遺跡、事物が奥の細道を歩いた時も至る所にあり、ここにもありました。先頃司馬遼太郎の「義経」を読んだのですが、司馬さんの説によりますと、武士が始まり源平の戦いの頃まで幾多の武将がいた中で、唯一武略を持っていたNo1の天才的武将だったとのことです。

吉野山には義経のゆかりの地が多くあります。蔵王堂から少し山道を上った辺りに、勝手神社があり、ここで静御前は舞を舞い、義経と別れたそうです。ここには静御前の衣装などが残されていたのですが、平成16年に神社が消失してしまいました。歴史的な遺産はどうなったのでしょうか。

|

« 第二日目吉野~夕食 | トップページ | 第三日目吉野~西行庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137773/44269933

この記事へのトラックバック一覧です: 第三日目吉野~熊野古道:

« 第二日目吉野~夕食 | トップページ | 第三日目吉野~西行庵 »