« 第二日目吉野~天川村 | トップページ | 第二日目吉野~脳天大神 »

2009年3月 5日 (木)

第二日目吉野~蔵王大権現堂

2日目の昼前に天川村を後にして吉野山に向かいました。吉野山は日本一の桜の名所ですが、この時期に訪れたのは、亮潤さんが入門・修行し、千日回峰行のスタート地とし、四無行(飲まず、食べず、横にならず、眠らず)で9日間籠もった金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王大権現堂を静かな時期に訪れてみたかったからです。天川村からは車が1台ようやく通れる山道を1時間くらい走って(この道の運転は疲れました)、ケーブルカーの吉野山駅近くにある今晩の宿「歌籐(かとう)」さんに到着しました。宿に車を預け、吉野山を散策がてら金峯山寺蔵王権現堂に向かいました。

13

気持ちのいい天気の中、宿からぶらぶらと吉野の山々を眺めながらお土産物屋や食事処が並んでいる道を20分くらい歩くと金峯山寺に到着しました。どっしりとした山門で、修験道の総本山の趣がありました。

14

蔵王大権現堂は、想像以上に堂々たるものでした。亮潤さんが籠もったというイメージがありましたので小さな祠のようなイメージを持っていたのですが全く異なりました。ここで9日間も飲まず食べず頑張ったシーンを想像すると胸が熱くなりました。

15

この日は、吉野山に桜の苗木を寄付した人への感謝際が行われていました。多くの和尚さんの読経の声が響いていました。

16

金峯山寺は修験道のお寺です。修験道は仏教、密教、神道、陰陽道が融合したものですので、どの宗教、どの宗派の人でもこのお寺では受け入れてくれます。翌日は、早起きして、朝食前に宿の車でお寺まで送っていただき、朝のお勤めに参加させてもらいました。吉野山の清々しい早朝の大気の中、ホラ貝、太鼓、読経が響き、他の信者さんにならって焼香し、最後は和尚さんの後について広いお堂を一周し、裏手にある普段見られない多くの仏様に手を合わせました。とても貴重な体験をさせていただきました。

|

« 第二日目吉野~天川村 | トップページ | 第二日目吉野~脳天大神 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137773/44251539

この記事へのトラックバック一覧です: 第二日目吉野~蔵王大権現堂:

« 第二日目吉野~天川村 | トップページ | 第二日目吉野~脳天大神 »