« ヒマラヤ再訪記 山岳ドライブ① | トップページ | ヒマラヤ再訪記 ポカラのホテル »

2012年1月16日 (月)

ヒマラヤ再訪記 山岳ドライブ②

1/4(水)、山岳ドライブは、想像以上に揺れが大きく、かなり疲れました。

161dsc01328

11:41 途中のレストランで昼食にしました。院長さんは車に酔ったようで、最初はビールを飲まないといっていたのですが、私が飲んでいるのをみて、結局3人で乾杯ということになりました。

162dsc02408

12:12 家族総出でアットホームなレストランでした。皆働き者でした。

163dsc02414

12:39 ガーリックスープ、ピザ、ベジタブルヌードルどれも美味でした。

164dsc01339

13:09 再び走り出して間もなく、ところどころに関所のようなチェックポイントがありました。

164

164_2

トレッキングパスポート、いわば関所手形のようなものです。

166dsc01344

13:12 運転手は20代の若者で、とにかく飛ばすことと追い抜くことが生き甲斐のようで、オイオイという場面が何回もあり私たちの方が力が入りました。

167dsc01357

13:36 狭い道も狭い吊り橋も早い者勝ちです。

168dsc01363

14:39 馬も車も混然と歩いたり走ったりしていますが、渋滞することなく何となく通り抜けできてしまいました。

169dsc01366

14:43 工事のトラックが道を塞いでいて大型バスが通り抜けできずストップしていました。私たちの専用車は、ガイドのスディールさんがギリギリのスペースを誘導して何とかスリ抜けることができました。あの工事車と大型バスはどうなったのでしょうか。東京での説明会で、この道程は何時間かかるかわかりませんと言っていた意味がわかりました。

170dsc01375

17:10 ほぼ8時間で順調にホテルに到着しました。私たちはかなりクタクタになり、山岳ドライブの醍醐味を十分炭層させてもらいましたが、もう二度と経験はしたくありません。もし次の機会があれば8,000円払っても飛行機にしようと思いました。

|

« ヒマラヤ再訪記 山岳ドライブ① | トップページ | ヒマラヤ再訪記 ポカラのホテル »

コメント

タサンビレッジの建物・食事を見て、びっくりしました。こんな奥地にすばらしいロッジがあるのですね!!!
ネパールの山岳地帯道路は崩壊のリスクがあるようで、片側に土砂が堆積していた道を通ったことあります。15年位前にポカラからカトマンズへ帰ってくる時の事で、街道筋が宿場町風で、大正・昭和初期のイメージがありました。
<マチャプチャレを見たいが為に、飛行機をキャンセルしてのタクシー利用でした。西遊旅行社で行った旅行でした。>

投稿: マッシー伊藤 | 2012年1月16日 (月) 19時23分

タサンビレッジは想像以上でした。ダウラギリとニルギリ連峰が目前に聳えていて、絶好のロケーションで、食事も施設も良く、各部屋に暖房設備(パネルヒーター)も設置されていて、来年は稼働するそうです。人気が沸騰していてなかなか予約が取れなくなりそうです。
ポカラへの道も街道風で良かったです。唯一もう少し車の乗り心地が良ければよかったのですが。
タサンビレッジの社長は、ヒマラヤソバの店があるサンセットホテルの社長さんでもあって、癖がありますが面白い人でした。

マドンナさんもタサンビレッジはお気に入りのスポットとなったとのことです。

投稿: はんちゃん | 2012年1月17日 (火) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137773/53751681

この記事へのトラックバック一覧です: ヒマラヤ再訪記 山岳ドライブ②:

« ヒマラヤ再訪記 山岳ドライブ① | トップページ | ヒマラヤ再訪記 ポカラのホテル »