« 伊豆半島 雲見温泉 | トップページ | 丹沢 塔ノ岳登山 »

2012年5月13日 (日)

丹沢 ハイキング

5/13(日)、カミさんと二人で丹沢山系の玄(くろ)倉林道のハイキングに出かけました。このコースは“丹沢の最後の秘境”で新緑と紅葉の季節が素晴らしい、天気が良ければ清冽な渓流が見られます、とマッシー伊藤さんから教えていただいたコースです。久しぶりにスッキリ晴という天気予報は、玄(くろ)倉林道ハイキングには絶好のチャンスでした。

01dsc03726_2

玄(くろ)倉林道に入ってすぐに車止めがあり、既に10数台の車が駐車されていました。ここに車を置いて7:15に歩き始めました。

02dsc03731_2

隧道が何ヶ所かありますよと教えていただいた通り、歩き始めてすぐに隧道が現れ、出口の向こうには新緑が萌えたっていました。空気はヒンヤリとしてとても爽やかでした。この隧道の先にまた隧道が現れ、それは300mと長くカーブしていて中は真っ暗でした。これも教えていただいた通りヘッドランプを持参して助かりました。

03dsc03734_2

丹沢山系は広いエリアにいくつもの山が連なっていますので、さまざまなコースをとることができます。

04dsc03735_2

丹沢はまた水が豊富で沢が多く沢登りもできるのですが、よく道に迷う人や遭難する人もいるようです。

05dsc03736_2

玄(くろ)倉ダムの貯水池の水の色がブルーに染まっていました。まるで青葉を染料のように溶かし込んだかのようでした。もし雨が降って濁流が流れていたらお目にかかれなかった光景です。

06dsc03738_2

夫婦と二人の釣り人が先行していました。好天の日曜日ですので、丹沢のメインルートにはどっと人が入っていると思われますが、この林道には人影はぽつりぽつりとしかみえず、なるほど“秘境”の雰囲気です。

07dsc03741_2

緑のシャワーを浴びながら渓流の音を聞きながら、緩やかな上りが続いていて、空気もヒンヤリとしていて贅沢なハイキングコースです。夏も涼しいかもしれません。

08dsc03743_2

緑に囲まれた渓流も素晴らしいのですが、紅葉の時期にはさぞかしとも思われました。

09dsc03744_2

このルートから、主峰の蛭ヶ岳や丹沢山、塔ノ岳などいろいろな山に登ることができますのでさまざまな山歩きを楽しむことができそうです。

10dsc03748_2

今日の目的地のユーシンロッジに約2時間で到着しました。このロッジは現在休業中ですが、登山基地のようなもので、ほとんどの人はここから登山を目指すようです。到着時間が9:15でしたので、どれかの山に登ることも可能でしたが、今日は好天気でしたのでハイキング気分でのんびりしたく、ここから引き返しました。

大山の緑もきれいでしたが、渓流にかぶさる丹沢の緑も一段と素晴らしく、秋の紅葉シーズンが楽しみです。また一つ楽しみなコースが増えました。

|

« 伊豆半島 雲見温泉 | トップページ | 丹沢 塔ノ岳登山 »

コメント

13日の日曜日、横浜の朝の気温が10℃でしたから、玄倉あたりはもっと寒かったでしょう。
朝の犬散歩で富士山、大山が綺麗に見えていました。絶好のハイキング日和でしたね。happy01
10月下旬頃の紅葉も素晴らしそうで、秋の渓谷歩きが楽しみです。
今月下旬、シロヤシオが咲く頃、このコースを同角山稜から檜洞丸、西丹沢へ日帰り縦走するつもりです。9時間位かかりそうですが、マイペースで無理せず登つもりです。

投稿: マッシー伊藤 | 2012年5月13日 (日) 19時17分

好天に恵まれましたが、気温はかなり低く感じました。
丹沢の懐の深さを体感しました。秋も楽しみです。情報ありがとうございました。
西丹沢への日帰り縦走は地図で見るとかなり大変そうですね。私はしばらくは大倉尾根あたりからボチボチと足慣らしをしようと思っています。

投稿: はんちゃん | 2012年5月14日 (月) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/137773/54700802

この記事へのトラックバック一覧です: 丹沢 ハイキング:

« 伊豆半島 雲見温泉 | トップページ | 丹沢 塔ノ岳登山 »