« EV.街道トレッキング ~ロブチェ(4,910m) | トップページ | EV.街道トレッキング カラパタール(5,545m)断念 »

2012年11月30日 (金)

EV.街道トレッキング ~ゴラクシェブ(5,100m)

11/10(土)、ついに5,000mの世界に突入しました。

01dsc02321

朝は6時起床、7時朝食、8時出発というのがトレッキング中の大体の日程です。6時になるとポーターさん達がモーニングコールを兼ねて紅茶とお湯が入った洗面器をもってきてくれます。紅茶を飲んで身体を温め、温かいお湯で顔を洗うのですが、前屈みになっての洗顔は慣れないと難しく、胸も圧迫され息苦しくなかなか苦労しました。7時の食事前に身支度をして、ポーターさんに運んでもらうバッグや寝袋を収納してドアの外に出さなければならずなかなか忙しいのです。

02dsc02322

唯一の暖房設備であるストーブに火が入るとあっという間に人が集まりました。燃料はヤクの糞を干したものでこの火力は結構強くて頼もしい味方でした。

03dsc02324

この日は5,000mを越えてゆくのですが、残念なことに“校長先生”と門下生一人のお二人が、高山病の兆候が見られたためにペリチェ(4,215m)へ下山することになりました。“校長先生”の肺は切除の結果普通の人の3/4ですので、ここロブチェ(4,910m)での肺への負担は高度6,000mに居るのと同じようなものだったかもしれません。百名山3回の大ベテランの英断はさすがお見事でした。この日は平坦な道で行程も短いため8:30に出発しました。

04dsc02330

気のせいか空の青が濃くなりつつあるようでした。チャングリ氷河を横断して、素晴らしい景色を堪能しました。

05dsc02329

陽射しは強いものの大気は冷たくあまり汗はかきませんでしたが、休憩時間には水分補給を心がけました。

06dsc02332

行く手に小高い丘とそこを上ってゆく人が小さく見えました。低い丘でも標高が高いところですのでヤレヤレ大変だという気持ちがホンネでした。

07dsc02336

後から出発した私たちの荷物を背負ったゾッキョ軍団がノシノシと高度をものともせず歩んでいきました。ゾッキョと同じスピードで彼らをコントロールしているガイドさんの強い心肺と脚力は驚きです。ちなみに彼の血中酸素濃度を測定したところ私たちと同じ80%でした。強さの秘密は、より多く酸素を取りこんでいるわけではなく、高度への慣れのようでした。

08dsc02341

今日の宿泊地ゴラクシェプ(5,100m)が見え、明日の目的地カラパタール(5,545m)が見え、プモリ(7,161m)が頭を出していました。

09dsc02349

夕食はクリームシチューとおでんで、美味しくいただきました。

10dsc02344

夜見る姿が美しいといわれるヌブツェ(7,879m)に夕陽が当たり、空のブルーが更に青みを増したようでした。

|

« EV.街道トレッキング ~ロブチェ(4,910m) | トップページ | EV.街道トレッキング カラパタール(5,545m)断念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EV.街道トレッキング ~ロブチェ(4,910m) | トップページ | EV.街道トレッキング カラパタール(5,545m)断念 »