« お伊勢参り 天の岩戸 | トップページ | お伊勢参り 花の小宿・重兵衛 »

2016年7月16日 (土)

お伊勢参り 海女のまち

7/10(月) 伊勢神宮と天岩戸神社への参拝をすませ、この日の宿がある鳥羽市相差町に向かいました。

01dsc05471
 鳥羽市相差(おうさつ)町は、伊勢神宮から車で30分くらいの港町で、全国有数の海女さんの町です。先ず、「相差海女文化資料館」を訪ねました。

02dsc05466
 2013年に放映されたNHKの朝ドラ「あまちゃん」は、三陸を舞台にした海女さんのドラマで海女さんが注目されましたが、全国的に海女さんの高齢化が進み、後継者難となっています。まあこの現象は海女さんに限りませんが、そんな現状の中、相差町は海女文化の継承に熱心に取り組んでいます。星形と縦横の線のマークは、海女さんが磯着に付ける魔除けのおまじないだそうです。

03dsc05468

03dsc05469
 最近注目されているのが三世代海女中川さん母娘で、頑張ってとエールを送りたくなります。三代目の中川静香さんはミス伊勢志摩で現役女子大生の海女さんです。

04dsc05465
 館内に入ると素潜りの海女さんが展示されていました。私はダイビングの合間に時々素潜りしたりもしましたが、素潜りは身体に大きな負担となり、ほんの数回潜っただけで息が上がってしまいました。海女さんの仕事はとてもキツいと思います。

05dsc05505

06dsc05506
 (ビデオ映像を転載) 海女さんは潜ることで一家を支えるという心構えなしでは続けられません。「夫一人養えんで一人前の海女とは言えん。」という気概を持った働き者なのです。

 

07dsc05511

09dsc05524
 海女さんが獲るのは岩牡蠣やサザエなどの海の幸。収穫の喜びはさぞかし大きいものと思われ、私たちもその恩恵を蒙っています。

10dsc05518
 海女さんが着ているウェットスーツ。それぞれ年期が入っています。

11dsc05473
 港の市場では、大きな岩牡蠣がたくさん揚がっていました。市場価格は1900円くらい。

12dsc05475
 「相差(おうさつ)かまど」という海女小屋を覗いてみました。昼食の時間は過ぎ、夕食の準備がされていました。

13dsc05476
 本日のお品書きはサザエや大アサリなど。伊勢エビやアワビもありました。

14dsc05477
 物欲しそうなお姉さんが二人、覗き込んでいました。

15dsc05478
 昼食の片付けをしている海女さんがいらっしゃいました。朝、海に潜って獲ってきた獲物をお客さんに食べてもらってと、海女さんは本当に働き者なのです。

16dsc05479
 写真を撮らしていただいていいですかと言ったら、他の海女さんも呼びに行ってくれました。夫一人養うという心意気からして、もっと気性が荒いかなと思ったのですが、海女さん達はとても優しくチャーミングでした。

17dsc05525
 相差町のまち中は細い路地が入り組んでいて、海女の家というお土産ショップなどが何軒か並んでいました。

18dsc05502
 二人はかなり真剣に物色していました。私は早く冷たいビールが飲みたいなあと思いながらお付き合いしました。

 

19dsc05527
 「海女茶屋じょい」という小さな休憩所は閉店していましたが・・・・。

20dsc05494
 近くの売店でお菓子や飲み物を買ってきて、勝手に一休みさせてもらいました。

21dsc05495
私はようやくビールにありついて一気飲みしました。

 

鳥羽市相差町に泊まるのは今回は3回目となりますが、今まではこの町をゆっくりと散策するということがありませんでした。職業としての海女さんを尊敬していますので、本物の海女さんに接することができてとてもよかったです。

|

« お伊勢参り 天の岩戸 | トップページ | お伊勢参り 花の小宿・重兵衛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お伊勢参り 天の岩戸 | トップページ | お伊勢参り 花の小宿・重兵衛 »