« お伊勢参り 内宮参拝 | トップページ | お伊勢参り 海女のまち »

2016年7月14日 (木)

お伊勢参り 天の岩戸

7/10(月)の午前中、伊勢神宮への参拝をすませお昼時になりました。腹ごしらえをして「天岩戸神社」へと向かいました。伊勢神宮参拝は外宮を参拝してから内宮を参拝するというのが正しいのですが、この日は駐車場の確保が大変でしたので、外宮参拝はパスしました。

01dsc05438
 伊勢神宮(内宮)に隣接して「おかげ横丁」があります。日曜日のちょうど昼時でしたので、賑わっていました。

03dsc05422
 空はどんよりとしていたのですが何しろ蒸し暑く、また人混みの暑さも加わって汗ビッショリとなりながらの昼食探しとなりました。ノドがとても渇いていて、リコピンがいち早く身体を冷やすというキュウリを見つけて食べました。

04dsc05432
 リコピンがどうしても食べたいという「伊勢うどん」。私は以前食べたことがあり、その時はあまり美味しくなくて気が乗らなかったのですが、どうしてもということでお付き合いしました。威勢のいいおばちゃんがいる店に入りました。

07dsc05427
 伊勢うどんの特徴は、太くてコシがなく、甘辛い少なめのタレです。以前食べたときはまったく美味しくなかったのですが、ここのうどんは茹でたてでモチモチしていて、おまけにタレが絶妙の旨さで、とても美味しかったのでした。

06dsc05425
 二人とも、青ネギをたっぷりとかけてもらって、熱々の茹でたてうどんに満足していました。箸が転がっても笑うお年頃は過ぎているはずなのに、何がおかしいんだか。

08dsc05435
 美味い伊勢うどんを食べるならこの店です。一押しです。

09dsc05439
 二軒目は、のんちゃんお目当ての店「ひもの塾」。

10dsc05440
 焼いているおじさんは暑そうでしたが、熱い鉄板の上でジュージューと音を立てている干物の香ばしい匂いがたまりませんでした。

12dsc05443
 焼き上がりをじっと待っている二人。

13dsc05445
 三軒目は二人の意見が一致して豆腐ソフト。暑さにもめげず食欲モリモリでした。私は冷たいビールをクィ~~~っとやりたかったのですがまだまだこの先の運転がありましたので我慢我慢でした。今回は運転手役に徹しました。

14dsc05446
 どこの店先も満員で、ここ「赤福」の店先も伊勢名物の定番を食べようという人たちで一杯でした。

15dsc05447
 お腹が満たされたところで、「天岩戸神社」へと向かいました。大型車通行止めという細い道をしばらく走ると駐車場があり、そこからは車を駐めて歩きました。強い日射しが出ていましたが、緑の木陰が涼しく感じられました。

18dsc05463
  天の岩戸へという標識がありました。天の岩戸といえば、5月に行った高千穂(ここが本家か)にも天の岩戸があり、天の岩戸が開かれる夜神楽を見てきたばかりでした。

16dsc05448_2
 しばらく歩くと鳥居があり、そこには「天岩戸神社」と書かれていました。帰宅してから調べてみると、天の岩戸は天孫降臨の高千穂をはじめとして、伊勢の二見の興玉神社にも、伊勢外宮の山の中(立ち入り禁止)にもあるとのこと。さらに全国には地名となっているところが20ヵ所もあるとのことで、日本のあちこちで天照大神が岩に隠れたということでしょうか。

17dsc05453
 説明書きによるとこの辺り一帯は高天原というそうで、八百万の神が集まりそうな雰囲気でした。

19dsc05456
 いささかスケールは小さいのですが、厳かな気分になりました。パワースポットといいことで、ここを訪れてくる人もポツリポツリと見かけました。

20dsc05455
 天照大神は、ここに隠れたのか? 高千穂の天の岩戸は川の向こう側の樹々の中でまったく様子はわかりませんでしたが、ここでは覗くこともできました。隠れるにはちょっと窮屈かもしれません。

21dsc05457
 それもとこちらか? あまり詳しい案内がありませんでしたので、いろいろ想像しているだけでミステリー小説を読んでいるようで楽しくもありました。

22dsc05460
 境内の脇には小さな滝があり、水垢離(水行)の場となっていました。スピリチュアル系の二人は、しばらくの間、霊気を取り込んでいるのか様々な動きをしていました。

 

伊勢神宮発参拝のリコピンは、暑さと人の多さで自分がイメージした伊勢神宮と異なったようでしたが、ここ天の岩戸では厳かな気分、神秘的な気分に浸ることができたようで満足げでした。

|

« お伊勢参り 内宮参拝 | トップページ | お伊勢参り 海女のまち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お伊勢参り 内宮参拝 | トップページ | お伊勢参り 海女のまち »