« ヒマラヤ回想 S氏写真展3 | トップページ | ヒマラヤ回想 S氏写真展5 »

2016年8月27日 (土)

ヒマラヤ回想 S氏写真展4

ゴーキョ・ピーク・トレッキング(20日間)参加の鈴木さんからいただいた写真を掲載しています。カトマンズといえば騒音、排気ガスの混濁した街というイメージですが、一方、王宮や寺院、ヒンドゥー教や仏教などの宗教国の側面も見逃すことができません。カトマンズの別一面、静粛な世界に引き込まれました。

01

02

03

04

05

06

07

08
 「河口慧海」のパネルはどこにあったのでしょうか、ヒマラヤ蕎麦を食べている時間があったのなら、是非見たいと思ったのですが、この年の年末に河口慧海の足跡を辿りつつヒマラヤで年を越すことになるとは思いませんでした。

 

10
     

12
       

13
    

14
     

15
     

16
 ネパールは産業がなくエネルギーもなくとても貧しい国です。また政治もマオイスト(毛沢東主義者)に支配されて混沌としています。それでも行くたびに、カトマンズの混沌とした活況、暮らす人々の生き生きとした表情に驚かされます。

|

« ヒマラヤ回想 S氏写真展3 | トップページ | ヒマラヤ回想 S氏写真展5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤ回想 S氏写真展3 | トップページ | ヒマラヤ回想 S氏写真展5 »