« ヒマラヤ回想 マドンナさん挑戦記 ゴーキョ | トップページ | ヒマラヤ回想 S氏写真展1 »

2016年8月19日 (金)

ヒマラヤ回想 マドンナさん挑戦記 馬上トレッキング

マドンナさんはゴーキョピークを目指した後、体調と相談して遠征チーム一行とは別行動をとり、ゴーキョからルーザを経由してホテル・エベレスト・ビューに到着したそうです。そこでチームと合流しカトマンズへと向かいました。

01
 シェルパ頭と高橋隊長と共に先頭を歩くマドンナさん。北海道の山岳部で鍛えた体力で自信満々だったのですが。ヒマラヤの恐ろしさを体験するとは。

02
 “彼リンジーと二人、チームと離れて下りました” 気のせいか唇の色が紫色っぽいですね。体力に任せてペースアップしてしまうと逆に高山病になってしまうという私と同じ体験をしてしまったようです。共に初ヒマラヤで苦い経験をしてしまいましたが、後々のヒマラヤ歩きのためにはいい経験でした。

03
 “ゴーキョ到着!!が、先はまだまだ長かった・・・” 気のせいか、顔も腫れぼったいですね。遠征チームの皆さんの後日談では、程度の差はあれ誰もが高山病になり、頭痛や不眠、食欲不振(私はこれが顕著でした)はあたりまえ、何回もヒマラヤに行っている人でも顔が腫れたということでした。

04
 300ドルのお馬さん!!トレッキング”  “お馬さんトレッキングですが、もっと凄いところも通りました。最初は、馬に乗って、この下りを下れるのだろうか・・・??怖いのじゃないか?? 不安がありましたが・・・驚いたことに(私の適応力にです)なんともなかったです。自画自賛ではないのです・・・ほんとに驚いているのです、今でも。目線が高くなった分、景色が良かったですよ。往路とは違った景色に見えました。” 

05
 “・・・私は、エベレストビューHに3泊もしてしまいました!!そのうちの一日は、何と!!貸切状態で、翌朝のエベレストの眺めは素晴らしかった^^です。テラスでミルクティーを頂きながら、その眺めを独り占めと言う幸運は千載一遇でしょうね^^” 

06
 このエベレストと向かい合っていたわけですね。ルート変更は残念だと思いますが、結果として個人ガイドでトレッキングができるなんて何て贅沢な。しかもホテル・エベレスト・ビューに連泊するとは。

07
 後日私も体験したことですが、ヒマラヤトレッキング、特にエベレスト街道のトッレキングの特徴は、何回も繰り返されるアップダウンです。一つ山を越えたかなと思うと川を渡るために谷底に下り、川を渡ったらまた次の山を目指すということの繰り返しで、かなり体力が奪われました。

08
 “道草を食う??? よりによってこんなところで。”

09

10

11
 排気ガスと騒音、ルールなしの交通ルール、14時間停電の街カトマンズですが、とても懐かしく、居心地の良さを感じてしまいます。

12
 2011.6.12撮影:北海道~沖縄の途中、羽田で合流) マドンナさんからのメッセージ “今回は、自分でも驚くことが沢山ありました。高山病になり苦しいこともありましたし、お馬さんのお世話にまでなったのにモチベーションがちっとも低下しなかったんです。こんなこと、未経験です。ヒマヤラの美しい景色のおかげか・・・遠征チームの素晴らしさか(*^^*)・・・。何度も言うようですが、本当に素晴らしい”山旅”でした。” 

 

マドンナさんからの画像とメッセージに大きな刺激を受けました。チームから離れての個人旅行は、私もその後のアルプストッレキングでもヒマラヤトレッキングでも真似させていただきましたし、エベレスト街道の帰路は馬上トッレキングで下りました。

|

« ヒマラヤ回想 マドンナさん挑戦記 ゴーキョ | トップページ | ヒマラヤ回想 S氏写真展1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤ回想 マドンナさん挑戦記 ゴーキョ | トップページ | ヒマラヤ回想 S氏写真展1 »