« アルプス回想04 トレッキングスタート | トップページ | スペインへ »

2016年9月 8日 (木)

アルプス回想05 リゾート列車

私の膝の状態からみて、1日置きに待避できるといいのですが、これから3日間は山の中に入るため交通機関が一切使えないということで、私はカミさんとひとまずシャモニーに待避し2日後(6/29)にクールマイユールで合流することにして、ここで井本本隊の皆さんとは別行動をとることにしました。

01
 トレッキング2日目はノートルダム・ゴルジュからボンノム小屋までの9.0kmの行程でした。

02
 “マイティーチャー”と“Beeさん”とカミさん、3人娘?は、とにかく元気溌剌でしたが、私は膝の状態が思わしくなく、皆さんとは別れてシャモニーへと待避することにしました。以下の画像は井本さんからいただいた本隊の様子です。

03

04

05

06

07

08
 この日最大の難所ボンノム峠を越えたバンザイでしょうか。おめでとうございます。

09
 私とカミさんは本体とは離れてシャモニーへと移動しました。ホテルから最寄りの鉄道駅までは親切な運転手さんが、列車の時間(2時間に1本)に間に合わないといけないとばかり、細い山道をすっ飛ばしてくれた上、切符まで買ってくれました。

10
 ラッキーなことに、最寄り駅(SAINT GERVAIS LES)の鉄道は“モンブランエクスプレス”というリゾート列車でした。こんな列車に乗ってみたかったので得した気分でした。待避ルートとしてはいいかもしれません。

11
 改札は、駅のホームやいたる所にある改札機で手軽にすることができました。これも運転手さんに教えてもらいました。カミさんと二人の個人旅行のようになりましたが、これはこれで楽しく最も印象に残った思い出となりました。

12
 隣のボックス席には、登山姿の若いイケメンがいて、カミさんがチラチラ見ていました。一人でモンブランにアタックするのでしょうか、かなり緊張している様子でした。

13
 車内は明るく、乗客も観光客が多く、華やいだ気分でした。

14
 車窓も広く、車内からもモンブランやアルプスの山々をみることができました。

15
 40分間の乗車でシャモニーの中心地にあるシャモニーモンブラン駅に到着しました。この駅からホテルまでは歩いて15分くらいで、11時にはホテルに着き、とりあえず安静状態に入りました。

 

井本本隊とは別れてカミさんとシャモニーへと待避しました。おかげで高原列車に乗って、アルプスの景観を楽しむことができました。たまには本隊と離れての別行動もいいものです。

|

« アルプス回想04 トレッキングスタート | トップページ | スペインへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルプス回想04 トレッキングスタート | トップページ | スペインへ »