« スペイン紀行06 生ハム事情 | トップページ | スペイン紀行08 ドライバー事情 »

2016年9月30日 (金)

スペイン紀行07 ラ・マンチャの風車

9/11(日) マドリッド二連泊して、長旅の疲れを癒やしつつたっぷりと観光した後、ラ・マンチャ地方へと南下しました。

01dsc06135
 07:39 朝目覚めて朝食前の集合時、5人組の張り切りレディたちの音頭取りでラジオ体操(リーダーはヨガ体操といっていましたが)が始まり、戸惑いながらも全員朝の体操をしたのでした。ヒマラヤトレッキングなどでは出発前のストレッチはよくあることですが、観光ツアーでこういうケースは初めてでした。グループの結束力がより強くなりました。

02dsc06158
 私たちを乗せたバスは、この日の最終目的地セビリアに向け、高速道路を快走しました。この日は約600kmくらいのバス移動でした。

03dsc06171
 とりあえずの目的地はスペイン中部のラ・マンチャ地方で、ラ・マンチャとは乾いた土地という意味だそうで、乾燥して樹木の少ない高原です。

04dsc06174
 スペインで意外だったのがトイレが少ないことでした。公衆トイレは皆無で、役所でもトイレのない所もあるとのことでした。高速道路にあるサービスエリアは貴重な存在で、2時間半くらい走ってトイレ休憩となりました。

05dsc06183
 ラ・マンチャ地方は、セルバンテスの「ドン・キホーテ」の舞台になりました。高速道路沿いにドン・キホーテが立っていました。

06dsc06188
 遠くから見ると突如として牛が出てきて、闘牛の何かかなと思っていましたら、牛の黒い看板で闘牛とは関係ないそうです。スペインの主要な道路脇に点在していて、「オズボーンの雄牛」といわれ、シェリー酒からワインまで手がけている「オズボーン社」の広告とのこと。高さ14mもあるそうです。

08dsc06194
 古い街並みに入りました。両脇に土壁の家が並んでいました。またまたタイムスリップしたような雰囲気でした。

09dsc06191
 古い街並みを抜けると、前方の高台に風車が見えてきました。

10dsc06200
 バスは風車の高台に向かって緩やかな坂を上って行きました。眼下には、褐色の大地に白い壁が目立つ街並みが広がっていました。

11dsc06201
 羽根というか翼というか、を休めている風車が目の前に現れました。

12dsc06209
 高台には5基の風車がありました。この風車は、かつては粉ひきに使われていたものですが、現在は「ドン・キホーテ」の舞台になったことから観光用に保存されています。

13dsc06211
 風車の羽根は木を組み合わせたものです。これが風に煽られて回転したらかなり迫力があると思われ、これに立ち向かったドン・キホーテは勇者でもあり、ちょっと滑稽でもあります。ドン・キホーテを描いたセルバンテスの「ラ・マンチャの男」は、ブロードウェイでも日本でもロングランを続けました。何者かにひたむきに立ち向かう姿が感動を呼んだということでしょうか。

14dsc06214
 5人組レディと一人参加のHitomiさんはどこへ行っても賑やかでした。5人組は、大手化粧品会社営業部門の仕事仲間とか、道理で。

15dsc06232
 風車の一つは店舗になっていました。

16dsc06224
 狭い店内には観光客、ほとんど女性で一杯でした。

17dsc06226
 店内に階段があり、上ってゆくと木製の歯車があり、風車が回るメカニズムがわかりました。

18dsc06217
 この辺りは標高700m、乾燥し夏は40℃にもなることがあり、冬は-20℃にもなるという厳しい気候の地域です。

19dsc06218
 強烈な太陽が降り注いでいて、目を開けていられないくらいでした。

20dsc06233
 ドン・キホーテが、怪物と間違えたのも肯けるようでした。強い日射しにも冬の寒風にもめげず立ちつくす風車は、健気でもあります。

 

厳しい気候と褐色の乾いた大地、広大な平原に白壁の町や村が点在していて、スペイン中部独特の光景を見ることができました。

|

« スペイン紀行06 生ハム事情 | トップページ | スペイン紀行08 ドライバー事情 »

コメント

ご無沙汰しております。約1年ぶりですね。
今年は暖かい季節にと思い、昨年より1カ月早い9月上旬に立山に登ってきました。今年もガスって剣岳は眺望できず残念でしたが、温かく、雄山ではお祓いを受けました。
剣岳を眺望できるまでは立山に上がりたいと思っております。
お元気そうで何よりです。プログはいつも楽しく拝見しております。

投稿: | 2016年10月 1日 (土) 22時23分

ご無沙汰しております。投稿ありがとうございます。
立山行かれたのですね。羨ましいです。
実は、10/4からみくりが池温泉に3連泊の予定で予約していたのですが、台風18号が日本列島上陸の可能性があるということでキャンセルということになりました。最も楽しみにしている計画ですので残念ですが、来年を楽しみにしています。
ところで、広島カープ優勝おめでとうございます。そちらは盛り上がっているでしょうね。10/25には、紅葉にはちょっと早いのですが広島の友人と厳島神社の登山に行く予定にしております。
いつか剱岳の勇姿をご覧になれるといいですね。それではまた。

投稿: はんちゃん | 2016年10月 2日 (日) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイン紀行06 生ハム事情 | トップページ | スペイン紀行08 ドライバー事情 »