« スペイン紀行17 アルハンブラ宮殿 | トップページ | スペイン紀行19 トラブル »

2016年10月15日 (土)

スペイン紀行18 バレンシア・パエリア

9/13(火) アルハンブラ宮殿を観光した後、バスでバレンシアへと向かいました。

00map3
 グラナダからバレンシアへは、地中海を右手に見て北上するルートでした。

02dsc07398
 アルハンブラ宮殿近くのホテルからバスにより、高速を走りました。

03dsc07371
 グラナダを出発して、道々見えた街並みの上空には秋を思わせるような筋雲が流れていましたが、気温は30度以上でまだまだ暑い気候が続いていました。

04dsc07411
 大まかなルートは地中海と並行しているのですが、乾燥した丘陵地帯も走りました。

05dsc07419
 14:00過ぎに昼食となりました。メインはローストチキンでこれがとても美味しく、ツアーで食べた食事では一番美味しかったのでした。

06dsc07420
 飲み友4人組は同じテーブルに着くようになり、次第に酒量が増えました。ワインやビールの瓶がボーリングのピンのようになりました。

07dsc07423
 食事をしたドライブインのメニューを見ると、美味しかったローストチキンが5.8ユーロ(600700円くらい)でしたので安く感じました。

08dsc07428
 必ず目にする生ハムのブロック(プロシュート)を見る度に買って帰りたかったのですが、必ず羽田でストップがかかると思われ諦めました。

09dsc07433
 食事をしたドライブインから見たルービックキューブのような建物はホテル。色彩感覚豊かなこの国ならではです。

10dsc07493
 時々、地中海が見えました。そして海に面してリゾートマンションなどが建ち並んでいました。

11dsc07523
 バレンシア市内に入ると一気に大都会の景色になりました。

12dsc07532

13dsc07535
 バレンシアは、バレンシア州の州都で港湾都市です。人口は80万人で、マドリードとバルセロナに次いで3番目に大きな市です。

14dsc07545
 19:20 レストランに到着しました。ガラス張りとなっている厨房を覗くと大きな鍋にパエリアが美味しそうに湯気を立てていました。パエリアは、米どころとして知られるバレンシア地方発祥の食べ物で、「パエリア」という言葉はバレンシア語で「フライパン」を意味するそうです。

15dsc07547
 前菜は普通のサラダでしたが、これがきちんと美味しかったです。

 

16dsc07549
 ここでも飲み友4人組は同じテーブルにつきました。

17dsc07552
 私たちツアー仲間分のパエリアができあがりました。これで何人分あるでしょうか。

18dsc07553
 自分の分は自分で大鍋から取り分けるのかと思ってましたら、店のスタッフが盛りつけてくれました。味は美味しく満足しました。

19dsc07554
 私たちが食事をしている間、豪雨と雷にビックリしましたが、食事が終わる頃雨は止んでいました。表に出ると、落雷か強風か太い木の枝が折れていました。

20dsc07559
 21:57 食後ホテルに戻った後、すぐ近くのスーパーに最後の買い物に行きました。

21dsc07558
 やはり生ハムコーナーが人気で、私も生ハムを追加購入しました。

22dsc07560
 最後の買い物の最後のレジは、余った現地通貨ユーロで支払い、不足分をカードで決済するとか、皆さんそれぞれ工夫していました。

 

初めて食べた本場パエリアは、サフランがたくさん使われているようでさすが本場と思いました。パエリアは日本のレストランで食べることもあり、また自分で作ることある食べ物ですが、スペインでも美味しく、日本でも美味しく、お米の味はあまり違いはありませんでした。要は、具にどれほどお金をかけるかによるという当たり前のことがわかりました。

|

« スペイン紀行17 アルハンブラ宮殿 | トップページ | スペイン紀行19 トラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペイン紀行17 アルハンブラ宮殿 | トップページ | スペイン紀行19 トラブル »