« アルプス回想09 足慣らし | トップページ | アルプス回想11 クールマイヨール »

2016年11月16日 (水)

アルプス回想10 井本チーム

トレッキング3日目。私がシャモニーでノンビリとしている間に井本チームの皆さんは、着々とアルプストレッキングの歩を進めていました。以下は、井本隊長からいただいたトレッキングの様子(画像)です。

01
 早朝のボンノム小屋、皆さん元気そうです。

02
 6/28、元気な足取りで、緑の丘と青空に向かって歩き始めています。

03
 今回はアイゼンを用意していったのですが、実際にはアイゼンは使用しないという説明がありました。ここはアイゼンなしで雪渓渡りをしたようです。

04
 両側をアルプスの山に囲まれ、気持ちいい風に吹かれてのトレッキングはさぞかし気分いいでしょうね。

05
 牛の首に付けたカウベルやサウンドミュージックのBGMが聞こえてくるようです。

06
 一見のどかに見えますが、後日皆さんに聞いた印象ではこの日が一番きつかったとのことでした。

07
 フランスとイタリアの国境セーニョ峠(2,516m)を越えたのでしょうね。おめでとうございます。

08
 エリザベッタ小屋の食事。栄養が摂取できそうでした。

09
 エリザベッタ小屋は、ツール・ド・モンブランでは要所の小屋で、誰もが必ず泊まる小屋だそうです。シャワーが順番待ちで、お湯が出なかったりと不便だったようですが、最も山小屋らしいといえそうです。何より、ここに至る風景、国境を越える苦しさと充実感が味わえる地点のようでした。

10
 トレッキングの4日目。朝明けたばかりのコンバル湿原。

11
 昨晩宿泊したエリザベッタ小屋。ここから4日目のトレッキングがスタートしました。

12
 エリザベッタ小屋に迫る氷河が涼しげでした。

13
 澄んだ水と山々の間を思い思いに歩く幸せが感じられました。

14
 後ろの山はグランド・ジョラスでしょうか。尾根の急登を登り終えた満足感でしょうか、皆さん嬉しそうです。

15
 クールマイヨールへの下り道は足取りも軽く。

16
 高山植物も皆さんの頑張りを祝福しているようです。

17
 この日のトレッキングもゴールに近く、ニコニコ顔でした。

|

« アルプス回想09 足慣らし | トップページ | アルプス回想11 クールマイヨール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルプス回想09 足慣らし | トップページ | アルプス回想11 クールマイヨール »