« 鳥取・バス旅 | トップページ | 鳥取・因幡の白兎 »

2016年11月 8日 (火)

鳥取・磯歩き

10/26(水)、広島から中国地方を横断して鳥取に着きました。鳥取駅にはリコピンが車で迎えに来てくれました。

01dsc09011
 リコピンの運転で向かった先は、鳥取砂丘の先にある浦冨海岸でした。空にはどんよりとした厚い雲がかかり、海の色も灰色で、浜辺に打ち寄せている波も寒く冷たそうでした。

02dsc09029
 浦冨海岸を見下ろすかのように荒砂神社がありました。この神社は7世紀後半に創建され、1572年には山中鹿之助が戦勝祈願したとか。山中鹿之助は私が好きな武将で、京都のお墓にお詣りしたことがあるのですが、鳥取県内にもお墓があるとか。思わぬ縁にビックリしました。それにしてもこの社が1300年もの間、潮風や風雪に耐えてきたとは驚きでした。

03dsc09016
 荒砂神社の足下には磯が広がっていて、押し寄せる波が岩を洗っていました。

04dsc09017
 好奇心の強い二人ですので、磯伝いに行ける所まで行ってみようと波が引いた瞬間に難所を越えたのですが。

05dsc09018
 リコピンの番が来て、波が引くタイミングを計っていました。童心に帰ったようでした。

07dsc09038
 鳥取県岩美町というこの辺りは、小さな半島のようになっていてぐるりと海に取り囲まれています。海を見下ろす道を、行ける所まで行ってみようと車を走らせると所々で景勝が現れました。

08dsc09041
 海辺へ降りて行けそうな所では車を止めて浜へと降りました。小さく突き出た岩場が見えましたので、行ける所まで行ってみようと。

 

10dsc09049_2
 浜辺を歩いていて、リコピンは貝か何かを拾っているのかなあと思っていたのですが、流れ着いたゴミや捨てられたゴミを拾い集めていました。リコピンらしい!

11dsc09051
 磯伝いに歩いて行くと、先へ進めば進むほどさらに先に進みたくなるような景色だったのですが、この先には進めませんでした。

12dsc09054
 サスペンスドラマの終盤のクライマックスに出てくるような景色だねとか、二人で勝手なことを言い合って、ほとんど人影が見えない磯歩きを楽しみました。

13dsc09058
 再び車に戻り、眼下の景観を楽しみながら海沿いの道を走りました。

14dsc09063
 やがて、砂丘に出ました。

15dsc09066
 日本海に沈む夕陽を見たいと思ったのですが、どんよりとした空模様で、夕陽は期待できませんでした。

16dsc09072
 ひときわ高く砂が隆起したような「馬の背」に行ってみようと歩き出したのですが、残念ながら小雨が降ってきて引き返しました。

17dsc09074
 車に戻ると同時に雨脚が激しくなり、夕陽どころではありませんでした。翌日再挑戦することにしました。

18dsc09075
 リコピン邸に戻りました。この日はリコピン邸に泊まらせてもらうことになっていました。家ではハナちゃんが待っていて、散歩に連れて行くということでしたので、私もお供をしました。ハナちゃんは見知らないおじさんが一緒でしたので興奮していました。

19dsc09076
 リコピンのご主人様には申し訳なかったのですが、二人で山陰の海の幸を味わいに出かけました。ご主人様は自炊したそうで申し訳ありませんでした。

20dsc09077
 つまみにオーダーした鳥取の地元産のラッキョウ、とても美味しかったのでした。リコピンも自分でラッキョウを漬けて、時々送ってくれるのですが、そのリコピンも感心していました。

21dsc09083
 私はビールの後、日本酒をチビチビやっていたのですが、リコピンはいきなりご飯セット。

22dsc09079

23dsc09080

24dsc09084
 この居酒屋はリコピンのご主人様に教えていただいたのですが、予約が取りにくい店だそうで、刺身の盛り合わせ、海鮮サラダ、揚げ出し豆腐、白子の紅葉おろし、鶏のタタキ、どれをとっても美味しく、料理を味わいながら、リコピンはご飯を、私は日本酒を、話も弾み、6時入店で気がついたら10時になってしまいました。お酒を飲まない相手と4時間近く居酒屋にいたのは初めてでした。

 

リコピンとは、広島のMさんや岩国のママさん同様20年近くにもなるビジネス仲間でもあり友達でもあります。鳥取に行くときはいつもリコピン邸に泊まらせていただいていますのでホームステイ気分です。岩国のママさんのサロンといい、鳥取のリコピン邸といいありがたいことです。(余談ですが、犬のハナちゃんの散歩コースになっているリコピン邸の近くに自民党国会議員の石破茂邸がありました。想像に反して質素な邸宅でした。今回初めて知りました。)

|

« 鳥取・バス旅 | トップページ | 鳥取・因幡の白兎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥取・バス旅 | トップページ | 鳥取・因幡の白兎 »