« ヒマラヤ回想Ⅱ07 リゾートロッジ | トップページ | ヒマラヤ回想Ⅱ09 初詣・初日の出 »

2016年12月20日 (火)

ヒマラヤ回想Ⅱ08 山岳ドライブ

1/4(水)、専用車でナウリコットからポカラに向かいました。楽しみにしていた山岳ドライブが始まりました。

01
 8:52 お世話になったタサンビレッジともお別れです。支配人(社長さんの弟さん)から祝福の白いシルクのマフラーを贈られました。

02
 8:54 頼もしい専用車でしたが??? 背もたれシートが車のスピードが減速されるたびに背中に倒れかかってくるために、縦揺れ横揺れの他に、足も踏ん張らなければならず、疲れるのなんの。

03
 9:10 道がでこぼこで、想像以上の縦揺れだけではなく、左の崖っぷちを見るたびにヒヤヒヤ。予想通りのヤバイ道でした。

04
 9:39 ところどころで停車して通行チェックを受けました。

05
 9:56 ポカラへの道はカリガンダキ川に沿って続いていました。

06
 10:40 日産車に遭遇。

07
 11:00 村と村をつなぐ路線バスも結構走っていました。

09
 11:08 ところどころにロッジやレストランがありました。

10
 11:41 途中のレストランで昼食にしました。院長さんは車に酔ったようで、最初はビールを飲まないといっていたのですが、私が飲んでいるのをみて、結局3人で乾杯ということになりました。

11
 12:12 家族総出でアットホームなレストランでした。皆働き者でした。

12
 12:39 ガーリックスープ、ピザ、ベジタブルヌードルどれも美味でした。特に、ヒマラヤではガーリックスープは高山病対策にいいといわれていますのでよく飲みました。

13
 13:09 再び走り出して間もなく、またまた関所のようなチェックポイントが現れました。

15
 13:12 運転手は20代の若者で、とにかく飛ばすことと追い抜くことが生き甲斐のようで、オイオイという場面が何回もあり私たちの方が力が入りました。

16
 13:36 狭い道も狭い吊り橋も早い者勝ちでした。

17
 14:39 馬も車も混然と歩いたり走ったりしていましたが、渋滞することなく何となく通り抜けできてしまいました。

18
 14:43 工事のトラックが道を塞いでいて大型バスが通り抜けできずストップしていました。私たちの専用車は、ガイドのスディールさんがギリギリのスペースを誘導して何とかスリ抜けることができました。あの工事車と大型バスはどうなったのでしょうか。東京でのツアー説明会で、この道程は何時間かかるかわかりませんと言っていた意味がわかりました。

   

19
 17:10 ほぼ8時間で無事にホテルに到着しました。私たちはかなりクタクタになり、山岳ドライブの醍醐味を十分堪能させてもらいましたが、もう二度と同じ経験はしたくありません。もし次の機会があれば8,000円払っても飛行機にしようと思いました。しかしその飛行機も飛ぶ確率は5割だそうです。イヤハヤ!

|

« ヒマラヤ回想Ⅱ07 リゾートロッジ | トップページ | ヒマラヤ回想Ⅱ09 初詣・初日の出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤ回想Ⅱ07 リゾートロッジ | トップページ | ヒマラヤ回想Ⅱ09 初詣・初日の出 »