« 往く年来る年Ⅲ | トップページ | 往く年来る年Ⅴ »

2016年12月28日 (水)

往く年来る年Ⅳ

5月広島・九州周遊

5/7(土)から5/13(金)の7日間、広島を経由して九州に渡り、鹿児島まで縦断するという広島・九州周遊の旅に出発しました。広島での楽しみは2年ぶりとなる親しい友との再会でした。

5月広島

01_2
 5/7(土) 広島の仲間と2年ぶりに再会して宮島に向かいました。フェリーが港に着くと大急ぎで鳥居の処まで行きました。この日は大潮で、しかも時間帯は干潮。

03_2
 弥山の山頂で。岩国のママさんは、富士山に登頂したときと同じくらい元気で、ノリがいい人なのです。

05_2
 厳島神社の本殿に参拝しました。正面には緑青塗りの引き違いの菱形の格子戸がはめられた本殿には “三女神” が祀られています。この美しさは、縦と横の直線が織りなす機能美というのでしょうか。

06_2
 5/8(日) 宮島での登山を終え、岩国のママさんのサロンに宿泊させていただいて、次の目的地九州・博多へと向かいました。Mさんと岩国のママさんも一緒に、3人でドライブがてら博多へ。宮島観光のガイドと博多までの運転をしてくれたMさんもようやく大好きなビールを飲めるようになりました。

07_2
  何となく見覚えのある顔が、博多のももちゃんでした。2年前に仕事で博多に来たときにここ稚加栄で飲んだときのことを思い出しました。

08_2
 2014.2撮影) 前回、この店に来たときお相手をしてくれました。嬉しいことにその事を覚えていてくれました。毎日たくさんのお客さんと対応していてしかも2年前のことを覚えていてくれるなんてちょっと感激でした。その時は、見送ってもいただきました。

09_2
 台風の影響でJRが普通になるなどのトラブルに見舞われながら、レンタカーを借りて何とか高千穂峡に着きました。辺りには人影が見えず、霧雨が降っていて、深閑とした雰囲気はとてもいいものでした。

10_2
  「西宮本殿」ではお祓いを受けました。この本殿の裏側に天岩戸があり、お祓いを受けた後裏手へと入ることになっていました。この本殿の裏側に入ったらカメラ撮影は絶対にダメと念を押されました。

11_2
  天照大神が天岩戸に籠もったとき、八百万の神が集まったといわれる「天安河原(あまのやすがわ)」。鳥居の内側から洞窟の表の方を見ると、“なるほど、ここに八百万の神が集まったのか” 。

13_2
 5/9(月) ホテル高千穂に宿泊し、「高千穂の夜神楽」を見ました。夜神楽には33番(テーマ)あり、本来の夜神楽はその33のテーマを夜を徹して舞うそうで、踊り手も大太鼓を叩く人も見る人も大変そうです。舞台では、手力雄が岩戸を取り除い天照大神を迎え出そうとしていました。

14_2
 最後に夫婦円満の舞いとなり、イザナギとイザナミがそれぞれ好みの女性や男性に言い寄り、それぞれがヤキモチを焼くといったシーンが何回か繰り返されましたが、最後は夫婦円満でした。

 

5月鹿児島

15_2
 5/11(水) 待ちに待った霧島登山の日となりました。前日の雨は上がり、天気は回復に向かうという予報でしたが霧の発生が心配されました。登山口への道がわからなくて困っていたところ、霧島神宮前派出所のお巡りさんがパトカーで誘導してくれました。

16_2
 おまけに霧島山頂まで連れて行ってもらうことになりました。お巡りさんは、時々振り返っては “急がないでマイペースでいいですよ” と言ってくれるのですが。油断をしているとすぐに霧の中に入ってしまい、ついて行くのが大変でした。

17_3
 ここが高千穂峰の山頂、ゼーゼーいいながら着きました。山頂は霧がすっかり晴れていました。高千穂峰は坂本龍馬がおりょうさんと二人で登った山で、それが日本で最初の新婚旅行とも言われています。坂本龍馬が引っこ抜いたという逆鉾が天を突いていました。

18_2
 下山の途中に初めて、登ってくる人に会いましたので、お巡りさんとのツーショットの写真を撮らせてもらいました。

20_2
 日本最南端の駅・西大山“で6年前(20106月)Tomoeさんに出会いました。その時には小雨のために開聞岳を見ることができませんでしたが、2回目の今回は見ることができました。Tomoeさんは、今頃ママさんになっているのかなと思っています。

22_2
 霧島を6時半頃出発して3時間半くらいで枕崎駅に着きました。終着駅は始発駅でもあり、始発駅は終着駅でもあります。指宿・枕崎線の枕崎から宗谷本線稚内駅までの距離は3144.5kmとのこと。

23_2
 1998年にモルディヴで出会って、その後十数年前にご夫妻と1回、10年くらい前に朝ちゃんと1回会っていますので、朝ちゃんとは10年ぶりの再会ということになりました。再会するまでは心臓がドキドキしていたのですが、乾杯してすぐにリラックスして友達気分となりました。

24_2
 5/13(金) 7日間の広島・九州周遊も最後の日となりました。前日久しぶりの再会で盛り上がり、かなり飲んでしまったのですが、朝ちゃんは颯爽と愛車、それも外車でホテルに迎えに来ていただきました。

25_2
  朝ちゃんの運転で桜島一週、桜島観光で一番気になっていたのが降灰でした。朝ちゃんはしっかりと準備してきていました。風向きによっては大変なときもあるし灰がたくさん降るときもあるし、今の時期は比較的大丈夫とのことでした。

31_2
  ずーっと車を運転していただき、飛行場まで送っていただきました。いくら感謝しても感謝したりません。そしてお別れがやってきました。

34dsc05324
 朝ちゃんは、11/1611/24の期間スペインに行っていました。国際結婚をしてスペインに嫁いでいる妹さんと姪っ子さんに会いに行ったとか、今年の2月に次いで今年2回目のスペイン行きでした。11/24 エールフランス274便で19:25羽田着ということで、国際線ターミナルへ出迎えに行きました。スペイン・マラガ~パリ~羽田というルートで、予定より少し早く到着しました。鹿児島に戻れば仕事が待っているということで、帰路はビジネスクラスで戻ってきたせいか長距離フライトにもかかわらず元気そうな顔で、たくさんの荷物と共に到着ロビーに現れました。今年の5月に鹿児島でとてもお世話になって以来半年ぶりの再会でした。

36dsc05327
 羽田からは国内線に乗り換えて鹿児島に戻りますので、この日は空港内のホテルに宿泊しました。ホテルにチェックインした後、無事の帰国をお祝いして乾杯しました。好物の生ハムをお土産にいただきました。いろいろ土産話も聞きたかったのですが、長旅で疲れているようでしたので30分くらいお話をして別れました。翌日(11/25)羽田発10:15発に乗って12:10無事に鹿児島に到着しました。束の間の再会でした。

|

« 往く年来る年Ⅲ | トップページ | 往く年来る年Ⅴ »

コメント

あけましておめでとうございます!
今年もブログを続けてほしいです(^^)
私も旅をしている気分になれます。
まだまだ旅行とは縁遠い生活を送っていますがいつの日か!のための参考にさせていただきます(^^)

さて私ごとですが、9/15、一卵性の双子の旦那との間に、一卵性の双子の息子が誕生しました(笑)
毎日怒涛の日々を送っています(;_;)

投稿: Tomoe | 2017年1月 7日 (土) 10時30分

Tomoeさん ヤッター!! おめでとうございます。
いきなり、二児のママさんですね。男の子さんですからきっと元気で大変でしょうね。それでも日々成長して大きくなるでしょうし、これからが楽しみですね。
ご主人様が一卵性ですと生まれてくる子どもさんも一卵性という可能性が高いのでしょうか。まあそれはともかくとしておめでたい便りありがとうございます。
今年もいい年でありますようにお祈りします。
寒い日が続きますが、ママさんが体調崩すと大変でしょうから、お身体ご自愛下さい。

投稿: はんちゃん | 2017年1月 7日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 往く年来る年Ⅲ | トップページ | 往く年来る年Ⅴ »