« 回想ヒマラヤⅢ06 チャムジェ(1,380m)へ | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ08 チャーメ(2,670m)へ »

2017年1月29日 (日)

回想ヒマラヤⅢ07 ダラバニ(1,860m)へ

3/20(火) トレッキング3日目、この日も谷底に下りまた上り返すというアップダウンを繰り返した1日でした。朝7:30に出発し、15:00に目的地に到着しました。昼食や休憩時間を入れて7時間半の行程でした。なかなか雄大な景色にお目にかかれず歩け歩けの毎日が続きましたが不思議と飽きませんでした。

01
 ヒマラヤ山中に分け入って歩いているという感じで、周りを見上げても山に取り囲まれていて、なかなか展望が開けてきませんでした。

02
 エベレスト街道に比べるとラウンドアンナプルナのルートはトレッカーは少なく、歩いている人も少なく、馬やロバが一番多く目につきました。どんな険しい道、難路でも馬やロバは黙々と荷を運んでいました。

03_2
 休憩時間には個人ポーターさんがそばに寄り添って何かと面倒をみてくれました。

04
 折角標高を稼いだと思ったのにまたまた河原に下りました。ここでは珍しく何人かの外国人トレッカーと一緒になりました。

05
 河原をしばらく歩くと案の定、吊り橋でその橋を渡った先からは山裾を上りました。

   

06
 HOTEL THE SEVEN というロッジに到着しました。ここは部屋が広くトイレ付きでしたのでゆっくりと寛ぐことができましたが、床がコンクリートの打ちっ放しで冷気がしんしんと迫ってきてとても寒く感じました。

   

07
 ガイドやポーターさん達スタッフの皆さんも一仕事終えて寛いでいました。

   

08
 同宿したフランス人ご夫妻とはこの後行く先々で顔を合わせました。ラウンドアンナプルナに出かけてくる人は国籍別ではフランス人が一番多いとのことで、たしかにフランス人を多く見かけました。

|

« 回想ヒマラヤⅢ06 チャムジェ(1,380m)へ | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ08 チャーメ(2,670m)へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想ヒマラヤⅢ06 チャムジェ(1,380m)へ | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ08 チャーメ(2,670m)へ »