« あけましておめでとうございます | トップページ | 回想:院長さんの西遊記01 大晦日 »

2017年1月 3日 (火)

回想:マドンナさんのネパール便り

カラパタール

2回のヒマラヤ行きによっていろいろな人と出会い、ネットワークが広がり、ヒマラヤについての情報が集まるようになりました。201110月にネパールに移住したマドンナさんもその1人で、2012年の2月から学校(留学)に通い始めました。マドンナさんは地の利を生かしてヒマラヤ歩きをしていました。ゴラバニ、カラパタール(5,545m)、トロンパス(5,416m)、ゴーキョ(5,360m)とヒマラヤを歩き回った記録の一部画像をいただきましたので、掲載させていただきます。1回目は、エベレスト街道の終点ともいえるエベレストベースキャンプ近くの“カラパタール”トレッキングで、エベレストが間近に迫っています。

01pa300132

02pb040161

03pb050190

06pb050197
 ヒマラヤに2回行ったとはいえ、せいぜい4,000m近くまでしか行ったことのない私には、目も眩むような眩しいヒマラヤの山々やエベレストでした。

ラウンドアンナプルナ

 

ラウンドアンナプルナというトレッキングは、日本からでかけますと全行程25日間という長丁場です。ハイライトはマナスル(8,163m)、アンナプルナ群やガンガブルナ(7,455m)を眼前に眺めることができること、トロンパス(5,416m)を越えて更に荒涼とした風景を眺めることができることなどです。

 

11pc010310

12pc010317

13pc020334
 マドンナさんの情報に刺激され、結局20123月中旬に3回目のヒマラヤに出かけてしまったのでした。しかし、いただいた写真を見ながら5,000mを越える世界に足を踏み入れることができるのかとても不安になりました。

 

ゴーキョ

 

ゴーキョ(5,360m)もカラパタールに勝るとも劣らないエベレストの大展望台です。マドンナさんにとっては昨年の春に続いて2回目で、今回はヒマラヤ山中で新年を迎えたとのことでした。

 

21pc270467_2

22pc300495_2

23pc300504_2

25p1010561_2
 帰りはカラパタールの高橋隊とホテルエベレストビューで合流し、アクシデントが発生したり、大雪が降ったり、ポカラからの飛行機が飛ばずに足止めをくったのもこの時です。そのあおりでカトマンズでの再会を果たすことができませんでした

 

ネパール生活

 

マドンナさんが部屋を借りている大家さんのご家族の結婚式に招かれたとのことです。マドンナさんが着ているのは、現地の方に貰ったクルタスルワールという衣装だそうです。

31p1190709

32p1190790

33p1210805
 マドンナさんから結婚式の写真について、メールをいただきましたのでコメントとして付記させていただきました。

 

 “結婚式の写真の中に花嫁さんが折り紙している写真があったと思います。私はご祝儀袋を持っていなかったので、持参した千代紙で袋を作って夫婦鶴をあしらって贈りました。花嫁さんはオーストラリアで歯医者をしているそうですが、折鶴を初めてみたそうです。教えて欲しいと求められ、結婚式の当日、その場でレクチャーしました。”日本の親善大使のようです。

 

ところでそのマドンナさんが期待を胸に、少し緊張しながら、2012.2/1(水)、ネパールの大学(大学名は聞き忘れました)に初登校したところ、ギュウギュウ詰めの教室で待たされたあげくプログラムは決まっていないので次週の月曜(2/6)に再び集まってくださいという説明があり、あっけなく散会したとのことです。日本や欧米であったら、授業料を返せとか大変な騒ぎだと思うのですが、“郷に入ったら何とやら”とはいいますが・・・さすがネパールです。これだけでこの国が嫌いになってしまう人もいるかもしれませんが、それでも惹きつける何かがあるのがネパールのようです。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 回想:院長さんの西遊記01 大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あけましておめでとうございます | トップページ | 回想:院長さんの西遊記01 大晦日 »