« 回想ヒマラヤⅢ23 ゴラパニ(2,853m) | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ25 シャウリバザール(1,220m) »

2017年3月 8日 (水)

回想ヒマラヤⅢ24 タダパニ(2,650m)

4/2(月)  トレッキング16日目、早朝プーンヒル(3,210m)に登り、朝食後石楠花の樹林帯を歩いてタダパニに向かいました。

01
 4:00に起き、05:00暗い中、ロッジを出発してプーンヒルに登りました。06:00に山頂に着いてみれば夜明けの光景を心待ちにしている人がたくさんいました。

02
 残念ながら、雲が多く朝陽に紅色に染まるはずの白い峰の姿を見ることができませんでした。さすがに標高3,210mの早朝は寒く、皆さん震えていました。標高差336mの早朝登山はかなりきついものでした。

03
 タダパニへの道は林道で、今までの道とはまた異なった趣でした。

04
 この石楠花を見ようという人が息を切らせながら上ってくる姿がぽつりぽつりとみられました。この見事な石楠花に陽が燦々と降り注いでいたら、遠くに白い峰を重ねてみることができたらと思いますと残念でした。

05
 この日の行程は、標高差200mを下りましたので楽なはずなのですが、アップダウンがある上に、トレッキング16日目ともなると何となく疲れがたまったという感じでした。おまけに午前中から雲が広がり、雨もぽつりぽつりと降ってきたりで、何となく沈滞気味でした。長い行程ではこういう日もあります。

06
 タダパニのロッジ゙は掘っ立て小屋のような感じで、トイレも屋外で遠く最悪でした。天気もあまりよくなく見通しも悪く気勢が上がりませんでした。

07
 一夜明けて、鈴木さんは何とかヒマラヤの夜明けを捉えようと朝早くからカメラを構えていました。

08
 これからどちらの方向に向かうのかわかりませんが、マドンナさんのように一人でトレッキングしているフランス人女性は、明るい笑顔を振りまいて張り切っていました。私たちも元気を出して最後のトレッキングに・・・。

|

« 回想ヒマラヤⅢ23 ゴラパニ(2,853m) | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ25 シャウリバザール(1,220m) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想ヒマラヤⅢ23 ゴラパニ(2,853m) | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ25 シャウリバザール(1,220m) »