« 回想ヒマラヤⅢ28 カトマンズ | トップページ | 大山詣り »

2017年3月18日 (土)

回想ヒマラヤⅢ29 マドンナさん

2012.4/6(金)  ツアー23日目は一日中カトマンズで自由行動でした。カトマンズ市内の主な観光スポットはほとんど見ましたので午前中は部屋でのんびりし、午後からネパールに留学中のマドンナさんと昼食と夕食を一緒にしました。

01
 マドンナさんと鈴木さんと3人で、マドンナさんとっておきの寛ぎのスポットで昼食をとりました。

02
 昼食後それぞれ記念写真?を撮って、この後どこか飲めるところで乾杯しようということになったのですが、鈴木さんの体調が回復しないために鈴木さんを送って一度ホテルに戻りました。

03
 鈴木さんをホテルに送り届けてから、改めてマドンナさんと二人で、ナポリ出身のイタリア人が経営する“ファイヤー&アイス”という店に行きました。本物のピザが食べられるということで人気があり、あっという間に席は埋まっていました。

04
 何はともあれ再会とラウンドアンナプルナ踏破を祝して乾杯しました。つまみにグリーンサラダをオーダーしました。マドンナさんが帰国してからも在住している旭川から上京したときはよく飲んだものでした。

05
 ビールの後は赤ワインでもう一度乾杯して、つまみにサラミやチーズをとりました。この店に坐ったのが16:00で、ワインのボトルも空になる頃、気が付けばすっかり日がくれて20:00近くにもなってしまいました。

06
だいぶ時間がたちましたので、勘定支払のために円と現地通貨のレート等勘定の計算をしてもらいました。

09201204
 話が弾んで随分飲んでしまって、日がとっぷり暮れて、カトマンズでの暗い夜道をどうしても一人でホテルまで帰ることはできず、情けないことにマドンナさんにホテルまで送ってもらいました。マドンナさんにはタクシーで帰ってもらいました。

久しぶりに会ったマドンナさんは、ネパール流の諸々に戸惑いながらも元気そうで、随分若返ったようにもみえました。語学留学はヒマラヤのトレッキングのためでもあるということで、これからのヒマラヤの話で盛り上がりました。ネパールにいるマドンナさんは、日本にいる山歩き愛好家にとっては大きな存在で、今秋にはマドンナさんの知り合いの方が10人くらい大挙してヒマラヤに行くそうですし、マドンナさんがネパールにいる間にヒマラヤに行こうと考えている人もいるようです。まるで日本とヒマラヤの親善大使のようでようで、もしかしてネパールに貢献しているのかもしれません。マドンナさんは今までエベレスト街道を歩きカラパタール(5,545m)やゴーキョ(5,360m)登頂し、ラウンドアンナプルナでトロンパス(5,416m)を越えていて、次はヒマラヤトレッキングの中で最も挑戦的といわれる“スリーパス越えと3大ピーク登頂(28日間)”に一人で挑戦するとか、いやはや留学中にエベレストまで登ってしまうかもしれません。その実行力・行動力・度胸の源は何だろうと思うのですが、いつもホンワカとした春風がそよそよと吹いているようで、それでいて存在感のある不思議な人です。

07
 一夜明けて4/7(土)いよいよ帰国です。鈴木さんも何とか自力で歩けるようにまで回復しホッとしました。

08
 すっかりお世話になったガイドのアンツェリンと個人ポーターのペンバ・シェルパさんが、さっぱりとした格好で私たちを迎えにきてくれました。そのままカトマンズ空港まで送ってもらい、私たちは機上の人となりました。

09
 タイのバンコク空港では4時間のトランジットがありましたので、いつものようにビールを飲み、好物のトムヤンクンラーメンを食べて、ほろ酔い加減で再び飛行機に乗り、予定通り10/8(日)6:00成田空港に到着しました。

 

長かったトレッキング25日間が終わりました。三度目のヒマラヤも無事に終わりました。

|

« 回想ヒマラヤⅢ28 カトマンズ | トップページ | 大山詣り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想ヒマラヤⅢ28 カトマンズ | トップページ | 大山詣り »