« 大山詣り | トップページ | わが故郷(ふるさと)ユートピア 文化祭 »

2017年3月21日 (火)

わが故郷(ふるさと)ユートピア 防災訓練

2017年の3月中旬、つい先日数十年住み慣れた横浜市の住宅街から相模原市の駅近マンションに引っ越しました。引っ越してまだ1週間くらいしか経っていないのですが、今まで住んでいた地がいかに素晴らしかったを思い知りつつある日々です。既に私の心の中では故郷(ふるさと)化しています。このブログは、日記でもあり、アルバムでもあり、「我が故郷」での活動記録でもあります。

01dsc09472
 横浜市には18の区がありますが、我が故郷は最もマイナーな区といってもいいかもしれません。私鉄沿線から徒歩2030分ほどの、かつては山林だった辺境に開かれた分譲地です。その名は「ユートピア分譲地」といい、最寄り駅は相鉄線の「希望ヶ丘駅」です。画像はユートピア分譲地のメインストリートで、この通りを挟んで12班、250世帯が暮らしています。どういうわけか平成254月から273月迄の2年間自治会長(前任会長による強い説得)をお引き受けし、その後も街づくりや様々な形で自治会活動に関わりました。晩年のこの数年の活動は私の人生に大きな彩りを添えてくれました。

02dsc09477
 ユートピア自治会(および周辺の自治会を含む連合自治会)は、全国有数の活発な自治会活動を展開しているとも言われています。中でも傑出しているのが住民の1~2割くらいで組織されている「自主防災隊」の存在です。自治会長は防災本部長も兼務しています。この黄色いハンカチは、防災訓練時の救出班による安否確認において、我が家は大丈夫です という目印です。

03img_2980
 防災訓練は、年に2回春と秋に行われます。春は安否確認と班ごとの集合訓練ですが、秋には本格的な訓練が行われます。第一次避難場所に指定されている通称ユートピア公園には、毎年たくさんの住民の皆さんが集合します。

04img_2981
 ユートピア自治会の防災訓練は近隣の自治会でも評判で、この年は他の自治会の皆さんが見学にも訪れました。ご挨拶をいただいた隣の自治会の会長さんは、今年の4月から13の自治会を統括する連合自治会の会長に就任されました。

05img_2990
 防災訓練には消防署の署長さんや消防団の皆さんが指導・応援してくれます。いつも聞かされるのは、 実際に災害が発生した場合には消防署も消防団も、公共施設への出動が優先され、従って地域の住民を守るのは住民自身 ということです。そのためにユートピア自治会では、備蓄班が主導して、自治会館や公園にある備蓄庫で備蓄品を管理しています。

06img_2985
 自主防災隊は、備蓄班と共に炊き出し班も強力な陣容を整えています。ここ数年は、男性隊員による里芋の皮むきや仕込みによる「芋煮」が好評で、この芋煮を食べたいがために防災訓練に参加するという人もいるという噂が流れてもいます。

07img_3012
 設置されている消火栓は、12班のどこでも火災が発生した場合に対応できるように設置されていて、また消火ホースが格納されている「消火函」もユートピア公園に設置されています。自分たちの街は自分で守るというスローガンが毎年浸透してきているようで、住民の皆さんも消火栓の使い方を熱心に聞いています。

08img_3019
 災害や火災はいつ発生するかわかりません。日中ですと、働き盛りの男性は仕事で不在ということも考えられ、その分女性や高齢者が熱心になっています。自主防災隊の皆さんは、グリーンのユニフォームを着用し、白いヘルメットを被っていますのですぐにわかります。

09img_3024
 現在の自治会副会長さんが率先して消火ホースの使い方を女性の皆さんに説明しています。最近は若い人や女性の参加率も高くなりつつあります。

10img_3033
 実際に放水をしてみると、かなり強い水圧に圧倒されますが、ホース自体が軽量化されていて女性でも扱いやすくなってきています。こういう実体験も大事なことです。

11img_3044
 訓練も終盤になってくる頃には炊き出し班による「芋煮」も食べ頃になってきて、参加者の皆さんへの給食で大忙しになります。

 12img_3038
 参加者の皆さんだけではなく消防署や消防さんの皆さんにも振る舞われ、この年(201611月)も「芋煮」は大好評でした。

 

2年間の自治会長の時には防災本部長として、それ以外の時には備蓄班で、災害への対応を勉強させてもらいました。マンションへの引っ越しに際して、非常食や飲料水、携帯トイレなどをしっかりと備蓄しました。

 

防災訓練の後には、自治会館で飲みながら食べながらの反省会(懇親会)もあり、新しくユートピア住民になった方も、新しく自主防災隊のメンバーになった方もすぐに親しくなります。住民の皆さんが集まって親しくなり、その心地よさがユートピアという街の住みよさに繋がっているんだということに、離れてみてしみじみと感じているのです。

|

« 大山詣り | トップページ | わが故郷(ふるさと)ユートピア 文化祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山詣り | トップページ | わが故郷(ふるさと)ユートピア 文化祭 »