« 回想ヒマラヤⅢ22 タトパニ(1,190m) | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ23 ゴラパニ(2,853m) »

2017年3月 4日 (土)

桜便り 河津桜

トルコ旅行(2014.5)で知り合ったAさんご夫妻とは、その後お宅にまで上がり込んで昼間から宴会している気の置けない飲み友となりました。とても仲のいいご夫婦で、時間を見つけてはお二人で近場の1泊旅行を楽しんでいます。

00map
 2/20((月)に、河津桜を見に行きますというご連絡をいただき、無理を言って写真を送っていただきました。「河津桜と伊豆半島5つの花めぐり」というツアーで、こういうツアーを利用すると、安いし、楽をしていてあちこち連れて行ってくれますのでとてもいいです。

01

03
 私もこういうツアーは時々利用するのですが、昨年から続いている家族の大移動と自分たちの引っ越しが重なってそれどころではないのです。皆さんがそぞろ歩きを楽しんでいるのは修善寺梅林のようです。無心の気持ちで花を愛でながらぶらりぶらりと歩くのはとても羨ましく思えます。

04
 行程表によると修善寺梅林の次には小室山(椿)を訪れたようですが、この景色は何処ともいえない里山の風景で、冬枯れの名残があちこち残っている中、春がそこまで来ているようでもあり、季節が動いている気配が感じられます。

05

06

07
 こちらは約400万球のイルミネーションが煌めくという「伊豆ぐらんぱる公園」、こんなスポットがあったとは知りませんでした。

09

11

10
 2/21(火) 本命の河津桜が、風雲急を告げるといった趣の空模様の下(この日はとても風が強かった記憶があるのですが)、スクラムを組んでわが世の春を謳歌しているようでした。

13

12
 こちらは2013年の3月上旬に岬めぐりで三浦半島を歩いたときのものです。きっと今頃、むせ返るような密集度の花びらが咲き競っているものと思われます。

14
 3月の三浦半島は春野菜の収穫期でもあります。花もいいのですが、瑞々しそうな野菜も十分春の訪れを教えてくれました。

早く、ノンビリと桜や春の花や野菜が芽吹く自然の中を、歩けるようなゆとりを持ちたいものです。いち早く、春の訪れを感じさせていただいたAさんご夫妻に感謝です。

|

« 回想ヒマラヤⅢ22 タトパニ(1,190m) | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ23 ゴラパニ(2,853m) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想ヒマラヤⅢ22 タトパニ(1,190m) | トップページ | 回想ヒマラヤⅢ23 ゴラパニ(2,853m) »