« 京都寛六会紀行 05 大河内山荘 | トップページ | Itoh夫人の写真展 京都の一日 »

2017年4月21日 (金)

京都寛六会紀行 06 嵐山~北野天満宮

4/5(水) 嵐山ではかなりの自由時間があり大河内山荘などを見た後渡月橋周辺を散策して、夕食を予約してある上七軒に向かいました。

01dsc_8701_2
 待ち合わせの時間までまだ時間がありましたので、渡月橋を渡って中ノ島公園に向かったのですが、見頃の桜は見当たりませんでした。

02dsc09501_2
 嵐電嵐山駅前通りの桜並木には花びらがみっしりと、春爛漫でした。

04dsc_8705_2

03dsc_8692_2
 春の京都に華を添えています。着こなしがどうのこうのという野暮なことはいいません。

05dsc_8694_3
 訪日観光客の皆さんも京都を楽しんでいただければいいですね。

 

06dsc09498_2

07dsc09499_2
 舞妓はん ひぃ~ひぃ~ という世界一辛い一味・七味。試食しましたら世界一かどうかはわかりませんがかなり辛かったです。

08dsc_9607_2
 そろそろ集合時間にちかくなり、三々五々集合場所に集まってきました。寛いでいる雰囲気が伝わってきます。

09dsc09511_2

09map_2
 全員集合となり、来たときとは逆コースで嵐電嵐山本線から帷子ノ辻で北野線に乗り換えて終点の北野白梅町へと向かいました。

10dsc09512_2
 この日は早朝出発で、さらにかなり歩いたのですが、全員疲れもみせず元気でした。

11dsc09515_2
 終点の北野白梅町という何とも風情な名前の駅で下車すると、梅ではなく桜が見事に満開でした。

12dsc09517_2
 上七軒の食事処に行く前に北野天満宮に寄りました。北野天満宮は梅と紅葉で有名な神社です。菅原道真をお祀りした神社の宗祀あることは知っていたのですが訪れるのは初めてでした。想像以上に規模が大きいのにビックリしました。

13dsc09520_2
 三々五々歩きながら、入ゼミ試験の時の思い出話をしたのですが、私たちが大学3年の時は加藤寛先生は助教授で、4年になると同時に教授になられました。当時は無我夢中でしたが、加藤ゼミはかなりの難関といわれ、たしかにゼミに入って顔を合わせてみると皆さんとても優秀に見えたものでした。今はすっかりいい親父になりました。

14dsc09521_2
 通称として天神さんとも呼ばれ、福島県太宰府の太宰府天満宮とともに学問の神として多くの受験生の信仰を集めています。もう私たちにはあまり縁がありません。

15dsc09523_2
 北野天満宮はOhta邸からは嵐電で二駅と比較的近く、ポイントポイントでガイドをしてもらいました。ゼミ生仲間は最近は年に23回、寛六会という飲み会で集まるのですが、全員論客ばかりで、いつも議論が発展して大きな刺激をいただいています。

16dsc095242
 三つの鳥居をくぐると堂々とした構えの楼門と呼ばれる2階建ての門が建っていました。この巨大な門は桃山時代の様式で正面には菅原道真公を称える言葉「文道大祖 風月本主」(ぶんどうのたいそ ふうげつのほんしゅ)の額が掲げられていました。

17dsc09525
 境内のあちこちに横たわった牛(臥牛)の像が置かれていました。牛は天満宮では神使(祭神の使者)とされているそうで、奉納されたものです。赤い前掛けには学校名や合格祈願の文字が書かれていました。

18dsc09530
 受験時代や学生時代のことを思い出しつつ神妙に歩いていたのですが、Ohta君がお詣りしようと言ってくれましたので、拝殿を探したのですが。

19dsc09528
 拝殿でのお詣りは18:00までということで、定刻通りに拝殿への門はピタリと閉ざされてしまいました。隙間から眺めることしかできませんでした。

20dsc_9614
 この日のお楽しみの夕食は上七軒(かみひちけん)というエリアにあるお茶屋でした。上七軒とは北野天満宮の東にある花街の地名だそうです。上七軒の入口辺りからはレトロな街の雰囲気が伝わってきました。

21dsc09532
 上七軒という名前は室町時代に北野天満宮の造営に使った残木で、7軒の茶店を建てたのが由来だそうです。京都の花街では祇園より古い歴史をもっていて、上七軒歌舞練場では春の「北野をどり」(3/254/7)が行われている時期でした。

22dsc_9617
 Ohta君が上七軒の入口辺りにある「おかもと」というお茶屋さんを予約しておいてくれました。たくさん歩いてお腹も空いてノドも渇いて、さらに個人には敷居が高そうなお茶屋さんに期待は高まりました。

|

« 京都寛六会紀行 05 大河内山荘 | トップページ | Itoh夫人の写真展 京都の一日 »

コメント

京都寛六会紀行も今回のNo.6でようやく1日目の夕方、上七軒のお茶屋「おかもと」に到着しましたね。No.1から毎回皆さんの写真の中から最適のものを選りすぐり、Hanさんの絶妙のコメントをつけ、所々に俳句も織り交ぜて貰った素晴らしい最高の紀行文ですね。まだまだこれから旅は続くので、次がどうなるかワクワクして待っています。

投稿: Itoh | 2017年4月21日 (金) 19時20分

Itohさん、投稿ありがとうございます。
一週間くらいで完結するかなと思ったのですが、いただいた写真が素晴らしく、ゼミ仲間の表情が生き生きとしていましたので、ついつい長くなっています。
Itohさんの俳句も現場の雰囲気を捉えていて引き込まれてしまいます。
皆さんからの写真、奥様からの写真、Itohさんの俳句によるコラボで、思い出に残る紀行記録になりそうです。ありがとうございます。

投稿: はんちゃん | 2017年4月22日 (土) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都寛六会紀行 05 大河内山荘 | トップページ | Itoh夫人の写真展 京都の一日 »