« 京都~吉野 再会 | トップページ | 京都~吉野 おばんざいとケーキ »

2017年4月10日 (月)

京都~吉野 電車旅

3/31(金) 伏見稲荷に参拝し、花見小路にある宿に荷物を預けてから昼食後、京都観光の定番コース嵐山へと向かったのですが。

01dsc05439
 嵐山へは京福電鉄嵐山線や阪急電鉄でも行けますしバスで行くこともできますが、比較的空いていそうな阪急電鉄で出かけました。雨がシトシトと降っていて傘を携えての観光となりました。

02dsc05440
 年々着物レンタル姿が多くなっているような気がするのですが、着こなしが上手い人とそうでない人がいます。それにしても折角の着物姿も雨では気の毒に思えますが、着物がレンタルというのがせめて救いなのでしょう。雨の日は傘も番傘や唐傘ならさらに風情が増しそうです。

03dsc05448
 阪急電鉄の嵐山駅で降りると、冷たい雨と風、桜の蕾もすっかり縮みあがっていました。

04dsc05451
 とりあえず渡月橋を渡って、嵯峨野方向に向かったのですが。

05dsc05452
 雨にも負けず、風にも負けず、寒さにも負けず、観光客の人の波が続いていました。

06dsc05454

08dsc05459
 リコピンとのんちゃんの二人は、観光よりショッピングに関心があるようでした。

07dsc05456
 結局、寒いので福井電鉄嵐山線で市内中心部の宿に帰ることにしました。

09dsc05464
 嵐山線の車内は、雨のせいか空いていました。

10dsc05465
 嵐山線は路面電車区間もあり、雨に濡れ閑散とした街中をノンビリと走りました。多くの人で賑わう京都駅周辺や祇園を見ましたので、雨に濡れてしっとりとした静かな古都を車窓からボンヤリと眺めるのもいいものでした。

11dsc05467
 行き交う1両の電車も風情がありました。

12dsc05468
 終点に到着し、ミニミニ電車旅は終わりました。

13dsc05470
 福井電鉄嵐山線の終着駅は四条大宮駅で、ここから再び阪急電車に乗り換えて四条河原町へと向かいました。

14dsc05483
 雨にもかかわらず花見小路は相変わらずの賑やかさでした。

15dsc05482
 この日の宿「旅館紫」に戻ると女将さんが桜餅とビールのつまみを出してくれました。小一時間、暖房のきいた部屋で身体を温め、小休止をして夕食への出陣に備えました。

16dsc05472
 夕食は三条木屋町のおばんざいの店を予約してありましたので、先斗町辺りを散策しながら向かいました。

18dsc05480
 先斗町から高瀬川が流れる木屋町に出ると、高瀬川にかかる桜も雨に打たれて蕾状態でした。

19dsc05489
 人出が多すぎマナーの悪い観光客が周囲に迷惑をかけるとかでライトアップが中止された白川通り、桜も観光客も寒さに震えていました。

20dsc05493
 氷雨と寒さの中、健気に咲いている桜もありました。

21dsc05497
 二人も寒そうにしていて、早く夕食に行きたがっていました。

22dsc05495
 雨に煙る白川通りは、しっとりとしていてこれもいいものでした。

23dsc05511
 白川通りから三条大橋を渡って、東海道五十三次の弥次喜多に久しぶりに再会しました。

24dsc05513
 夕食の予約をしてある三条木屋町の高瀬川沿いは、とても絵になる風景でした。

 

雨の寒い寒い京都でしたが古都の雨も風情があり、「京都の恋」の 白い京都に 雨が降る というフレーズが思い浮かんだりしたのですが、リコピンとのんちゃんはあまり関心もなく、もっぱら 花より団子 でした。

|

« 京都~吉野 再会 | トップページ | 京都~吉野 おばんざいとケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都~吉野 再会 | トップページ | 京都~吉野 おばんざいとケーキ »