« 2017年5月 | トップページ

2017年6月24日 (土)

ベトナム大縦断 19ホイアン旧市街1

4/26(水) ダナン市内観光をすませ、私たちは世界遺産の町ホイアン旧市街へと向かいました。

01dsc00576

02dsc00577
 再び待機していた専用観光バスに乗り込みました。運転席の小窓とフロントに七福神の布袋様の人形が置いてありました。七福神というのは福をもたらすとして信仰されている日本固有の七柱の神です。どうでもいいことですが、ベトナムには七福神はありませんので不思議な気がしました。

03dsc00580
 七福神のことを考えている間にも、バスは近代的なダナンの町を後にしました。ベトナム中部は古都フエに代表されるというイメージが強すぎて、今やビーチリゾートとして脚光を浴びているダナンは想定外というかちょっとしたカルチャーショックでした。ベトナムに住むようなことがあったらダナンもいいかもしれないと思ったりもしました。

04dsc00595

05dsc00596
 16:44 ダナン市内を抜けてちょっとローカルになった地域に入ると、ちょうど下校時間とぶつかったようで中高生くらいの生徒の集団に出会いました。親がバイクで迎えに来たり、自転車で下校している姿が見られました。ベトナムでは増えすぎて困っているという子供たちですが、かつて日本でもベビーブームがあった訳で、今にして思えば増えすぎて困るということはないと思うのです。

07dsc00601
姉妹とどちらかの子どもの3人乗りで、楽しそうです。

08dsc00598
 ダナン市から離れるにつれて、街並みは静かでとても落ち着いた雰囲気になってきました。どこがどうということはないのですが、いつの間にか町の雰囲気が変わるのがわかります。

09dsc00602
 ダナンから30km、ホイアンの旧市街近くでバスを降りました。バスを降りると同時に感じた旧市街の街並みや空気はタイムスリップしたかのようでした。

10dsc00604

11dsc00605
 日本でいえば祭礼や寺院の門前でよく見るたこ焼きやお好み焼きの夜店のような露店があちこちに、ちょっとしたお祭り気分でした。

12dsc00606
 雑貨や小物の店が並んでいて、どこか懐かしい雰囲気でした。この旧市街は1999年に世界遺産に登録されています。

13dsc00607
 籠の中に並べられたデザートの食品サンプルはかなり精巧にできていました。ダナン市内で昼食をとった中華レストラン前で売っていた木製のバイクもかなり精巧にできていましたし、ベトナム人はかなり器用そうで、その点も日本人に似ています。

14dsc00609

15dsc00612
 歩いて行くと路上のあちこちでおばちゃんたちがクレープのようなものを七輪で焼いていました。どちらかというと手焼きのお煎餅なのでしょうか。

16dsc00610
 旧市街の目抜き通りには古い家がズラリと並んでいて、ところどころにお土産屋が混在しています。以前旅をしたトルコ、モロッコ、スペインなどにも旧市街がありほとんどが世界遺産登録されていて、その大きな特徴は街や建物が石やレンガで作られているのですが、ベトナムの旧市街は木造の作りでとても懐かしい感じがしました。

17dsc00611
 チャンパ王国時代から港町として栄えたホイアンですが、土砂が堆積して港としての機能が失われてからは、近代化が進まず忘れられた都市となっていたのですが、近代化されずに残った街並みがかけがえのない遺産となり世界遺産に登録されました。最近では観光客が激増しているとのことです。

18dsc00624
 いろいろな店が並んでいるのですが、ひときわ目を奪われたのが主に紙細工でできた小物を売る露店でした。帆掛け船や建物などは精巧にできていますし、他の小物も色鮮やかです。ベトナムのお土産屋は随分たくさん見ましたが、こういう小物ははじめてでした。やはりベトナム人は器用だと思いました。

19
 古い民家だけではなくて、有料の施設もあり「海のシルクロード博物館」はそんな施設のひとつです。この博物館は民家を改造して作られたものです。表から見た建物は当時の代表的な古民家の作りです。

20dsc00641
 海のシルクロードは、中国~インド~アラビア半島を結ぶ海の貿易路のことで、建物に入ってすぐの部屋には沈没船の模型が展示されていました。2階には沈没船から引き揚げられた品々が展示されていて、ホイアンが海のシルクロードの重要な拠点であったことがわかりました。

 

ホーチミンシティから古都フエへと移動し、さらにリゾートとして脚光を浴びているダナン市内観光の後ホイアン旧市街へと移動しました。その都度、ベトナムのさまざまな表情が見られ、ツアーの謳い文句どおり欲張りツアーであるようです。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

ベトナム大縦断 18ダナン市内観光

4/26(水) 世界遺産の静かな町ホイアンから活気のある商業都市ダナン市へと移動しました。

01dsc00527
 ダナン市内に入りました。大きな町でも小さな町でも、繁華街でも静かな村でも、どこでも見かける路上の食事風景です。ちょうど昼食の時間でしたので途上店舗はほぼ満席で、食事をしている人たちは食事をしながらこちらを見ていて、食事をしながら通りを眺めるのが好きなのかもしれません。

02dsc00531
 この日の昼食は中華料理でした。路上店舗から大して離れていない場所に立派な店構えの中華レストランがあり、同じ通りに路上店舗と立派なレストランが混在しているのがベトナムの不思議なところでもあり、面白いところです。

03dsc00535
 昨年奥様を亡くされて以来初めての海外ツアー、いわば傷心旅行のSさんは遺跡マニアなのでした。今回のツアーにはこの日のミーソン聖域をはじめとしていくつかの遺跡巡りがありますので、少しは心の傷も癒やされたのかもしれません。

04dsc00532
 アルコール類の「DRINK LIST」によると1$=20,000ドン(ベトナム通貨)となっていました。日本円にすると1$=100円=20,000ドンということになります。ハイネケンが80,000ドンですので400円、ベトナムで最もポピュラーな333BEER400円ということになります。ビンビールでこの価格ですから割安感があり、なかなか両替した現地通貨が減りませんでした。

05dsc00533
 中華テーブルに置かれたのは木製のバイクです。たまたま同じテーブルについた他の人が孫の土産にと買った玩具で、日本円で500円とか。かなり精巧にできていて手間もかかっているように見えましたので、全員で安いねと話題になりました。

06dsc00536

07dsc00537

08dsc00538
 中華料理は普通に美味しく、どこの国でどんな所で食べても外れはありません。チベットに行ったときも中華料理の時はホッとしたものです。

09dsc00539
 食事をすませて外に出ると、待ち構えていたかのようなバイク玩具売りのおじさん。ツアーの大半の人が買い求め、それも複数買う人もいて、あっという間に売り切れてしまいました。おじさんは、この日はなんて日がいいのだろうと思ったことでしょう。

10dsc00540
 近くで待機していたバスのフロントには日越の国旗が飾られ、ツアー名が表示されていました。たしかに「よくばり・・・」なツアーかもしれません。

12dsc00550
 最初に訪れたのは大聖堂。フランス統治時代の1923年に建てられたローマカトリックの教会です。イギリス発祥のネオゴシック様式が採用されていて、なんと外壁は淡いピンクになっています。建てられてから100年近くになるとは思えないきれいな外観をしています。

11dsc00547
 ガイドブックなどには敷地内を散策するだけでも気持ちが穏やかになり、楽しいですよと書かれていました。都市のど真ん中にありながら木陰があり、厳かで静かな雰囲気もあり、少し涼しい感じがして癒やされたような気がしました。

13dsc00553
 敷地内を歩いて行くと小さな洞がありました。ここは礼拝所にもなっていて、洞の中には礼拝の石版が飾られていました。洞の上部には「ルルドの泉」で知られるフランス・ルルドのものを参考にしたというマリア像も飾られていました。

14dsc00554
 大聖堂で式をあげるのでしょうか、結婚式に向かうカップルに出会いました。霊柩車にあったり、葬式(2回)あったり、結婚式にあったり、ベトナムでは冠婚葬祭が多いのでしょうか、それともたまたまの巡り合わせでしょうか。

15dsc00551
 次の観光地に移動するためにバスを待っている間、1秒でも早く1秒でも長くと涼しい木陰へと駆け込みました。

16dsc00559
 再びダナン市の中心部を通り、ドラゴンブリッジを目にすることになりました。週末になると真っ正面に見えるドラゴンの口からは火や水を噴くそうです。

23dsc00575
 この日2ヵ所目の観光先はチャム博物館です。ミーソン聖域を築いたチャンパ族の末裔チャム族の博物館です。ここにはミーソン遺跡を中心にベトナムに点在するチャム族の遺物を集めています。

17dsc00563
 ミーソン遺跡はヒンドゥー教色が濃く残っていて人気が高いそうです。それにしても遺物に直接触れたりしていいのかなあと思ってしまいました。

18dsc00565
 どんな工具を使って彫ったのか興味があるところです。素人目にも芸術性が高く、貴重なものだと思うのですが、無造作に置かれているのがベトナムらしいともいえますが。

19dsc00566

20dsc00568

22dsc00574

21dsc00570
 ベトナム中部から南部沿岸にかけて発展したチャンパ王国の彫刻は、ヒンドゥー教独特の姿かたちをしています。現在のベトナムのイメージとは異なり、どちらかというとインドの影響を受けたようにも見えます。比較的馴染みのあるものばかりですが、異形といえば異形でもあります。

 

猛暑の中、ピンクの教会を見たりヒンドゥー教の彫刻物を見たりして、ちょっと頭がボーッとしました。遺跡マニアのSさんは嬉しそうな顔をしていましたが。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

ベトナム大縦断 17ダナンへ

4/26(水) ホイアンの世界遺産ミーソン聖域の観光後は、次の観光地ダナン市へと移動しました。

00map
 ミーソン聖域からダナンまでは約50km(約1時間1分)の距離でした。

01dsc00462
 灼熱のミーソン聖域からクーラーの効いたバスに乗って、のんびりとした田舎道を走っていると私たちもすっかりのんびり、リラックスしました。

02dsc00465
 道端の路上には小麦が干してありました。開いた門の先の内庭にも干してありました。

03dsc00469
 こちらは家の前の歩道にムシロやシートを広げてやはり小麦を干していました。

04dsc00468
 一見すると小型のソーラーパネルかと思いましたら、生春巻きの皮を干してありました。このあたりは農村地帯のようではあるのですが、米や小麦を加工して製品に仕上げる半農のような家が並んでいました。

05dsc00473
 村から町へと路上の風景も少しずつ変わってきました。バイクと自転車とが同じくらいの割合で走っていました。こういう道は私たちが乗っているバスのドライバーさんにとってはストレスが溜まるそうです。運転席の近くから見ていると、前を走るバイクはバックミラーをほとんど見ませんので後方にバスがいることに気が付かずとても邪魔になります。都市で大量のバイクに取り囲まれるのも、のんびりした道でバイクに邪魔されるのも、どちらもストレスになってベトナムのバスのドライバーさんは大変です。

06dsc00475
 滔々と流れるトゥーボン河はホイアンを流れる大河で、この支流を下った河口近くは日本の江戸時代には徳川家康が鎖国を行うまで朱印船が往来した場所だそうです。ベトナムはあちこちで日本との関わりがあります。

07dsc00476
 日焼けと排気ガス除けの完全武装したお嬢さん(多分)、おしとやかな運転ぶりでした。

08dsc00486
 緑も水も土も豊で、温暖な気候は三毛作が可能です。

09dsc00488
 緑が広がる大地の中にヤシ科のビンロウ樹に囲まれた家の景色は、よく見かける景色で好きな景色です。木陰にハンモックをつってそよそよと風を受けて、本を読んだり酒を飲んだり昼寝したりしたら最高です。ビンロウ樹はアジアやアフリカの一部など広い範囲で見られるヤシ科の樹です。タイなどではたくさん見られます。

10dsc00489
 道は次第に広くなり、バスのドライバーさんにとってはストレスがないはずなのですが。

11dsc00491
 スピードが出せる快適な道は交通違反取り締まりが厳しく要注意だそうです。交通違反のお巡りさんは堂々と袖の下を要求してくるそうです。ひどいケースでは木の上で待ち伏せして違反を摘発することもあるとのこと。

12dsc00497
 ダナンに近づくにつれて新しい開発されたリゾートが目につくようになりました。アメリカの資本や中国の資本が随分投下されているそうです。

15dsc00510

13dsc00507

14dsc00508
 ベトナムといいますとのどかな農村風景というイメージなのですが、最近はダナンのビーチが注目されています。ダナンは南北に細長いベトナムの中部に位置する港町ですが、長く続く白いビーチと目の前に広がる青い海が魅力的で、近年ビーチリゾートして注目を浴びています。

16dsc00512
 ダナンからホイアンまで続くビーチは約30kmも続いているそうで、ビーチ沿いにホテルが続々とオープンしています。

18dsc00514
 黄色い橋を渡って市内に入り、グルッと一回りしました。

19dsc00517

17dsc00513
 開発されたビル群が海沿いに林立しています。ダナンは人口百万人、ホーチミンシティやハノイに次ぐ第3の都市で、ベトナム中部最大の商業都市として発展してきましたが、今後さらに成長が期待されています。東京湾のウオーターフロントや横浜のベイエリアに近い姿になるかもしれません。

20dsc00525
 ダナン市の中央を流れるハン川に架かるドラゴンブリッジは、全長666m、幅37.5m、全6車線で龍の形をしています。今やダナンのシンボルとなっています。

 

この日最初に観光したミーソン聖域で感じた遙か昔の歴史や時間の流れ、遺跡群周辺の村々のベトナムらしいローカルな風景から、ダナン市内に入って一挙に現代にタイムスリップしました。世界遺産の町ホイアンとビーチリゾートの商業都市ダナン、これもまたベトナムの魅力です。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

ベトナム大縦断 16ミーソン遺跡群

4/26(水) 世界遺産ミーソン聖域に着いて、展示館で学習して実際の遺跡群の中に入っていきました。

01dsc00417
 現地ガイドのグェンさんに続いてミーソン遺跡群へと向かいました。

02dsc00418
 照りつける強烈な陽射しにまいったなあと思っていましたら、電動カーが待機していてくれました。海外ツアーでは大抵遺跡観光が組み込まれていて、遺跡について特に関心があるわけでも知識もあるわけではありませんので白紙状態で臨むことにしているのですが、どんなものだろうかと実物を見るのは楽しみです。

03dsc00423
 木立と草原の間の舗装路を移動している間は涼しい風を感じたのですが、木立の間からは暑苦しい蝉の声が響いていました。ものの数分で目的地に着いてしまいました。

04dsc00424

電動カーで移動している途中に、発掘作業をしている人たちがいました。とても暑い中、黙々と根気のいる地道な作業をしていました。こういう作業は何年も何年も終わることなく続いていくようにも思えました。

06dsc00428_2
 電動カーを降りて遺跡群に向かう途中にレストハウスがありました。あまりの暑さに多くの観光客が陽射しを避けて屋内に退避していました。

07dsc00431
 いよいよ遺跡群へと向かいました。上からは強烈な陽射しが、下からは容赦ない照り返しが私たちを迎えてくれました。

08dsc00436
 7世紀から13世紀にかけての遺構は、グループAからグループHまで数ブロックに別れていました。千年もの時を経て、ドッシリと構えている遺跡には苔や草がまとわりついていました。近年になって、ベトナム戦争ではベトコンのアジト掃討のために米軍B-52の爆撃を受けて大半が破壊された中、生き残った遺跡です。

09dsc00439
 遺跡群にはセメントや漆喰などの接着剤を使った形跡がなく、チャンパ人の当時の技術力の高さが見てとれるようです。伝承によれば、チャンパの彫刻工人、建塔工人の多くは徴用労働者として動員された山岳民族だそうで、周囲に住む山岳民族カトゥ族は現在でも有名な木彫職人を輩出しているそうです。

10dsc00440

11dsc00441
 築かれたレンガの構築物に刻み込まれた像や文様には、太古の人々のどんな想いが込められていたのでしょうか。今私たちがこれを眺めて、どんなことを思えばいいのかわかりませんが、ただ間違いなくこれを築いた人々がいて、今これを見ている自分たちがいて、その間には膨大な時の流れがあったということ、遺跡巡りは時間を見るということでしょうか。

12dsc00444
 いくつかのブロックに別れている遺跡群の間を流れる清流は、足も手も顔も浸したいと思うほど涼しげでした。遺跡と違って水の流れは、“行く川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとどまることなし・・・” と謳ったのは鴨長明(方丈記より)でした。

 

13dsc00445

14dsc00450
 小さな橋を渡って清流を越えた別のブロックの遺跡の前に現れたのは、民族衣装の女性たちと民族楽器を抱えた男性たち。ミーソン遺跡を築いたといわれるチャンパ人(族)の末裔の人々で、現在はチャム族とよばれています。

15dsc004513

16dsc00454
 踊りの内容はわかりませんがチャンパ人は遺跡構築の高い技術力を持っていたとのことで、その技術の伝承の舞いなのか、あるいは信仰の舞いなのか。

17dsc00455

18dsc00457
 古代ヒンドゥー教のチャム族たちは、歴代王朝が代わるたびにチャンパ塔といわれる祠堂を建てていました。いたるところにヒンドゥー特有の文様やレリーフが刻まれており、男性器と女性器の象徴であるリンガとヨニも目にすることができます。

19dsc00458
 遺跡群を後にするとき改めて振り返ってみますと、かつて栄えたチャンパ王国の誇る聖域には、時間と太陽と風雨に削られたさまざまな姿をした建造物が、何か伝えたいことがあるのか、もの言いたげでもあるように見えました。

20dsc00459
 こちらも何かもの言いたげに目玉をキョロキョロ動かしていました。

 

ミーソン遺跡で発掘された遺産は驚くほどの数で、どれも美術品として目を見張るものばかりです。当時のチャンバの人々が何を信じ、誰を崇拝し、そしてミーソン聖域はチャンパ王国にとってどのような役割を担っていたのか少しわかったような気がしました。

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

ベトナム大縦断 15ホイアン観光

4/26(水) ツアー4日目はホイアン観光で、最初に世界遺産ミーソン遺跡群観光へと向かいました。

00map
 ホイアンはフエの南にあり、ホイアンからからミーソンまではさらに30km南下したあたりにあります。

01dsc00351
 前日は夜遅くにホテルに着き、また雨の中転げ込むようにホテルに入りましたので、どんな所に泊まっているのかわからずに寝込んでしまいましたが、一夜明けて窓から眺めた景色はホーチミンシティとはまったく違って落ち着いた静かな雰囲気でした。

02dsc00353
 ホテルの部屋は広く落ち着いていて、バスタブもシャワーも整っていて気持ちのいい部屋でした。熟睡できました。

03dsc00354
 前夜はホテルの玄関もどういうふうなものなのかわかりませんでしたが、玄関も落ち着いていてクラシックな雰囲気でした。ちょっと場違いな感じの提灯がぶら下がっていて、他のホテルや商店の軒先にも同じ提灯が。ホイアンは、ランタン祭で有名でそれに因んでいることと、これをぶら下げておくと福をよぶそうです。

04dsc00355
 08:00 ホテルを出発。路上では既に早朝からの仕事が始まっていました。蒸し暑いベトナムでは仕事のスタートが早いという習慣はホーチミンシティだけではないようです。

05dsc00358
 路上での朝食風景は、たくさんの人が集まっていてお花見や宴会のようでもあります。

06dsc00360
 バイクや車の出勤風景は、ホーチミンシティに比べると量が少なく、のんびりとした雰囲気が漂っていました。

07dsc00368
 いくつかの露店が集まったミニミニマーケットは、田舎の雰囲気そのものでした。

08dsc00372
 バスは田園風景の中を走りました。ちょっとした畑があり、畑の中心にはビンロウの樹に囲まれた家がありました。こんなところではのんびりとした暮らしができるんだろうなあと思いました。ビンロウの樹は椰子科の樹木で椰子に比べると細いのが特徴です。

09dsc00379
 ミーソン遺跡群近くを流れるトゥーボン河、河口には近世に栄えた日本人町があるそうで、この日の後半に訪れることになっています。田園風景や水辺の風景は心安まる風景なのですが、この地域もベトナム戦争で激しい戦闘が行われたとは信じられません。

10dsc00386
 かろうじて舗装されているのどかな道に入りました。車の量はとても少なく、次第にローカルになっていきました。

11dsc00388
 お葬式に出会いました。軍関係の偉い人のお葬式だそうです。霊柩車に出会ったり、葬式に出会ったり、どういうことでしょうか。どこの国でも冠婚葬祭には花が欠かせないようです。

12dsc00398
 バスから、ベトナムの田園風景や田舎の道を眺め愉しんでいるうちにミーソン遺跡群のゲートに着きました。

13dsc00399oda
 ゲートの壁に日本とベトナムの国旗が描かれたプレートが目につきました。「日越友好のために日本の人々の多大な援助があった」というような趣旨が書かれていました。2005年に日本の国際協力機構の技術協力によりこの遺跡展示館が完成したとのことです。

15dsc00401

14dsc00400j
 最初に遺跡展示館に入り、ジオラマを前に現地ガイドのグェンさんからの事前説明を受けました。こんなところにも日本の協力の手が差しのべられているということは驚きでした。

16dsc00402
 ミーソン遺跡群にはレンガ作りのチャンパ塔など7世紀から13世紀の遺構が残っているのですが、ベトナム戦争当時の爆撃によってかなり破壊されたそうです。遺跡展示館に掲げられた修復途中の写真は痛々しく、大手術直後の姿のようでもあります。

17dsc00414

18dsc00416

19dsc00411
 ミーソン聖域とは、チャンパ王国の宗教ヒンドゥー教シヴァ派の聖域だそうです。もともと宗教に疎い自分ですが、ヒンドゥー教という宗派があることぐらいは知っています。それ以上のことはわからず、ましてシヴァ派とは? シヴァ派のシヴァ神については見たり聞いたりしたことがありますが、シヴァ神はなかなか意味深な最高神であるようです。

20dsc00408

21dsc00407
 博物館内には遺跡群から発掘されたものや関連する写真等が展示されていて、ベトナムにこんな遺跡群があったとは驚きでした。ミーソン遺跡群は20世紀初頭にフランス人によって発見され、何回も修復、補強がされたそうですが、一方ではフランス領インドシナ統治時代に盗掘を受け、大半の遺跡が破壊されたそうです。

 

カンボジアのアンコールワットやタイのアユタヤなどアジアにはたくさんの遺跡群があるのですが、ベトナムについては知りませんでした。

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

ベトナム大縦断 14フォン川クルーズ

4/25(火) フエ観光で2ヵ所の観光地を巡った後、この日最後のフォン川クルーズとなりました。

00map
 フエは南北に延びたベトナムのちょうど真ん中辺りに位置しています。この日はフエに到着して、古都フエの観光の後ホイアンへと向かいました。

01dsc00297
 17:53 船着き場で私たちを待っていたのはドラゴンボートでした。飛行機トラブルの影響で予定よりだいぶ遅くなり、パスしてもいいかなあと思っていたのですが、観光業者にとっては貴重な収入機会になっていると思われ、一生懸命乗船準備してくれました。

02dsc00299
 ドラゴンボートの外見とはうらはらにスピードはゆっくりでした。クルーズ船は水上生活者の家も兼ねているようで、後方にキッチンなどを兼ね備えた部屋があるようでした。お父さんが船長で、お母さんがお土産品などを売ったりしていました。

03dsc00302
 この川の上流にはダムがあるそうです。ベトナム政府の強い要請を受けて、日本の各機関が協力してフォン川流域において、ダムの効果的で安全な操作を含む洪水管理システムが開発されたそうです。ベトナムのあちこちで日本が協力したり支援したりしているプロジェクトがあるようです。

04dsc00307
 フォン川は古都フエの旧市街と新市街を分ける大きな川です。こちらは新市街で大きなマンションなどが目立ちました。

05dsc00308
 フォン川は流れがないかのように静かで、観光街の前には観光船でもあり水上生活者の家でもある船が舳先を並べていました。他に走っている船の影は見えず、時間が止まったかのようでした。

06dsc00310
 観光街から離れた岸部にも水上生活者の船が係留されていました。タイやフィリッピンなどにも水上生活者はたくさんいて、それぞれのんびりしていそうですが、実際にはどうなのでしょうか。

07dsc00314
 川に突き出たかのような白亜の建物はレストラン。阮朝王宮から橋を渡った新市街地はホテルやレストランなどが密集していて賑やかだそうです。

08dsc00317
 のんびりと川風に吹かれてボーッとしたいましたら、夕陽が見えるようという声で反対側の舷側に移動したのですが、夕陽は木立が密集している中に隠れてしまいました。

09dsc00319
 旧市街側には阮朝王宮があり、王宮フラッグタワーの国旗が無風状態の中そよともはためきませんでした。フラッグタワーの前には、日本の屋形船のようなドラゴンボートが停泊していました。特別なイベントにでも使うのでしょうか。

10dsc00322
 こちらは新市街地側のレストランやお土産屋が軒を連ねている観光街です。灯りが灯るにはまだ早く、薄暮の曖昧な時間帯でした。クルーズ船のわずかな揺れに身を任せて、クルーズ船のエンジン音以外風もなく音もなく、静かに時間が流れていて、特にこれといった特徴もない景色を眺めながら、旅に出ているんだなあと思ったりもしました。

11dsc00327
 20:47 フォン川クルーズの後、バスに乗ってホイアンへと移動しました。ホイアンは人口12万人の古い港町で、懐かしさを感じるような街並みでした。

12dsc00329
 カイディン帝廟や阮朝王宮など古都フエの閑静な観光地を巡ってきましたので、久しぶりのベトナムらしい喧噪を目の前にして、やはり賑やかな街もいいものだと思いました。

13dsc00333
 電飾でキラキラ光っているアーチをくぐったり、あちこちで灯りが点滅している不思議な場所を走っているとき、俄雨が降ってきましたがバイクのライダー達は特に慌てる様子も見えませんでした。

14dsc00340
 21:28 夕食のレストランに到着しました。雨の中をバスを降り、レストランに駆け込みました。

15dsc00343
 ちょっと変わった雰囲気のレストランでした。この日はホーチミンシティから移動して宮廷料理を食べた後、2ヵ所の観光とクルーズで疲れていて思考能力が落ちていました。ボーッとした頭の状態で不思議な空間に入りましたので 夢か現か に近い状態でした。

16dsc00345
 テーブルについて、何はともあれビールを飲んで気を取り直しました。

17dsc00347
 この日の夕食メニューはホイアン名物料理でしたが、汁物が何だったのか夢中で食べましたので美味しかったのは間違いないのですがあまり記憶にありませんでした。

18dsc00348
 ホイアン名物料理とは、三大名物料理とか五大名物料理とかあるそうですが、代表的なものはカオラウというそうです。コシのある太い麺の上に豚肉、揚げせんべい、もやし、レタス、香草などがトッピングされた麺料理です。

19dsc00350
 22:24 ホテルに到着しました。長~~い一日で、ベッドに倒れ込むようにして眠りました。このホテルには連泊でしたので、荷物の整理などをしないですんだのが救いでした。

 

ホイアン五大名物とは、カオラウの他にホワイトローズ、揚げワンタン、ミークアン、コムガーなどがあり、どれもなかなか美味しそうなのです。私たちは食べませんでしたが、参考までに画像(インターネットより転載)をご紹介します。

20

21

22

23

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

ベトナム大縦断 13阮朝王宮

4/25(火) 午後遅い時間にスタートしたフエ観光の2つめは「阮(グェン)朝王宮」でした。

01dsc00257
 阮朝王宮もフエ観光の一つの目玉のようで、観光バスが集まっていました。

02dsc00258
 バスを降りて王宮の入口に向かう途中に人力車が並んでいました。お客は前のシートに腰掛け、シートの後ろ部分は自転車になっていて運転手がこぐ三輪人力車でシクロというそうです。ベトナムの代表的な人力タクシーです。日本の人力車は引き手が前でお客は後ろに乗るというスタイルです。所(国)変われば品変わるです。

03dsc00259
 観光地前のお土産の店先では店番のおばちゃんとお客らしいおばちゃん、とびきり元気な声で井戸端会議をしていました。

04dsc00260
 16:55 古城のような雰囲気の王宮は日が暮れかかっていて、さらに古城の雰囲気が増していました。

05dsc00262
 王宮門とも牛門とも呼ばれる城門は、ベトナム戦争の激戦にもかかわらず残りました。当時の戦跡が残っているようでもあり、いかにも戦火をくぐってきたかのよう姿は頑強そのものでした。その城門を次から次へとバイクが走り抜けていきました。私たちはバイクにぶつからないように気を付けながら道の端を歩いて城門をくぐりました。

06dsc00264
 城門をくぐるととてつもなく緑の芝生に覆われた広い広場がありました。広場の先にはベトナム国旗が立っているフラッグタワーがあります。そこにはベトナム戦争時の銃弾跡も残されているそうです。この王宮は1803年に建設、1833年に現在の場所に移されたとのことですが、なんでこんなに広いのか不思議でした。

07dsc00265
 ベトナム笠を被った女性、鮮やかなピンクの衣装を身に纏い、だだっ広い広場を横切って行きました。どこから来てどこへ行くのか、天秤棒の先の籠には何が入っているのか。

08dsc00268
 阮朝1802年~1945年まで続いた全13代皇帝からなる王朝でした。ベトナム最後の王朝といわれ、これ以後第インドシナ戦争がはじまります。フエはベトナム戦争の激戦地で多くの建造物が破壊されたそうですが、立派な城壁は残されていて当時の美しさが残されているとともに古城の風格も見られます。1993年にベトナムでは初めてユネスコの世界遺産に登録されました。

09dsc00269
 17:00 ちょうど入場制限時間になったところ、ギリギリで間に合い何とか入場できました。

11dsc00273
 閉門の時間になり、緑の葉と白い花のような葉のような植物を植えた大きな鉢を入れ替えていました。ここが王宮だからということもあるのでしょうが、フエに入ってからはたくさんの花や植物を見たような気がしました。

12dsc00278
 13代続いた阮朝ですが、当初歴代皇帝は中国を君主としていました。1887年以降はフランス植民地時代となって西洋スタイルの建築様式も取り入れられるようになりました。その時代に勤めていた皇帝によって、建築物群の色が異なるのが特徴で、3つある正門は紫禁城に倣っているといわれ、当時真ん中の門は皇族しかくぐることが許されなかったそうです。

13dsc00280
 本殿の太和殿の屋根を見ると中国の影響を色濃く受けていることがわかります。戦火で大半が破壊されたといわれていますが、この本殿は残されました。

14dsc00281
 1993年にベトナムで初めて登録されたユネスコ世界遺産は「フエの建築群」で、その対象は阮朝王宮だけではなく、歴代皇帝の時代に建てられた建築群すべてとなっています。中でも皇帝が暮らしていた王宮が名実共にフエ最大の観光名所になっています。阮朝の時代は、当初は中国が君主の時代でありその後はフランスが君主となりましたので、皇帝が座っていた玉座の座り心地はいかがだったのでしょうか。

15dsc00283
 日本のお城に比べると、実際の歳月以上の長さを感じさせる城壁は戦火のためなのか、高温多湿の気候風土のためなのか。

16dsc00284
 本殿の前にも緑の絨毯が敷かれた広い空間がありました。戦火に焼かれた建物の跡のようであり、芭蕉が詠んだ 兵どもの夢の跡 という句が浮かびました。

17dsc00289
 本殿を取り巻く回廊は、非常にきれいに整備されていました。この回廊は日本の資金援助などで修繕が進められているのですが、その資金援助もなかなか難しくなってきているそうです。柱、屋根、壁、、戸と随所に中国の要素が混じり合っています。中国の資金援助を仰いだらいいのにと思いましたが、南シナ海の領海問題を考えるとそうもいかないようです。

18dsc00290
 彫刻と塗装で美しく仕上げられた80本もの柱によって支えられた装飾屋根をもつ王宮の中心部分はベトナム戦争で損傷し、現在復元作業が行われているのですが、まだ当時の3割くらいしか復旧されていません。いつ復旧できるか見通しが立たないそうで、復旧費を捻出しようと入場料を値上げしたとのことです。どうなるのでしょう。

19dsc00295
 200年前から始まった王朝の歴史と戦火にまみれた戦跡後を見て、なんとなく考えさせられ、日本流にいえば平家物語ではありませんが “ものの哀れ” を感じつつバスに乗って移動すれば、欧米人観光客の姿がありました。

20dsc002961752
 17:52 バスはこの日最後の観光フォン川クルーズの船着き場に着きました。

 

ホーチミンシティからフナへの移動が飛行機トラブルで2時間遅れになり、クルーズはもういいよといいたくなる気持ちでしたが、バスは順調に船着き場に着きました。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

ベトナム大縦断 12カイディン帝廟

4/25(火) 昼食には遅い時間でしたが「フエ宮廷料理」を食べた後、フエ観光に出発しカイディン帝廟へと向かいました。

01dsc00196
 16:02 宮廷料理のレストランを出発しました。日本ではもう夕方に近い時間帯ですが直射日光が痛く感じられるほど強い中、緑の濃い田舎の道を走りました。

02dsc00200
 村の道のあちこちに小さな店が点在していて、昼間の暑さが少しは和らいだのでしょうか、寛いでいる人もちらほら。ゆったりとした時間が流れていました。

03dsc00206
 16:18 フエ観光の最初の観光地カイディン帝廟に着きました。帝廟への石段の先には雲一つ見られない空が広がっていてまだまだ昼間の暑さが残っているようでした。

04dsc00203
 石段の下で記念写真。私が手をかけているのは龍の頭です。私のお腹が出ているように見えるのは、パスポートや財布などの貴重品を入れたポシェットを腹巻きのようにして身に着けているからで、美味しいベトナム料理を食べ過ぎたわけではありません。

07dsc00213
 カイディン帝廟は、その名の通り1925年(日本では大正14年)に没したカイディン帝の墓所です。約6年かけて建築されたそうです。

05dsc00212

06dsc00210
 兵馬俑に似た兵士像が安置されていました。この帝廟は統治国だったフランスの影響を受けているのですが、兵士像は中国の影響を受けたものだといわれています。

08dsc00226
 これは正殿(啓成殿)、バロック様式のコンクリートの建物で外面の装飾も手が込んでいます。カイディン王朝はフランスの影響を受けていたことで知られています。とてもドッシリとしていて荘厳です。建築されてから100年にも満たないとはとても思えませんが、黒ずんでいるのは高温多湿によるカビのためです。

09dsc00221
 正殿内部の中央には、金箔のカイディン帝の像が有ります。この下に帝の遺体が埋められているそうです。この時期(阮朝)の皇帝の遺体の場所が明確になっているのはカイディン帝のみで、他の皇帝の遺体の埋葬場所は判っていないそうです。

10dsc00222
 阮朝(げんちょう)は1802年から1945年にかけて存在したベトナムの王朝ですが、1887年からはフランス領インドシナとしてフランスの支配下になりました。啓定帝(けいていてい)は阮朝12代の皇帝で、晩年は自身の陵墓建設のために増税を命じ批判されるようになったとか。1925年に結核によって40歳で死去しました。

11dsc00216
 壁面にはモザイク模様が描かれ、陶器やガラス器を壊してモザイクにしています。当時の日本の「さくらビール(現アサヒ)」のビンが使われていました。

11
 これが「さくらビール」の破片。

12dsc00231
 カイディン帝廟の観光に次いで、阮朝王宮へと向かいました。路上に花を並べて売っている花売りは、最もシンプルな移動店舗でしょうか。

    

14dsc00236
 こちらはたくさんの花を売っているきちんとした花屋。この地域では花の需要が多いのでしょうか。

13dsc00237
 彩りも鮮やかな果物を売っているお店には花も売っていました。お店の人や果物を物色している人、こういった生活感のある風景を見ながらの旅は楽しいものです。

15dsc00229
 16:42 ここフエで見た小学校は、ホーチミンシティの学校の規模に比べて小さく、生徒の数も少ないようです。授業が終わって親が迎えに来るのを待っている小学生はどことなく素朴な服装に見えました。

16dsc00244
 由緒正しき謂われのありそうな建物、現地ガイドのグェンさんに聞く間もなく通り過ぎてしまいました。古いお寺のような建物がさりげなくあるのは古都フエならではかもしれません。フエは人口30万人くらいの都市としては小さいのですが、19世紀から20世紀にかけてベトナムに存在していた元朝の首都に定められていました。

17dsc00235
 露店が並んでいるマーケットは、どことなく素朴でローカルな雰囲気が見られました。

18dsc00246
 立派な建物が目につきました。外務省関連の建物だそうです。

19dsc00247oda
 その立派な建物の角を曲がった時、たまたま日本人のビジネスマンらしきグループを見かけました。ガイドのグェンさんによると、この地域では日本のODAによって建てられた建物が多いとのことでした。フエという地域が身近に感じられました。

20dsc00251
 16:51 市の中心部に近づいたのでしょうか、整備された道にはバイクの姿が増えてきましたが、ホーチミンシティの混雑に比べればゆったりとしたものでした。

21dsc00255
 市の中心部をゆっくりと走っている自転車、ベトナム笠がいいですね。

 

カイディン帝廟の主、啓定帝(けいていてい)は阮朝12代の皇帝で統治国フランスの庇護を受けていて、贅沢をしているという批判が随分あったとか。その人生は日本によって満州国の皇帝に祭りあげられた清国最後の皇帝(ラストエンペラー)愛新覚羅溥儀のようでもありました。

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

ベトナム大縦断 11宮廷料理

4/25(火) 予定より2時間遅れて古都フエに着きました。この日は盛りだくさんの観光メニューがありましたが、先ず昼食に「フエ宮廷料理」を食べに行きました。

01dsc00125
 14:35 フエの空港で私たちを今か今かと待っていてくれた現地ガイドのグェンさん、ちょっと待ちくたびれたようで苦笑いしていましたがベトナム航空ではよくあるとのことでした。ただ2時間も遅延というのは珍しいとも言っていました。

02dsc00134
 宮廷料理のレストランに向かう道でみた町は、どこかで見たことのある東南アジアの国々、例えばタイやネパールの中都市のごくごく普通の町のイメージでした。

03dsc00137
 町の人々が真剣な顔をして集まっていました。今までバスの中から見た人々は寛いでいる姿ばかりだったのですが、この人たちは何をしているのだろうとしばらく考えました。

04dsc00148
 ホーチミンシティの喧噪とまったく異なる町の雰囲気でしたが、バイクスタイルは古い都でも同じようです。運転手と後ろに乗っている比較的体格のいい女性の間には小さな幼児が押しつぶされるかのように挟まっていました。それにしても後ろの女性の体重はかなりありそうに見えましたが、バイクのタイヤがよく耐えられるものです。

05dsc00151
 ここでもバイクの代名詞にもなっているホンダは健在でした。

06dsc00157
 比較的賑やかそうな通りに出ましたが、バイクの数は少なく町全体がゆったりとしているように感じました。

07dsc00168
 15:06 昼食の時間からは随分遅れましたが、宮廷料理のレストランに着きました。門の奥の方から待ちかねた女性スタッフが出てきました。

09dsc00191
 宮廷料理を出すレストランとはどういう所かと思っていたのですが、ここ自体が宮廷の一部か王族の別邸のような雰囲気でした。

10dsc00192
 大人数の団体が座れるような広いスペースだけではなくて少人数のお客も座れるスペースもありましたが、昼食の時間には遅すぎ、夕食には早すぎる時間帯でお客の姿はまったく見ませんでした。

11dsc00176
 瓶ビールはしっかりと冷えていて旨かった。

12dsc00177
 Aさんご夫妻と私の3人グループに合流するようになったDさんと4人で乾杯。Sさんは埼玉県からの1人参加で昨年若い奥様を突然亡くされたとかで傷心旅行だそうです。それでも一緒の時は笑顔を見せてくれました。

13
 宮廷料理のメニューは日本語で書かれていてとてもわかりやすかったです。後で聞いたのですが、ここのオーナーは日本人だとか。もう少し詳しいことを聞いておけばよかったと悔やまれました。

14dsc00178
 鳳凰風前菜。

15dsc00180
 揚げ春巻き。

16dsc00182
 蓮の実と鶏肉のスープ。

17dsc00183
 宮廷の揚げ海老。

18dsc00184
 宮廷飾りの野菜炒め。 

 

19dsc00185
 パイナップルとトマト味のイカ炒め。

20dsc00187
 5つ調味料付きの蒸し魚と亀形のチャーハン。

21dsc00189
 フエ名物のデザート(豆の砂糖漬け)。お汁粉のようでした。

22dsc00193
 食事に満足して庭園を少し散歩しました。時間があればあるいは観光スポット巡りをパスしてでも、こんな風景の中で食後酒をいただきたいものです。

23dsc00173
 蓮の花が開いていました。蓮はベトナムの国花です。日本の国の花は桜?菊? 両方だそうで、国際的には決まりがなくて、アメリカはないそうです。ベトナムは仏教国(8割が仏教徒)で、お釈迦様が座っている台座も蓮の花です。蓮は泥水の中で育ち、泥が濃ければ濃いほど大きな花を咲かせます。仏教徒が最も好きな花が蓮ということで、ベトナムの国花になったとか。

 

フエはベトナムのことで、フエ料理とフエの宮廷料理が有名ということを初めて知りました。帰国後インターネットで調べましたら、宮廷料理を出すレストランがたくさんありました。宮廷料理の味は、日本人向けにアレンジしているのではと思ってしまうほど、私たちの舌に馴染みました。

| | コメント (0)

2017年6月 6日 (火)

ベトナム大縦断 10フエへ

4/25(火) ツアーの3日目は、ベトナム中部の中核都市フエへと移動しました。

00map
 地図で見ますと、フエはホーチミンとハノイの中間地点にあります。国内線のフライトでホーチミンから1時間半の距離です。

01dsc00056
 08:30 ホテルを出発しました。ちょうど出勤の時間帯と重なりましたので、車を取り囲むようにバイクの数が増えてきました。

02dsc00062
 空港へ向かう道には緑が溢れ、あらためてこの国の緑も水も土も豊かであることを感じました。

03dsc00069
 一方では、経済の成長と共に国土開発が進んでいて、市内も山の中も高速道路建設が急ピッチで進められていました。

04dsc00073
 08:58 ホーチミンシティの空港に着きました。飛行機の出発は国内線で11:00でしたので充分な時間がありました。

05dsc00077
 09:45 ゆとりを持って待っている間にビールでノドの渇きを癒やしました。この時はとんでもない事態になるとは思ってもみませんでした。

06dsc00082
 12:18 搭乗予定の飛行機は11:00発でフエには12:25に着いているはずなのですが、まだホーチミンシティ空港の待合室で待機していました。何と搭乗ゲートが5回も変わりその度に出発時間が遅くなりました。添乗員がいないツアーでしたので、その間私たちツアー仲間13人は右往左往しましたが、その分結束力が高まりました。

07dsc00088
 搭乗予定のVN1372便の当初の出発予定は11:00だったのですが、結局12:452時間近くの遅れとなりました。もうとっくに着いている時間です。

08dsc00089
 後に、ベトナム航空の国内線は遅れるのは当たり前と聞かされたのですが、機体が到着し整備も終わってホッとしました。

09dsc00090
 12:39 搭乗が始まって更にホッとしました。

10dsc00091
 乗客の皆さんも大人しく、特に騒ぐ人も苦情らしきことを言う人もいなくて当たり前のような雰囲気でした。

11dsc00095
 席はほとんど満席で、乗客も大人しくシートに座ってスタッフも一安心といった風情でした。国際線もそうでしたが、国内線もCAなどのスタッフに男性が多いような気がしました。

12dsc00096
 機体は滑走路へとゆっくりと移動しました。2時間遅れての出発となり、この日はフエに着いてからかなりハードな予定となっていましたのでどうなるか気になりましたが、その点はツアーですから安心です。

13dsc00101
 人口800万人、経済の中心地としてGDPの半分を占めるホーチミンシティ(旧サイゴン)とお別れです。

14dsc00105
 雲の上に出て安定飛行に入りましたが、その雲はモクモクと発達していました。そういえば、ホーチミンシティに滞在中の天気予報は雨でしたが雨に降られることはなく蒸し暑く、ずっと半袖で過ごしました。

15dsc00114
 フエへの飛行ルートは右側に南シナ海を見て北上するルートです。フエに近づき機体が海の上に出ると、領海争いをしているとは思えない穏やかな海と島々が見えてきました。

16dsc00116
 フエにさらに近づき高度が下がると、海面が碁盤のように区切られていました。これは海老などの養殖池でした。

17dsc00118
 空港に向けて内陸部に入ると緑色の大地が広がっていました。雲がかかってはいるものの雲間には青空も覗かれていました。

18dsc00120
 フエの空港に着きました。どことなくのんびりとした雰囲気が感じられました。明らかにホーチミンシティとは違う空気でした。

19dsc00121
 空港の地上スタッフもベトナム傘を被ってのんびり歩いていて、ホーチミンシティとは全く違った古い都フエの一面とローカル空港の一面が感じられ、2時間の遅れもどうでもいいことのように思えてきました。

 

20dsc00123
 国内線とはいえ、スーツケースなどの預け荷物の確認までは気を抜くことができませんでした。

 

今回のツアーは添乗員がいませんでしたので、国内線の搭乗手続きから自分たちで行いました。案内の人がいて、ある程度のグループは専用のカウンターがあることを教えられ随分助かりました。しかし搭乗ゲートが再三変更されその度に出発時間が遅れたときには、一瞬このままフライトできなかったどうなるのだろうという不安が頭をよぎりました。

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

ベトナム大縦断 09ベトナム料理2

4/24(月) ミトーのメコン川クルーズを楽しんだ後、再びホーチミンシティに戻りました。約70km2時間の行程でした。

01dsc09952_2
 強烈な陽射しに晒された後、エアコンが効いたバスの中はとても快適でした無人バスではありません。私たちツアー客13人にとって、大型バスはとてもゆったりしたものでした。

02dsc09955_2
 ホーチミンシティの周辺の地域を走っていて目につくのが、役所や病院(共産党政権ですので全て公立)などの公共の建物が立派でありながらどことなく瀟洒なことです。これもかつて統治国だったフランスの影響でしょうか。

03dsc09967_2
 私たちの専用バスがガソリンスタンドで時々給油しました。バイクなども頻繁に給油していて、見ているとおばさんがスーッと寄っていきました。宝くじを売っているそうです。いろいろな商売があるものです。ベトナムのガソリン代は90円/1Lとのことで、日本の1/8といわれる物価水準からするととても高く感じられました。

04dsc09968_2
 同じガソリンスタンドで、今度は別のお兄さんが果物などの食べ物を売っていました。ガソリンスタンドは色々な商売の一つのマーケットになっているようです。

05dsc09969_2
 ベトナムではバイクはホンダの独壇場ですが、自動車はトヨタが頑張っていました。

06dsc09972_2
 ここでもハンモックカフェがズラリと並んでいました。蒸し暑いベトナムでは日陰で涼しい風を受けてたっぷりと休憩できそうでとても合理的です。

07dsc09983_2
 ミトーはメコンデルタ地帯ですのであちこちに河や水路がありました。豊かな水資源は豊穣な大地を潤しています。ところが、先日の新聞報道では、東南アジアの成長している国では地下水の汲み上げで地盤沈下が始まっているとか、ホーチミンシティもあげられていました。

08dsc09984_2
 もうすっかり当たり前の風景になってしまったバイクの4人乗りです。公共交通機関が皆無という国情から考えますと、一度に複数の人が移動することも合理的ともいえます。

09dsc09986_2
 ピンぼけになってしまいましたが、運転手が見えないほどの大荷物を運搬するバイク。この光景を見ますと、バイクで水牛を運んだという話もまんざら冗談ではないという気がしました。

10dsc09987_2
 悲しい現実も。モロッコやトルコ、スペインなどでも見られた交差点などでの物売り、幼児を抱えた少年と小さな女の子。

11dsc09994_2
 市の中心部近くになるとバイク専用道路がありました。北欧などでは自転車専用道路がありましたが、ベイク専用道路はベトナムだけでしょうか。バイクがゾロゾロと走っていましたが、高いガソリン代を考えると大変だろうなあと思いました。

12dsc09999_2
 バイクや車が東西南北、四方八方に走っている交差点、よくぶつからないものです。

13dsc00007_2
 路上では、物を売る人、食事をしているカップル。この生活感剥き出しのお国柄は見ていて楽しそうです。

14dsc00006_2
 路上で宴会しているおじさん達。ベトナムの歩道はほとんど歩けないといわれることもありますが、なるほど。

16dsc00041

17dsc00042
 私と同じ1人参加のSさんも私たち飲み仲間に加わり賑やかになりました。

18dsc00043
 ビールはサイゴンスペシャルという銘柄に絞り込みつつありました。1300円前後ですので、昼と夜に1本づつ飲んでも使うお金(現地通貨)は大したことはなく助かりました。北欧やヨーロッパでは何を飲んでも1000円前後するのに比べると天国なのですが、ワインなどの選択肢はあまりなく、ビールもコクやキレがイマイチという難点があるのはまあ仕方のないことです。

19dsc00044

20dsc00045

21dsc00046

22dsc00047

23dsc00048

24dsc00049

25dsc00050
 この日の夕食はレストランでのベトナム料理でした。ベトナム料理は2回目ですが、この日もメニューが豊富で味も美味しく満足しました。

 

東南アジアの料理ではタイ料理なども美味しいとは思いますが、ベトナム料理もなかなかのものでした。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

ベトナム大縦断 08メコン川クルーズ

4/24(月) クチからバスに乗って2時間ほど走り、ミトーのメコン川クルーズを楽しみました。

00
 ホーチミンシティの地図で見ますと、メコン川は中国(チベット)から南下していてメコンデルタ地帯を潤しています。メコン川クルーズの拠点ミトーはメコンデルタ地帯の中にあります。

01dsc09883
 メコン川クルーズの拠点ミトーに着いたときはちょうどお昼時でした。昼食のメニューはエレファントフィッシュ。カリカリに素揚げされてテーブルに置かれていました。球状のものはお米を揚げたものです。

02dsc09884
 ビールはいくつかの銘柄があるのですが、結局「SAIGON SPECIAL(サイゴンスペシャル)」が最も気に入りました。値段も日本円にして300円前後ですので、現地通貨に両替した6,600円が使い切れそうもありませんでした。

03dsc09887
 テーブルの中央に置かれたエレファントフィッシュは、生春巻きの具になりました。

04dsc09888
 エビなどが入った海鮮焼きそばは美味しかったのですが、細長い現地米のチャーハンはぱさついて私の口にはあまり合いませんでした。

05dsc09896
 メコン川の桟橋にはたくさんのクルーズ船が待機していました。

07dsc09899
 この船のオーナーである船長さんは、この船を数百万円で購入したそうです。クルーズ1回の料金が日本円にして3000円とか、投下した資金を回収するには気の遠くなるような時間がかかりそうで大変そうでした。

08dsc09912
 源流はチベットで全長4000kmのメコン川、川幅は3kmにも及んでいて、縦横に支流を延ばす大河です。

09dsc09905
 メコン川はベトナム南部の大地を潤していて、またこの大河の畔には水上生活者もたくさんいます。

10dsc09915
 船を住み家にしている移動式水上生活者もいます。

11dsc09916
 メコン川の中州にあるトイソン島には果樹園や運河が観光用に整備されています。この島への上陸も2回目となりました。

 

12dsc09917

13dsc09918

14dsc09919
 とても蒸し暑く、高温多湿の気候は木の実をたわわに実らせていました。クルーズ中は川面を渡る風で涼しかったのですが、トイソン島に上陸したとたんにムッとする暑さに圧倒されました。

15dsc09924
 蜂蜜園があり、蜂の巣を見せてくれたり蜂蜜を試食させてくれました。

16dsc09926
 私たちが食べたエレファントフィッシュ、白身で癖もなく食味は淡泊で、野菜と一緒に生春巻きで食べると美味しく食べられました。

17dsc09929
 これは余興。隣のお姉さんは知らん顔をしていました。肌の感触はサラッとしていて生温かでした。

18dsc09931
 ベトナムでは必需品のハンモック。店番の人たちは吹き抜ける風を受けて気持ちよさそうに休んでしました。

19dsc09935
 お土産屋通りには強烈な陽射しが突き刺さるようで、その暑さにめげず観光客が店先に群がっていました。結構手間がかかっていると思われる刺繍が施された手提げのバッグが10個で1000円とか、ツアーの女性達は随分買っていました。それにしても儲けはあるのだろうかと心配になりました。

20dsc09937
 豊富なフルーツもいろいろ試食させてもらいましたが、食べ慣れているからかスイカが一番美味しかったのでした。

21dsc09938
 ベトナム人は穏やかそうですが、中国やアメリカと戦争して負けたこともなく、したたかで辛抱強い一面をもっているようです。闘争心丸出しの闘鶏の戦いは凄まじいものがあり、闘鶏を好むのも温厚なベトナム人の一面かもしれません。

22dsc09942
 島の中には運河が整備されていて、小舟でちょっとしたジャングルクルーズを楽しむことができます。私たちが乗った小舟の女船頭さんのお腹には子どもがいると言っていました。身重の身体で大丈夫なのかなと心配になりました。

23dsc09949
 果樹園や蜂蜜園、お土産屋と共に、このジャングルクルーズは重要な観光源となっているようです。

 

今回で2回目となるジャングルクルーズは、ジャングルというにはあまりにもささやかな樹々の間を小舟で水路を巡るもので、ひどく拍子抜けしたのですが、クルーズ船の船長や小舟の女船頭さんの働く姿を見て生活のために頑張っているんだなあと思ったのでした。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ