« ベトナム大縦断 24ホアルー観光 | トップページ | ベトナム大縦断 26ハロン湾へ »

2017年7月 8日 (土)

ベトナム大縦断 25チャンアンクルージング

4/27(木) 世界遺産の町古都ホアルーでディン・ティエンホアン祠を観光し、陸のハロンといわれるチャンアンへと向かい、クルージングを楽しみました。

01dsc00906
 ディン・ティエンホアン祠からバスで移動してチャンアンクルージングへと向かいました。石の橋を渡った先に見える古寺のような建物が受付でした。現地ガイドのフィンさんに続きました。

02dsc00907
 クルージングの出発地点にやってきました。船着き場のようなところには、手こぎのボートが並んで停泊していて、各舟ごとにおばちゃんたちが待っていいました。

 

03dsc00910
 乗船の定員は4人でしたので、それぞれ34人のグループに分かれて舟に乗り込みました。万一に備えてライフジャケットを装着しましたが、中には装着していない人もいました。

04dsc00911
 乗りこみが終わると当時に各艇一斉にスタートという感じで次々に出発しました。今にも雨が降り出しそうな空模様でしたが、それもいいかなと思ったのですが、雨具は全く用意していませんでしたのでちょっと心配でした。

05dsc00915
 こぎ手のおばちゃんによって力量に差があるようで、ズンズン先行しているボートもありました。チャンアンは2014年に世界遺産「チャンアンの景観複合体」として登録されました。このクルージングの前に行ったホアルーもその一部として登録されました。

06dsc00919
 ガイドのフィンさんが乗ったボートは、フィンさんが一生懸命漕いでいましたので先頭に立ち、私たちはその後に続くかたちになりました。岩壁に向かっていきましたので何だろうと思っていると、ポッカリと洞穴が口をあけていました。

07dsc00921
 先頭のフィンさんが乗ったボートが吸い込まれるように洞穴に入っていくと、Sさんたちのボートも続き、私たちも入っていきました。

08dsc00925
 さらに進むと天上のゴツゴツ岩は次第に低くなり、頭を低く下げないとぶつかるくらいに低くなりました。

09dsc00928
 洞穴内で時々フラッシュがたかれ、その明かりで近くに迫った岩肌が浮かび上がりました。

10dsc00931
 洞穴を脱出すると目の前に出現した奇岩とその岩肌にとりついた緑、その景観は秘境ムードタップリでした。

11dsc00934
 私はAさんご夫妻と一緒に乗り込みました。ガイドのフィンさんが漕ぐのを真似て私が漕ぎ、A夫人も漕ぎ出し、各艇に乗っている男性も漕ぎだし、あたかも競艇のようになりました。後でわかったことですが、私たちが漕いだ分おばちゃんは手抜きしていたみたいです。最後に降りるときに手を合わせて頭を下げられました。

12dsc00935
 石灰岩の台地が造り出した奇岩とその合間を流れる水路、湿地の景観などがとてもうつくしいことから「陸のハロン湾」ともいわれています。

13dsc00939
 一つの洞穴をくぐるとまた別の洞穴が現れ、また洞穴の長さはまちまちで長いものですと100mくらいありました。間違って頭をぶつけるととんでもないことになるくらい岩はゴツゴツしていましたので、気は抜けませんでした。

14dsc00941
 大きな川の主流から支流がいくつにも枝分かれがしているようで、コースもいろいろあるようでした。洞窟を抜けるたびに目の前に現れる景観もさまざまで変化に富んでいて飽きませんでした。

15dsc00943
 こんなところにと思うような場所に小さな洞穴が口をあけていました。ボートがかろうじて通り抜けることができるような岩肌すれすれの狭い場所もあり、おばちゃんたちはぶつからないようにボートを上手く操っていました。

16dsc00946
 4人の乗客とおばちゃんとで5人が乗ったボートは水面すれすれで、ちょっとした波でも転覆しそうでしたが、ここは川でしたので強風でも吹かないかぎりは大丈夫そうでした。

17dsc00951
 手こぎボートなのですが、おばちゃんは手こぎで疲れてくると足こぎをしていました。なかなか上手いものでした。

18dsc00952
 15:10にこぎ出してここまで約1時間、かなり疲れました。石橋が見えてきましたのでそろそろゴールかなと思ったのですが、石橋をくぐってさらに進んでいきました。

19dsc00959
 こぎ手のおばちゃんも疲れたと思うのですが、狭い水路も足こぎで上手く舵をきっていました。

20dsc00960
 17:00ちょうど、たっぷり2時間近くの手こぎクルージングもゴールしました。優雅にベトナム一といわれる景観を眺めていればいいのかと思っていたのですが、まさか自分で漕ぐとは思いませんでした。大汗をかいてすっきりしましたし、いい思い出になりました。

 

私たちは2時間コースでしたが3時間コースという長距離もあるようです。また私たちは時間の都合で上陸しませんでしたが、コースによっては寺院もありようです。世界遺産「チャンアンの景観複合体」は、自然遺産と文化遺産の両方の要素を合わせ持つ複合遺産です。奇岩(自然)のなかに寺院(文化)のある風景が複合遺産となっています。とても素晴らしいところでした。

|

« ベトナム大縦断 24ホアルー観光 | トップページ | ベトナム大縦断 26ハロン湾へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベトナム大縦断 24ホアルー観光 | トップページ | ベトナム大縦断 26ハロン湾へ »