« 空中散歩 千畳敷カール | トップページ | 回想ヒマラヤⅣ05 ナムチェ(3,440m) »

2017年8月12日 (土)

丹沢登山紀8月 12、13回目

8/6(日) 曇り 07:10登山開始 山頂10:10到着 12:40下山

8月に入ってもなかなか夏らしい天気にはなりませんでしたが、前回(11回目:7/29(土))から1週間近く経っていましたので12回目の丹沢に出かけました。

01dsc07199
 レストハウスの上空にはうっすらと青空が見えたものの薄い雲に覆われていました。むしろカンカンに晴れているよりも雲や霧で陽射しが遮られている方が登りやすく、このままの天気でいてくれたらと願いつつ出発しました。

04dsc07204
 中間地点の堀山の家には随分霧が広がってきていて、風がそよとも吹かず蒸し風呂の中にいるような状態でした。

05dsc07206
 かなりの汗をかきながら、水分補給しながら、足の重たさを自覚しながら、皆さんに負けじと傾斜のきつい階段を登りました。

06dsc07210
 花立山荘を過ぎた辺りで、ヤマユリが山道に乗り出すように花を咲かせていました。1週間前には見なかった花でした。

07dsc07211
 喘ぎ喘ぎ山頂に着いてみれば、霧はさらに深くなっていました。私は時間は比較的自由になるのですが、日曜日しか時間がとれない人にとって富士山が見られないのはとても残念だろうなと思うのです。しかし、山が好きな人にとっては苦しい思いをして山頂に立てるだけでも満足だろうなとも思うのです。

08dsc07213
 山頂に安置されている仏像たちに手を合わせて早々に下山しました。

09dsc07216
 下山の途中、花立山荘でビールと持参したおにぎりで昼食にしました。週末には花立山荘はオープンしていますので、ここでのビールは恒例になりつつありました。

10dsc07218
 花立山荘を少し下った辺りで見つけたキツネノカミソリ? 誰がつけたのか、ちょっと変わった名前です。

 

霧を覚悟の足慣らしの今年12回目の塔ノ岳登山は、蒸し暑さの中でのだるい登山でした。

8/9(水) 晴れ 07:10登山開始 花立山荘から撤退

 

8/4(金)、5(土)と天空の散歩ツアーに出かけた後、8/9(水)は天気が良さそうだということで13回目の丹沢登山に出かけました。

01dsc07233
 最寄り駅の上空は真っ青で、久しぶりの好天に気ははやったのですが。

02dsc07239

03dsc07236
 大倉登山口行きの始発バスを待っている間、なんとチワワのラムちゃんもご主人様と登山をするとかで準備をしていました。ラムちゃんの足の裏には丁寧にワセリンが塗られていました。丹沢山脈の最高峰蛭ヶ岳(1,673m)まで日帰り往復するとのこと。凄い!

04moe
 7/20(木)にたまたま山頂で一緒になったMoeさんと再会しました。出発前のツーショットでした。

05dsc07246moe
 私は先に出発したのですが、健脚のMoeさんにすぐに追いつかれました。

06dsc07247moe
 山頂で会いましょうということで別れましたが、その約束を果たすことはできませんでした。Moeさんは滑るように、あっという間に消えていきました。

08dsc07257
 とてもいい天気というか今年一番の暑さで、いくら水分補給してもすぐに蒸発してしまうようで、いつもの倍の速度でペットボトルの水がなくなりました。これ以上無理をすると脱水症になるか熱中症になるかもしれないと思い、花立山荘から引き返しました。この時点で、Moeさんと山頂での再会という約束を果たすことができなくなりました。

   

10dsc07264
 下山して帰りのバスを待っていましたら、バスもあまりの暑さにオーバーヒートしてしまったとかで、30分くらい待たされました。そのかわりバス代はいらないとのことでした。

以下の画像は、全てMoeさんからいただいたものです。

11
 私が下山している間に、Moeさんは順調に山頂を目指していたようです。この木でできた階段は傾斜がきつい上に直射日光を浴びてしまうところで最も辛く感じる場所です。

12
 厳しい上りを登りきったところから振り返って見た秦野市から小田原市方向でしょうか。白い雲と深い青色の空が印象的です。

13
 塔ノ岳山頂。遠くに見えるはずの富士山ですが、その富士山にだけ雲がかかっていました。今まで富士山は何回も登っているのですが、昨年は登りませんでした。最後にもう一回だけでも、八合目くらいまででも登ってみたいと思っているのですが、どうなるでしょう。

14
 7/10(木)に初めて出会ったときのMoeさん。コッフェルでお湯を沸かしてカップ麺を美味しそうに食べていました。

15
 山頂からの丹沢山や南アルプスの方向か。雲が宇宙遊泳でもするかのようにプカプカとと流れています。

 

Moeさんとは山頂で再会もできず、ビール(私だけ)で乾杯もできず残念でしたが、無理は禁物。丹沢の夏登山は暑いといわれていて、今まで78月は登ったことはありませんでした。アクセスがよくなったことと富士登山や立山合宿に向けてのトレーニングを兼ねてトライしているのですが、やはり地上の気温が35度近くの時は諦めた方が良さそうです。Moeさんとはまた会えるような気がしています。

|

« 空中散歩 千畳敷カール | トップページ | 回想ヒマラヤⅣ05 ナムチェ(3,440m) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空中散歩 千畳敷カール | トップページ | 回想ヒマラヤⅣ05 ナムチェ(3,440m) »