« Moeさんの山便り 木曽駒ヶ岳・岩登り | トップページ | 涸沢紀行 02横尾山荘 »

2017年10月17日 (火)

涸沢紀行 01上高地

10/13(金)~14(土)の日程で涸沢カールへと行きました。同行者は丹沢で知り合ったMoeさん。涸沢カールに行きたいというMoeさんの強い希望と、9月に雨で断念した横尾山荘行きをリベンジしたい私の気持ちが一致した結果、一緒に行くことになりました。私にはもう一つ、元アスリートの華麗でスピーディーな登山と下山の姿を間近で見てみたい、一緒に歩いてみたいという気持ちもありました。(以降の写真はMoeさんと私が撮ったものでいわば合作です) 

01dsc08966
10/12(木) Moeさんとはバスタ新宿で待ち合わせました。バスタ新宿は夜間バスを待つ乗客で一杯で、飛行場のような雰囲気でした。

02dsc08967
バスタ新宿22:25発の上高地行きのバスを利用しました。仕事場から直接駆けつけたMoeさんは、発車10分前にバス乗り場に到着しました。

03dsc08972
私たちが乗った「さわやか信州号」は、10/13(金)の05:20に定刻通り上高地バスターミナルに到着しました。天気予報が雨だったせいかキャンセルがだいぶあったようで、乗客は定員の1/3にも満たず、私たちはそれぞれ好きな席でゆったりと横になったりしてきましたので、夜行バスの疲れはほとんどありませんでした。

04dsc08975
まだ明けきらない上高地の上空には、白い雲が舞うように流れていて、天気が良くなるのか悪くなるのかわからない状況でした。

05dsc08969
バスターミナルの待合スペースでは、登山者たちがそれぞれ出発の準備をしていました。

06dsc08970moe
Moeさんは、涸沢行きをとても心待ちにしていたようで、張り切っていました。

07dsc08971
仕事場から直行してきたMoeさんは、登山着に着替え、朝食をとりました。

08dsc08976
同じ椅子に隣り合わせた若い女性も涸沢へ、山小屋も一緒の涸沢小屋ということですぐに仲良くなりました。

09dsc08977
06:00私も朝食をすませ、防水着もバッチリ着込んで出発準備は完了しました。知り合って間もなく、あまり口を聞く機会もなく、せいぜいLineで情報のやりとりをしてきただけでしたが、Moeさんの明るいキャラのせいか、初めて長時間行動を共にする緊張やぎこちなさはなく、昔からの山仲間のようなリラックスムードでした。

10dsc08979
雨で濡れている薄暗い道を河童橋へ。

11dsc08980
日中は観光客で賑わう河童橋は私たちだけでした。

12dsc08981moe
私は今年2回目ですが、Moeさんもお母様と上高地の散策に来たとのことで、やはり今年2回目とのこと。

13m1508018983590
Moeさんに促されて写真に収まりました。

14m1508023410709
これから行く方向の穂高連峰は雲でまったく見えませんでした。

16dsc08985

17dsc08989moe
河童橋から少し歩くと小梨平キャンプ場です。好天が期待できない暗い見通しの天気予報でしたが、Moeさんの明るいキャラに救われました。

18dsc08999
歩くにつれて水たまりが目立ってきました。少しずつ、登山靴に水が浸透し始めました。

19dsc09003
06:54 上高地を出発してほぼ1時間、明神館に到着しました。かつてここで働いていた「ヒマラヤのお景」さんは、今はネパールに。

20dsc09000
私のカメラは、降りやまない雨の中、レンズに水滴が付くようになってしまいました。

21m1508023518982
Moeさんがアイホンで撮ってくれた写真はクリアでした。私もMoeさんの真似をしてポーズをとりました。

 

9月に上高地に来たときも雨、今回も雨でしたが、今度はどんなに大雨でも涸沢まで行こうと、モチベーションは下がることはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« Moeさんの山便り 木曽駒ヶ岳・岩登り | トップページ | 涸沢紀行 02横尾山荘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Moeさんの山便り 木曽駒ヶ岳・岩登り | トップページ | 涸沢紀行 02横尾山荘 »