« 国分寺寛六会 宴 | トップページ | 京都トレッキング 01高雄 »

2017年12月 7日 (木)

丹沢登山紀 のんちゃんの初登頂

12/3(日)今年29回目となる丹沢登山には、かつての仕事仲間 のんちゃん が同行しました。

01dsc00995
のんちゃんとは富士山に初めて登ったとき一緒でしたし、数回一緒に登っていますがとても久しぶりの山行きでした。

02dsc00997
久しぶりの登山が本当に楽しそうで、前夜は興奮して眠れなかったとのこと。 

03dsc01002
富士山だけではなく旧東海道も一緒に歩きましたのでその健脚ぶりは知ってはいるのですが、ちょっとハイペースではないかと思うほどのペースで歩いていました。

04dsc01005
この日は気持ちのいい青空が広がってはいたのですが、富士山の山頂には二重の笠雲がかかっていて、登頂する頃にはこの雲がどうなっているか、富士山を覆ってしまうのではないかと心配になりました。 

05dsc01009
勢いよくスタートダッシュしたのはいいのですが、塔ノ岳への尾根歩きはなかなかの急坂ですので、さすがののんちゃんもペースが落ちてきたようです。 

06dsc01016
バカ尾根 と称される登りでは、少し登っては立ち止まりをくり返していました。 

07dsc01018
それでもカメラを向けるとニッコリ笑う余裕はありました。誰でもここの登りは苦しいのです。 

08dsc01023
花立山荘の上空には真っ青な空が広がっていて、夏には かき氷 と書かれていた幟はこの時期は おしるこ と染め抜かれ、赤い幟が風にはためいていました。 

09dsc01026
塔ノ岳コースで最大の難所といわれる花立山荘下の急坂を登り終え、のんちゃんはここが山頂かと思ってにっこりカメラにおさまったのですが・・・。 

10dsc01032
花立山荘からの山脈(やまなみ)は、素晴らしい眺めでした。山々の稜線は青いラインで縁取られ、山肌は青と白の絵の具を混ぜ合わせたグラデーションとなっていました。 

11dsc01038
頂上と思った花立山荘から、気を取り直して山頂目指して、もう一頑張りでした。 

12dsc01039
真っ青な空が待っている山頂への最後のステップ。  

13dsc01044
無事に塔ノ岳に初登頂しました。 

14dsc01042
山頂では、外国人グループが賑やかにはしゃいでしました。 

15dsc01045
外国人グループの後に、改めてのんちゃんも記念写真を撮りました。 

16dsc01047
登山途中では笠雲がかかっていましたが、その雲も消えてスッキリとした富士山になっていました。 

17dsc01053
遙か彼方に冠雪した南アルプスも眺めることができました。 

18dsc01052
真上からの陽射しを受けて下山を開始しました。 

19dsc01056
花立山荘まで下ったところで昼食にしました。私はビール、のんちゃんはラーメン。ラーメンが湯気をたてていました。 

20dsc01058
山小屋での本格的なラーメンが500円。幸せそうです。 

21dsc01067
昼食でお腹も一杯になって、花立山荘から登ってきた急坂を一気に下りました。 

22dsc01071
途中にある「堀山の家」で小休止。のんちゃんは今度はサンドイッチを食べていました。登山で疲れたときに食欲が落ちないことは大したものです。 

23dsc01072

24dsc01078
陽は傾きつつあり、紅葉は陽を受けてキラキラと輝いていました。 

26dsc01084
登山口のバス停では、バス待ちの行列ができていました。この日は最高の天気で、この日の登山者は皆さん満足そうでした。 

25dsc01080
バスを待つ間、今度はソフトクリームを。華奢な体型の割にはなかなかの食欲です。

のんちゃんにとっては久しぶりの登山、初めての丹沢は最高のコンディションに恵まれました。私にとっては今年29回目の丹沢登山でしたが、最高の天気でした。

|

« 国分寺寛六会 宴 | トップページ | 京都トレッキング 01高雄 »

コメント

お正月の100%自分の時間 ゆっくり拝見しました 花立山荘からの山並みの色合いは素晴らしいですね 天気に恵まれのんちゃんが女神に思えますね それにしても同じ山に29回とは!きっと心体とも相性が良いのでしょう 今年も見聞録楽しみにしています

投稿: suzuki r | 2018年1月 3日 (水) 20時05分

ご無沙汰しております。投稿ありがとうございます。今年も山登りは続けていきたいと思っています。今年もよろしくお願いします。

投稿: はんちゃん | 2018年1月 4日 (木) 16時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国分寺寛六会 宴 | トップページ | 京都トレッキング 01高雄 »