« 丹沢登山紀 16回目 花の名前・・・ | トップページ | 回想チベット大縦断 02広州~蘭州 »

2018年6月 4日 (月)

回想チベット大縦断 01成田~広州

2013.9.12(木)に成田を出発して13日間の「チベット大縦断」が始まりました。 

01ycat
9/12(木)10:30、横浜バスターミナル(YCAT)から成田に向けて出発しました。

02
YCATYOKOHAMA City Air Terminal)を出発したバスはやがてベイブリッジを渡り、首都高速へと入り、首都圏を通過して成田へ向かいました。今回は出発前になってもあまり盛り上がらないというか緊張感に欠けていたのですが、バスに揺られているうちにだんだん緊張感が増してきて、次第に“さあ行くぞ!”という気になってきました。

03
集合時間が13:50で、出発便が15:50で、ゆったりとした予定でしたので、定番となったビールと鮨で昼食にしました。今回のツアーでは高地順応を兼ねて徐々に高度を上げ、最終的には5,000mを越えるエベレストベースキャンプまで上りますので、アルコール類は最初の2日間と最後の4日間しか口にすることができません。一杯のビールをじっくりと味わいました。

04
13:57 搭乗手続きを済ませ、スーツケースを預けて身軽になりました。今回のツアーは東京・成田から10人、大阪・関空から5人の15人で高地ツアーにしては大人数です。いずれも初対面(説明会では数人の方と顔を合わせました)で、どういう方々なのか興味津々の期待と不安が入り交じった瞬間でした。

05
17:39 予定より20分遅れのフライトとなりました。中国系の飛行機は落ちるまで飛ばすと聞いていましたので、まあ多少遅れても安全に目的地に着陸してくれることを祈るばかりでした。機内食はまあまあお美味しかったです。

06
21:50 予定より20分遅れで中国広州空港に着陸し、4時間40分のフライトはあっという間でした。雨が降った後で大気汚染も少しおさまったようで、夜の空港は何となくロマンティックでした。

07

08
00:31 日本時間では12時を廻りましたが、時差が1時間ですので現地時間では11:31分、ホテルにチェックインしました。直前になって予定していたホテルが理由もなくキャンセルになってこのホテルに変更になったそうです。闇と灯りはいろいろな欠点を隠してくれるようで、とにもかくにも異国の地のホテルの窓から眺める夜景はいいものです。 

この年(2013年)の春のパキスタン・フンザツアーは北京経由で、往復とも機内待機で地面に降りませんでしたが、今回初めて中国の地を踏みました。着いたのが夜遅く、ようやく真夜中にホテルに落ち着きほっとしました。持参したウィスキー(スーツケースにしのばせました)を軽く一杯ひっかけて翌日からの行動に備えて眠りにつきました。

|

« 丹沢登山紀 16回目 花の名前・・・ | トップページ | 回想チベット大縦断 02広州~蘭州 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹沢登山紀 16回目 花の名前・・・ | トップページ | 回想チベット大縦断 02広州~蘭州 »