« 回想チベット大縦断 23チョモランマ | トップページ | 回想チベット大縦断 25オールドティンリー滞在 »

2018年8月 9日 (木)

回想チベット大縦断 24オールドティンリーへ

9/20(金)の午後、青空の下にそびえ立つチョモランマの勇姿に満足して、揚々とした気分でこの日の宿泊地オールドティンリーへと向かいました。

01
標高5,000m近くの大地の風景を見ながら再び来た道を引き返しました。だいぶ雲がでていました。

021

032

043
のどかな集落の道をのどかな光景を楽しみながら、舗装されていないデコボコ道をバスに揺られました。

05
茶褐色一色の荒涼とした風景。河の水は涸れ、雨期から乾期に季節は移っているようでした。

06
再びのパン・ラ(峠:5,100m)目指して、ぐんぐんと高度を上げていきました。

07
今朝4:30に起きだしてここに辿り着いたとき、残念ながら朝日も8,000m4座にもお目にかかれなかったのですが、この時(16:55)には、青空が見えるものの山々には雲がかかりやはり4座の頂上は見えませんでした。しかし既にチョモランマを間近に見てきましたので余裕で景観を楽しむことができました。

08
峠からは一気の下りにかかりました。専用バスはデコボコ道を時々車体が岩を削る不気味な音を響かせながら怯むことなく、スピードを落とすことなく快走しました。“山形の鉄人”は、再び “車が故障したらヤバイよなあ” とつぶやいていました。

09
デコボコの下り道から舗装された道に入りほっとしました。

10
夕方7時近くにようやくオールドティンリーのロッジに到着しました。標高は4,390mと今回のツアーでは最も高地での宿泊となりました。

早朝4:30に起床して長い一日で、距離の長い悪路での移動でしたが念願のチョモランマを間近に見ることができ、最大の目的が達成されましたのであまり疲れは感じませんでした。

|

« 回想チベット大縦断 23チョモランマ | トップページ | 回想チベット大縦断 25オールドティンリー滞在 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想チベット大縦断 23チョモランマ | トップページ | 回想チベット大縦断 25オールドティンリー滞在 »