« 回想チベット大縦断 30国境越え | トップページ | 回想チベット大縦断 32ナガルコットへ »

2018年8月30日 (木)

回想チベット大縦断 31ネパール入国

9/22(日)の昼前に何事もなく無事に中国を出国しネパールに入国しました。

01_2
ネパール側の道も中国側と同じくらい細い道にたくさんの車がひしめいていました。

02
専用バスに乗り込み、車内は中国を出国した安堵感と開放感に包まれ、ネパール人の現地ガイドさんの冗談で笑いの渦でした。

03
とりあえずノドの渇きを癒そうとお茶しました。ネパール茶(ティー)を飲むとネパールに来たなあ!と、とても落ち着いた気分になりした。

04
国境を背に街へと向かうネパール側の山道は細くデコボコでした。チベットの天空にまで舗装道路をつくってしまう中国との国力の違いは歴然としていますが、ネパールに入ったとたん開放的な雰囲気が漂っていてこの違いは何なのでしょうか。

05
ホコリっぽく、雑然とした喧騒の街中はまぎれもなくネパールそのものでした。これで何回目とかなる懐かしいネパールでした。

06
山道沿いの涼しい風が吹き抜ける片田舎のレストランで昼食をとりました。早速ビールで乾杯しました。旨かった。

07

082
料理はビュッフェ形式で好きなだけ盛り付けることができました。馴染みのあるカレーの味や鶏の唐揚げでビールがすすみました。

09
店の女主人と幼い子ののどかな風景で、気持ちが和みました。食卓に子どもを乗せてしまうのがペパールらしくもありますが。

10
“山形の鉄人” はビールをたっぷり飲んで茹でたカニのように真っ赤になっていて“カニカニポーズ”ですっかりご機嫌でした。

11
店の外にあるトイレは粗末でしたが、どんなに粗末でも個室でドアがあることが何より落ち着きました。中国ではほとんどが有料であるにもかかわらず“全面開放型ニーハオトイレ”でしたのでなかなか落ち着くことができませんでした。

ネパールに入ったとたんに空気がガラリと変わりました。4度目のネパールということもあるかもしれませんが、道は悪路で、街はホコリっぽいのに空気は軟らかく和やかでした。

|

« 回想チベット大縦断 30国境越え | トップページ | 回想チベット大縦断 32ナガルコットへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想チベット大縦断 30国境越え | トップページ | 回想チベット大縦断 32ナガルコットへ »