« 回想チベット大縦断 34カトマンズ | トップページ | 上高地散策 01大正池 »

2018年9月11日 (火)

回想チベット大縦断 35帰国

2013.9/23(月)、カトマンズで市内見物をして、最後の夕食はネパールの伝統舞踏と音楽を楽しみながらのネパール懐石という定番料理を楽しみました。

01
00:35(ネパール現地時間21:20) カトマンズの国際空港に着いてスーツケースのセキュリティチェックを終え、フライトを待つだけとなりました。

02
この空港もヒマラヤ遠征(4回)のたびに利用していますし、今回で9回目の乗降となり海外では最も利用頻度が高い空港です。最初の頃は、情報が曖昧で何が何だかわからないで落ち着かなかったものです。

03

04
02:02(ネパール現地時間22:47)今までヒマラヤに来た時はカトマンズ空港からタイ航空でバンコク経由でしたが、今回は中国南方航空で広州経由でした。定刻より多少遅れて出発しました。

05
08:33(中国現地時間07:33)関空へと向かう大阪5人組とはここでお別れしました。広州空港でのトランジットの時間が3時間以上あり、かなり時間をもてあましました。

06
10:13(中国現地時間09:13)広州からのフライトは09:30で、ほぼ定刻に搭乗開始となり遅延が多いと聞いていた中国系航空会社にしてはほぼ順調で、これで最後となるであろう中国の空を眺めながらこのまま成田まで何事もなく離陸して到着してくれることを祈りました。

07
16:02 定刻通り成田に到着し、預けた荷物を待つホッとした一時でした。ツアー仲間の皆さんとはここでお別れとなりました。

08
17:24 成田からリムジンバスで首都高速を走り抜け、ベイブリッジにさしかかりました。いつもここまで来ると帰ってきたなあと実感します。

09ycat
17:37 チベットやネパールから超高層ビルが建ち並ぶ「みなとみらい」地域に入り、YCAT(Yokohama City Air Terminal)に到着すると、翌日からの日々のことを考え、夢から覚めたように現実に引き戻されるのはいつものことです。

長いような短いようなという決まり文句の通り、本当にそんな気持ちになる「ネパール大縦走」 の13日間でした。青蔵鉄道では軟臥座席で天空の列車旅を楽しめましたし、チョモランマは雲一つない姿を見せてくれましたし、念願だったクラブヒマラヤに泊まることができましたしこれ以上ない満足できるツアーでしたが、唯一の心残りはチベットについて焦点が定まらないというかイメージがはっきりしないことでした。チベットについていろいろ本を読んだりしましたが、宏大なエリアを短い期間で駆け抜けましたし、じっくりと地に足をつけたわけではありませんので無理もないことだと思います。とはいえ何となく肌で感じた空気は皮膚感覚として残っていますので、これからチベットを考えるときには今回のツアーはムダではないと思います。

|

« 回想チベット大縦断 34カトマンズ | トップページ | 上高地散策 01大正池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 回想チベット大縦断 34カトマンズ | トップページ | 上高地散策 01大正池 »