« 京都散策 06京都御所2 | トップページ | 本の旅 世界しあわせ紀行 しあわせの微笑み(前編)  »

2018年12月30日 (日)

丹沢登山紀 12月 ラスト冨士  

12月は、7(金)、14(金)、19(水)、25(火)、29〈土〉と5回登ることができ、今年通算41回登ることができました。紅葉が枯葉となり、呼応するかのように富士山の冠雪が多くなり、25(金)のクリスマス登山では山頂に雪が降り、29(土)の納めの登山では日本晴れとなりました。

01_2
12月初めての丹沢登山(12/7(金))は、今年37回目となりました。紅葉がだいぶ麓に降りてきました。どんよりとしたはっきりしない空模様でしたが、黄葉から紅葉までのグラデーションが目を楽しませてくれました。

02_2
12月に入るとさすがに登山者も減ってきましたし、樹々は葉を落としてすっかり冬枯れの景色になりました。

03_2
富士山の冠雪も頂上から少しずつ降りてきていました。

05_2
122回目の登山(14〈金〉)は、快晴で登山日和でした。紅葉の廊下と名付けた場所もほとんど枯れ木となりましたが、その分陽射しが樹々の間から射し込んできて暖かく、晴れた日の小春日和の登山はとても気持ちがいいのです。

07_2
この時期、朝起きるのは辛く、また始発バスを待っている間も寒いのですが、楽しみは旬を迎えた野菜が美味しくなることです。登山口近くの農家の庭先では野菜の直売をしています。白菜もカブもネギも各100円で、帰りに買って帰るとカミさんに喜ばれます。重いのですが好き勝手なことをしているせめてもの罪滅ぼしです。

08
最近はあまり無理をしないで、体調や天候が悪いときや午後から用があるときは八合目の花立山荘から引き返しているのですが、123回目(19〈水〉)の登山では体調も天気もよく、久しぶりに登頂しました。

10
今月4回目25(火)は、クリスマスを祝うかのように山頂近くでは枯れ枝に吹き付けられた雪が氷状になってホワイトツリーとなっていました。

12
山頂への最後のステップ。小雪がチラホラ舞っていました。早起きも登山も決して楽ではないこの時期に黙々と山頂を目指す登山者たち、特に自分より一回りも年上の常連さんたちがどんなに時間がかかっても黙々とマイペースで登る姿は人生の歩みのも似ていて励みになります。 

13
山頂近くの道標もうっすらと雪化粧していました。 

14
山頂の気温はついに氷点下となりました。やがて山頂にも雪が積もるようになります。 

15
小雪まじりの霧に包まれた山頂と山小屋。寒々しい景色です。

01_3
今年も残すところ3日となった29日(土)、今年最後の丹沢登山に出かけました。年の瀬の何かと忙しい時期ですからあまり登山者はいないかと思って出かけたのですが、登山口(大倉)行きのバス停には大行列ができていて、臨時増発バスも出ました。

02_3
空気は冷たかったのですが、青空に背中を押されるように順調なペースで最後のステップまで登りました。前回は小雪が舞っていたのですが、この日は雲一つありませんでした。 

03_3
それでも山頂の気温は氷点下3度でした。

04
登っているときは汗びっしょりとなり半袖になりたいくらいだったのですが、山頂ではじっとしているとあっという間に体は冷えてきました。

05_3
富士山は堂々として端麗な姿を見せてくれ、有終の美を飾ることができました。

この日で41回目の登山となりました。よく続いたものです。決して楽ではない山ですが、コンディションが悪いときには無理をしなかったのが続いた理由かもしれません。

山岳情報によりますと、丹沢塔の岳(1491m)は、難易度レベル:40(中級) 歩行時間:6時間15分 歩行距離:15km 累積標高差:1218m消費カロリー:2230kcal 必要水分:2リットルといわれています。またトレーニングのための山としても知られています。この日は登り3時間5分、下り2時間5分、休憩10分で歩行時間は5時間20分でしたので、天気も体調も良く順調に登ることができました。 

数年前、ヒマラヤトレッキングでの健康診断で肺気腫(COPD:慢性閉塞性肺疾患)と診断され、完治はできないが適度な運動で悪化は防げるというアドバイスがありました。もともと山歩きは好きでしたし、たまたまの横浜からこの地への転居で地の利を得ることができました。定期的な健康診断では検査のたびに改善しているということも励みになっています。来年もこのペースで、一回り年上の常連さんたちについていきたいと思っています。

|

« 京都散策 06京都御所2 | トップページ | 本の旅 世界しあわせ紀行 しあわせの微笑み(前編)  »

コメント

 明けましておめでとうございます
一年に41回の丹沢行き しかもその間に各地へお出かけ しかもその詳細なブログもとてもまねできないものでコメントする間もなく感服するばかりです 
 私の知っている肺気腫の方はボンベを引いている方でしたが榛沢様は改善されているとのこと それは努力の賜物ですね 地の利を得て今年も体力維持に精進してください
 今年も素晴らしい年でありますようお祈り申し上げます  

投稿: r.suzuki  | 2019年1月 1日 (火) 20時11分

あけましておめでとうございます。共にハンディキャップを抱える身ですが、挫けずにいたいと思っています。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: | 2019年1月 7日 (月) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都散策 06京都御所2 | トップページ | 本の旅 世界しあわせ紀行 しあわせの微笑み(前編)  »