« 丹沢登山紀 5月 みどりの日 | トップページ | 本の旅 バッグをザックに持ち替えて 09富士山は、登る山か眺める山か(前半) »

2019年5月14日 (火)

丹沢登山紀 5月 目に青葉

5/8(水) 今年20回目となる丹沢登山、天気は快晴でした。

01_21

ゴールデンウィーク十連休が終わり、登山者は少なくかったのですが、緑は深くなり、空気をたくさん吸い込むと葉緑素で身体が甦るようでした。

02_17

富士山の中腹に一筋の雲が流れていましたが、空は真っ青でした。

03_21

この日はほとんど常連さんばかりで、何となくお互いのペースが分かり、自分の体調を測定することができました。この日は前回(5/4)から中3日でしたのでどうかなと思ったのですが、3時間で登頂できまあまあでした。山頂の最後のステップで見上げると桜が花開いていました。

04_21

前回は霞んでいて登っている途中で見えなくなった富士山でしたが、この日は空の隅から隅まで青く、富士山はその下で右にも左にもなだらかな裾野を美しく広げていました。富士山が最も富士山らしい美しい姿をしていました。

05_18

新元号になって、新天皇となり新しい時代になって、スッキリとした富士山を拝みたいと思っていましたので念願が叶いました。 

06_23

丹沢の標高は1600mですので、上高地と同じくらいの陽気です。この日の山頂の気温は7℃でしたから桜もこの時期にようやく目を覚ましたようです。

07_16

密集度が低い丹沢の桜(豆桜)は、一つ一つの花びらがはっきりとしていてそれぞれ愛おしく思えます。  

秋の紅葉の時期も素晴らしいのですが、緑色に染まるこの時期の山歩きは身体の代謝が良くなるような気がします。しかしこれからの1ヶ月間で青空が見られるのは三分の一の確率だそうです。そして梅雨入りとなります。

 

|

« 丹沢登山紀 5月 みどりの日 | トップページ | 本の旅 バッグをザックに持ち替えて 09富士山は、登る山か眺める山か(前半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹沢登山紀 5月 みどりの日 | トップページ | 本の旅 バッグをザックに持ち替えて 09富士山は、登る山か眺める山か(前半) »